『ぬ』

■縫揚げ(ぬいあげ)・・・子供の着物としての一つ身、三つ身、四つ身などを体に合わせて摘み縫いすること。

■縫い締め絞り(ぬいじめしぼり)・・・生地の横幅を縫っていき、絞って棒状にしてから染める加工のこと。縫い糸をほどくと生地に絞り柄模様が出る。

■縫い箔(ぬいはく)・・・縫いは刺繍、箔は箔摺り(金銀を紙のように薄く伸ばして摺りつけたもの)のこと。刺繍や箔摺り模様を表したものです。

■縫い紋(ぬいもん)・・・礼服、紋付の紋を糸で縫いとったもの。染め紋に対して略式として用いられます。

■抜き衣紋(ぬきえもん)・・・衣紋を後ろへ押し下げて、衿を抜き出すようにして着物を着ること。首筋を出すように着るので粋で色気のある着方です。