「着こなし」という言葉は漠然とした言葉ですが、それだけに多くの意味を含んでいるとも言えます。「着こなし」は簡潔に言うと、着手に一番よく似合う装いをすれば良いのですが、特に若い人の着付けには、見るからに初々しく若さあふれる新鮮さ、お嬢さんらしさを表現したいものです。そして、知的で現代的な雰囲気を上品に醸し出すことを意識しなければなりません。それには、若い人の装いを美しく端正に演出する着こなしの手順が考えられます。

 

まず、襟元はきっちりと深く打ち合わせ、伊達衿はちらりとのぞかせる程度で出すぎないようにします。胸元は筒形になるように体型の補正をし、帯はやや胸高にしめて初々しさを。帯締めは帯幅の中央に位置付けます。おはしょりは多くとも6~7cmで船底形にします。着物と長襦袢の振袖丈がそろうようにし、衿の抜き加減は縦にした拳が入るくらいに。裾すぼまりにきりっとします。