■一文字結び/角帯

礼装の袴下用の帯結びで、背中心に一文字にしっかりと形づけると、袴姿が形よくできくずれません。

1.袴の長さを確かめ、帯を結ぶ位置を決めます。

2.ての寸法を35cmに決め、半巾に折り、胴に2回から3回巻きます。てを上にひと結びします。

3.たれ先から手巾ひとつ(袴の腰板寸法)を中だたみにして羽根を作り、中心でひとつまみし、上のてを下ろします。

4.てと羽根で結びきります。袴の腰板の台になるので、ゆるみのないように、結び目は帯上線に決めます。

5.残ったて先は帯下線から引き、余分は折り返して帯の中に入れます。

6.結び目が見えないように帯の中に入れて、しっかりと固定します。