■角出し/単帯

左右のつのの高さをアンバランスにすると、おしゃれ着らしい軽快さが出ます。

1.手先を前中心に決め、胴に2回巻きます。前は矢の羽になるように巻きます。

2.たれを上にひと結びし、たれ先は引き抜かないでそのままヒップ線に決めます。

3.結び目から40cmを輪にし、ても輪にして結びきります。

4.たれを下ろして二重にし、下からお太鼓の大きさを決めて薄い枕をあて、余分は帯山線の内側に入れます。お太鼓とたれの比率は三対一です。帯揚げをかけます。

5.お太鼓の角を落とし、背にぴったりとつけます。角は左右5cm出して、お太鼓の下側にふくらみを持たせます。帯締めは使いません。