喪服について 【葛飾区なら、即日発送可能】

記事公開日:2016年11月25日
カテゴリー:喪服

喪服とは、昔は喪服の期間中を通して着用するものでしたが、現在は葬礼、法事などだけに着用するようになりました。

正式の喪服は黒喪服で黒無地に五つ紋のついた着物です。葬儀の時の装いで、生地は関東地方では羽二重を使い、関西地方では一越縮緬を使います。八掛は共裾、もしくは引返しです。帯は黒共帯を合わせましょう。

略式喪服は色喪服ともいい、色無地の着物に三つ紋か五つ紋をつけたものです。法事などのときに着るもので、生地は紋綸子や駒綸子などです。

帯、帯揚げ、帯締めや小物類は黒喪服の時と同じように黒で統一します。

喪服を着用する際のマナーとして、全体に派手にならないように気を付けましょう。お化粧も控えめにし、髪飾りは付けない方がよいです。指輪はつけてもよいですが、真珠くらいにします。