半幅帯、男性の帯について
■半幅帯

袋帯や名古屋帯のような並幅(約30cm)の帯に対して、半分の幅(約15cm)の帯に、半幅帯や小袋帯があります。これらは、帯結びが楽な上に結び方も自由に楽しむことができます。現在では浴衣に合わせる半幅帯が主流ですが、幅が狭いので締めていても楽ですし、着付けの時も使用する紐が少なくて済むので、日常着に非常に向いています。また、刺繍が施された小袋帯に小紋などを合わせるのも、周りの人とはちょっと違う粋な装いで素敵です。
半幅帯も小袋帯も着付けが簡単なので着物に慣れていない初心者の方は、まずこの帯で練習するとよいと思います。

 

■男性の帯

男性の帯には角帯と兵児帯の二つがあります。茶の湯では扇子や帛紗を挟む必要があるため、角帯の方がふさわしいです。角帯は長さ約4m、幅約9cmで、袋状に織られているものと二つ折りにして仕立てたものがあります。ただし、女性の帯に比べると長さに決まりはなく、自分の体形に合わせた長さを購入することができます。帯地は綴れ、博多、紬などがあり、中には金糸で柄の折り込まれた豪華な紋織りのものもあります。男性の帯も夏物があり、単の博多織や絽や羅の角帯などがあり、着物に合わせて帯を選びます。
兵児帯は、くるとぎの普段着として締めます。締めていて苦しくないのが利点ですが、着物がはだけないようにしっかりと結んでおかないといけません。