■喪主・家族の場合

通夜、告別式、一周忌には黒喪服と黒喪帯、黒色の小物がふさわしいです。三回忌には、お着物は黒喪服か五つ紋付色無地がよいでしょう。七回忌以降の回忌を重ねた法要は、すべて略喪の装いとなります。お着物は紋付色無地、帯は黒喪帯か格の高い色無地に。小物はグレーか帯の共薄、共濃色を身に着けます。

 

■親族の場合

通夜、告別式には、喪主・家族の方と同じく、黒喪服と黒喪帯、黒色の小物がふさわしいです。一回忌には、お着物は黒に近いグレー、茶、紫などの紋付色無地がよいでしょう。紋は染め抜きか、繍いの一つ紋が一般的です。三回忌以降の法要からは略喪の装いとなります。

 

■同僚・友人などの場合

通夜、告別式、法要すべて略喪の装いがふさわしいです。ごく親しい方やより失礼のない装いをと考える方は黒喪服で参列される方も多いですが、故人との間柄が近い親しい方でも、本来の喪の装いである略喪の装いでも失礼にあたりません。通夜、告別式には、色喪服に黒喪帯と黒色の小物を合わせ、回忌を重ねた法要には、色喪服に色喪帯の装いにするのがよいでしょう。