色について【まとめ】

記事公開日:2016年12月13日
カテゴリー:まとめ

色は着物のコーディネートにおいて、重視される部分ですよね。色の組み合わせによって印象が大きく変わりますので、こだわりをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

何となく選んでいる、色の組み合わせはよく分からないという方にも分かりやすく、色が与える印象、魅力などをお伝えしていきます!

■ピンク・あずき色について

ふんわりと女性らしい色合い。濃い鮮やかなピンクで元気元気な印象に、淡いピンクで女性らしさを。着る場面やなりたいイメージに合わせた選び方を楽しみましょう。

⇒ピンク・あずき色についてはこちらから

■オレンジ・茶色・ベージュについて

暖かな印象を与える色。特にオレンジは赤と黄色の中間に位置した色で、両方の良い部分を合わせたような印象です。オレンジを嫌う人が少なく選びやすい色と言えるでしょう。

⇒オレンジ・茶色・ベージュについてはこちらから

■黄色・黄土色について

明るく晴れやかな色で活発な印象の中にも女性らしさを感じる色です。年齢に合わせて落ち着きを出したい場合は濃い黄色で明るさを抑えてみるとよいでしょう。

⇒黄色・黄土色についてはこちらから

■緑・うぐいす色について

自然を感じさせてくれる優しい色。明るく淡い緑は爽やかですっきりとした印象に、深い緑は落ち着きと高級感があります。幅広い年代の方が楽しめる色です。

⇒緑・うぐいす色についてはこちらから

■青・紺色について

凛として涼やかな印象の青。海や空を連想させ、好む人が多い人気の色です。

⇒青・紺色についてはこちらから

■紫・藤色について

高貴な色として愛されてきた藤色。紫系は赤紫と青紫では大きく印象が変わります。女性らしいエレガントな印象には赤紫系、深みがあり重厚な雰囲気には青紫系がおすすめです。

⇒紫・藤色についてはこちらから

■黒・白・灰色について

どれも周りの色と調和し、馴染んでくれる色です。着物や小物など、この色を持っておくと使い回しがしやすく、おすすめです。

⇒黒・白・灰色についてはこちらから

■金・銀・多色使いについて

金や銀は豪華な印象を与えてくれるため、おめでたい席などで非常に役立つ色です。また、金や銀を差し色としてポイント使いするのもおすすめです。

多色使いは、文字通りたくさんの色を使ったもので、明るくにぎやかな着こなしを楽しめます。

⇒金・銀・多色使いについてはこちらから

■着物の色・染料について

着物には様々な色や柄がありますが、それを表現するために染料は欠かせないものです。

どのような染料があるのかをご紹介します。

⇒着物の色・染料についてはこちらから

リサイクル着物錦屋では、着物に関する情報を日々お届けしております。

気になる情報をぜひチェックしてみてくださいね!

■まとめ記事一覧
柄について
色について
サイズについて
素材について
お手入れについて
リサイクル着物の魅力
保管の仕方
小紋について
アンティーク着物について
着物の着こなしについて
着物知識館
着付けについて
単衣について
七五三について
和装小物について
帯について
着物用語集
紬について