■朱華色

朱華色とは紅色の薄く美しい色で、位のある色とされています。「はねず」とは李(すもも)の一種であり、桃の花のような春の色で、優しい紅の色です。朱華色は、移ろいやすいことの枕詞に用いられるほど、その色は変わりやすく褪せやすいと言われています。

 


■桜色

桜色といっても、代表的な山桜とソメイヨシノでは色にかなりの差があります。都会ではソメイヨシノが多く咲きますので、桜色の印象は少し濃いめの桜の花の色を想像することが多いようです。桜の花は散りやすく、また上記の朱華色は色褪せやすい。このような乱れ動くさまはまるで乙女心のようで、非常に美しいものですね。