青竹色について【東大阪市なら、即日発送可能】

記事公開日:2017年5月15日
カテゴリー:色について


■青竹色

ミーリン・グリーンという青味の強い緑色で絹専用の染料があります。この色に近い塩基性染料がマラカイト・グリーンといい、大正時代の化学染料を使い慣れた時代には青竹粉と呼んでいたので「青竹」という名前が一般的に広まり、青竹色と言うようになったそうです。本来の竹の色はそれほど青くなく、もっと落ち着いていて濃い緑色ですが、日本では「青」の字を用いて表現します。新年に飾る門松、花器、食器など日本では青い竹を使う風習があります。朱塗や金箔で装飾された漆器と青竹は温かみがあり、和の美しさを感じさせます。