皆さんはアンティーク着物をご存知ですか?

アンティーク着物といえば、現代の着物にはないレトロな雰囲気が魅力の着物です。鮮やかな色彩や派手な柄が特徴で、「明治ハイカラ」「大正ロマン」「昭和モダン」といった言葉は聞いたことのある方が多いのではないでしょうか?

まずはアンティーク着物って何?という方にご説明したいと思います。アンティーク着物と呼ばれるものは一般的に、昭和初期までに作られた戦前の着物のことを指します。ですから、一番新しい着物でも70年以上前に作られたものになるというわけです。当時は化学繊維はなく木綿や麻のものが日常的に着られていました。それ以外は絹で織られた着物を着ていました。縫製や染めが非常に丁寧で着やすいように工夫されていたそうです。明治初期からは生糸の生産や輸出が盛んになり、一般家庭にも絹の着物が大量に出回るようになりました。絹のやわらかくしっとりした生地はとても着心地がよく、庶民の間でも絹の着物が多く着られるようになります。アンティーク着物といわれる時代の着物は、のちにあまり着られなくなり、日常的な着物はウール製のものが主流になっていきます。絹は高級な訪問着や付け下げなどに多く使われるようになります。現在残っているアンティーク着物は着物を好きな方が受け継いで残したものが流通しているというわけです。

 

antique
では、アンティーク着物はどういうところで手に入れることができるのでしょうか?

一番よいのはアンティーク着物の専門店ですが、そういうお店が近くにあるとは限りません。専門店がない場合は、アンティーク着物を扱っているネットショップ、リサイクル品を扱うお店、骨董市などで探すなどの方法があります。ネットショップは品数が多く手軽に購入することができるのが魅力ですが、お店や骨董市は実際に品物を見ることができるので、失敗することが少ないというメリットもあります。

では実際にアンティーク着物を購入するときに気を付けることが何か、ご説明します。
とにかく重要なのはサイズです。アンティーク着物のような昔の着物は、現代の女性の身長ではちょっと短いかも?と感じることが非常に多いです。身丈や裄、身幅をきちんと確認しましょう。着物のサイズの見方については以前ご紹介していますので、ぜひご覧ください。
着物のサイズの見方
着物の柄や色に惹かれてサイズを確認せずに買ってしまうと、身丈が短くて着られない…なんてことになるかもしれません。自分の着物のサイズが分かっていると着物選びがもっと楽しくなりますよ。サイズについてよく分からない方は、店頭で購入するのであればお店の方にサイズを見ていただくといいと思います。
また、アンティーク着物は70年以上前に作られたものなので、しっかりと保管されていても生地が弱っていることがあります。生地が薄くなっているかどうか確認ができればいいですが、分からない方もいらっしゃると思います。そんな方は、ヒップのあたりの生地が薄くないか、裾が擦り切れたようになっていないか、破れやほつれがないか、をチェックしてみてください。また、古い時代のものになると、裏地の色が変色していたり、衿などにシミができている場合もあります。サイズや生地の状態をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

アンティーク着物はひとつひとつ個性的で、素晴らしいものがたくさんあります。絹もとても良質なものが使用してあり、大変貴重で価値のあるものです。ぜひ、お気に入りのアンティーク着物を見つけて現代の着物にはないコーディネートを楽しんでいただきたいなと思います。

 

【↓↓アンティーク着物はこちら】

antiqueshou