■長襦袢

女性と同様に着物のすぐ下に着るもので、下着の形を整えて着物を着やすくする役割があります。長襦袢を着ることによって着用した際に奇麗なラインを出すこともできます。男性の長襦袢は女性と比べて身頃と袖の縫い付けが多く、女性の振りの部分が少ないのが特徴です。また、女性と違い衿を抜くことはありません。布地は礼装、準礼装用には羽二重かパレスなどが多く、普段着にはモスリンもあります。男性のものは表裏ともに同じ布を用いてあります。裾の仕立て方が女性とは異なり、裾山から引き返しm裾布を身頃の裏側へ折り返して、「わ」のまま仕立てています。なお、普段着や夏は半襦袢とステテコなどの組み合わせをすることもあります。長襦袢も半襦袢も衿に半衿を付けてから着用します。色柄は着物の色に合わせますが、やや派手なものを選びます。男性の着物は無地が多いので、羽織の裏や長襦袢などに派手な柄の入っているのも男性のおしゃれのポイントですね。

 

■半衿

半衿も女性同様に長襦袢や半襦袢の衿に汚れが付くのを防ぐのと装飾を兼ねています。男性は式服の時は白の半衿をかけますが、お茶席では紺、茶、グレーなどの色衿をかけます。着物と同系色もしくは異なる色を合わせてコーディネートをしましょう。素材は、羽二重、塩瀬、琥珀、絽、麻などがあり、合繊のものも普及しています。袷、単衣、薄物などの着物に合わせて、半衿をつけます。袷と単衣の襦袢には塩瀬もしくは羽二重などを、絽の襦袢には絽のものをかけます。麻は盛夏や麻の着物に合わせます。

 

■肌着

男性の肌着は、肌襦袢にステテコもしくはUネックかVネックで衿周りの開いたTシャツにステテコを着用します。汗取りや足さばきをよくするために、必ず肌着を着ましょう。肌着は直接葉dに触れるものですから、吸湿性がありご自宅でお手入れできるものを選びましょう。また、上の着物に響かないこと、肌になじむこと、足さばきがよいこと、などを目安に選びます。肌襦袢は袖幅、衿幅が狭く、脇に身八つ口がある、熱の発散にも役立っています。布地は吸湿性、吸水性に富み、丈夫で洗濯ができるさらし木綿もしくはガーゼを選ぶとよいでしょう。夏にはさらしが気心地はさらりとしていておすすめです。