陰干しが終わったら、たとう紙に入れて箪笥にしまいましょう。

ビニール袋など通気性の悪いものは、着物の生地を傷めるので向いていません。

また着物を重ねすぎないように注意しましょう。

衣装ケースにしまう場合は、除湿剤を忘れないように。

防虫剤は直接着物に触れないようにして入れましょう。

防虫剤は違う種類のものを入れると、化学反応を起こしてしみの原因となるので注意をしてください。