36c68cee33cd6b6c813b44cae6e717b3_s「タンスの中に眠っている着物を着る機会が無いから買い取ってもらいたい」

そうお考えになっておられる方は最近少なくありません。そこで、着物を買い取ってくれる業者を探し出そうとすると、悪い業者だった、というケースも耳にされたこともあるかと思います。

例えば、いきなり訪問してきて、「お宅のタンスにいらない着物はありますか?」と言うなり、上がり込んで勝手に査定し、挙句に「いらない貴金属はありませんか?」と言い、これも勝手に査定された。結局、ほぼ無料という悪質な業者のトラブルなども生活消費者センターに相談が寄せられています。

 

 

そこで、どんな業者に依頼をしていけばいいのか?また、どんな点に気を付けるといいのか?など、着物の優良買取業者について取り上げてみます。

 

まずは、買取価格について。

買取のお値段が良くなるのは・・・

・新品

・正絹

・汚れやダメージが無いもの

・最近作られたもの

 

です。ここで、更に高額買取となるポイントがあります。

ブランド品・有名染色作家物・伝統工芸作家品・人間国宝品などや新品の商品は高額買取となる可能性があります。伝統工芸品の紬には証紙がついている場合があります。その証紙は必ず商品と一緒にご用意ください。4cb32f5d7f25b46be8de43f84a44c85e_s

 

逆に、お値段がつきにくい商品もあります。

・かなり汚れているもの(場合によっては、買取不可の可能性もあります)

・生地が弱っているもの

・かなり古いもの

 

これらの買い取りのポイントは抑えておくと良いと思います。

 

 

また、どんな業者を選んで依頼していけばいいのかという点の説明をしていきます。

 

まず、インターネットで着物買取業者を検索します。

そこで、いろんな着物買取サイトを見比べて、メールや電話での問い合わせや直接送ったりして、見積もり査定を依頼します。最近はどの業者も査定は無料のところがほとんどです。査定に金額がかかるところは、その業者を口コミや評判について事前に確認し、依頼をするかどうか決めましょう。

 

候補に上がった業者数社に見積もりをそれぞれ依頼し、その中で1番高い査定額を出した業者に買取依頼をします。出張査定に来たスタッフの方は、古物商許可証という資格を持っていないと取引が出来ないことになっていますので、確認を必ずしてください。また、鑑定士の資格も持っている方だと思われますので、その資格も確認してください。それから、着物の評価のポイントを聞き、買い取り額に納得できない場合は買取キャンセルができるところがより安心して依頼出来ます。

 

中には郵送のみの買い取り専門業者も何社かあります。

それらの業者は、専門の買い取り梱包材を送ってくるのでその中に買取希望の着物類を入れて送ります。中には、髪に飾るかんざしなども対応が可能な業者もありますし、見積もり額を出張査定しない分高額買取をするところもあります。買取内容の詳細をネットで見たのち、直接取引ではないので、電話でよく確認してください。

業者の中には、着物に混ざって貴金属などの貴重品が混ざっていたので、すぐにお返しをしたという説明もありますので、こうした点も見逃さないで下さい。

 

タンスに眠っている着物を、いい買取業者の方に買い取ってもらい、よりよい取引になりますようにお祈りいたします。