6.ヘラを着物と帯の間に差し込み、腰板を一文字結びの上に据え、後紐は前に引き、腰板はぴったりと背中に沿わせます。

7.後紐を前に引き、前板の上で左紐を上に交差します。

8.左紐を下から上に、前紐も一緒に一巻きします。

9.右紐を折り返して前紐に重ね、上の紐でもう一巻きして、折り返した紐を引き締めます。

10.折り返した紐を、紐幅の約3倍の長さに中だたみして、結び目の上に置きます。

11.上の紐を一巻きから二巻きして、しっかり引き締めて固定させ、横長の十文字に形づけます。

12.これで十文字結びの完成です。袴丈はくるぶしが隠れるくらいに決め、袴のひだは、自然な広がりにします。