鳳凰(ほうおう)は、龍、亀、麒麟と共に古代中国では、めでたい時に現れる天の使いとされてきました。

意外と知られていないことですが、『鳳凰』の『鳳』はオス、『凰』はメスを意味します。

この点で日本人として馴染みがあるのが『鶴』です。

鶴は、一羽の相手と一生を過ごすことから黒留袖や花嫁さんの着物の柄などに多く使われています。

鳳凰も鶴も凛とした姿で、相手と生涯を共にする愛と平和の象徴なんですね。