『ろ』

■絽(ろ)・・・紗の技術が進んだもので、夏の着物や夏袴、長襦袢のほか、芯を入れて仕立てる帯にも使われる。

■ろうけつ・・・生地に蝋型をつけて染める。蝋が乾燥して亀裂が生じたところに色が付き、それが柄となる。付下げ、小紋、帯地、浴衣地につかわれ、近頃は型紙を使って「ろうけつ感」を出すものも多い。

 

『わ』

■割付模様(わりつけもよう)・・・反物の幅にきちんと一つの柄を並べて表現する模様のこと。