■喪主・親族の場合

喪主をはじめ、親族はどちらも黒喪服で装います。
帯は紋織りの黒地の袋帯、黒の綴帯、または黒地の織りなごやなどの黒喪帯を選びましょう。帯地に使われる代表的な紋地は雲、梵字、流水、紗綾形などがあります。
その他、長襦袢や半衿、足袋は白色。帯〆、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は黒で統一します。

 

■弔問客の場合

本来ならば略喪の装いがふさわしいのですが、告別式に参列できないのでという方や親しいお付き合いのあった方、より失礼のない装いをと考える方は、黒喪服で参列するされることが多いです。
略喪は、灰色、紫、青系などの光沢のない渋めの紋付色無地に黒喪帯、小物も黒で揃えましょう。着物は地味な色目の江戸小紋でもよいでしょう。

特に親しいお付き合いのあった方、お世話になった方の告別式には黒喪服で参列したいものですが、それ以外の立場であれば、略喪の装いで哀倬の気持ちを表します。