割付模様(わりつけもんよう)とは、一個の文様を規則的に繰り返して配置した文様の構成法のことで、縦や横に割る事の出来る模様です。

分かりやすく端正な図柄が特徴で雲取りや裂取りなどの中にもよく用いられ、錦織や絣織物、染物などに昔から使われています。

▼割付模様の種類・・・麻の葉、鱗、石畳(市松)、網目、立涌、七宝

 

割付文様を単独で使う場合と、部分的に使われる場合があります。また、季節の草花や動物などの文様と組み合わせて使うことにより、どちらの文様の持ち味も活かした深みのある上品さを演出します。