■銀杏太鼓/名古屋帯

優しい小紋によく似あう、上品で可愛らしい帯結びです。お太鼓を少し華やかにしたいと思うときに結んでみましょう。

1.前柄が好みの位置に出るように、ての寸法を決め、胴に2回巻きます。てを上にひと結びし、結び目を開いておきます。

2.て巾の中心に片ひだを折り、V型に羽根を折りたたんで、仮紐で押さえます。

3.お太鼓柄に合わせて山を決め、中心に片ひだを作って枕をあて、背につけます。ガーゼ、帯揚げをかけて仮紐をはずします。

4.帯締めでお太鼓の大きさを決め、たれは人差し指の長さに形づけ、前で結びます。左右の無地の部分を中心に折り入れて、お太鼓にふくらみを持たせます。