豪華な印象を与えてくれる金や銀は、おめでたい席などに重宝する色味。

メインとして使う場合はモチロンですが、ポイント的に使われる金や銀も着物を華やかにし特別なものという印象を与え、ワンランクアップのオシャレとなるキメ色です。

多色使いは、文字通り多くの色をもちいた贅沢な色味で、小紋や振袖など華やかにおしゃれに着こなしたい着物にぴったりです。多色使いでも、明るさや鮮やかさによっては賑やかすぎず、上品な印象になります。

また、個性的な着物や帯として一つ持っておけば、着物のアレンジも広がりますので、おすすめです。