各部の呼び方 【中野区、渋谷区なら即日発送可能】

記事公開日:2016年9月23日
カテゴリー:錦屋, 各部の呼び方

羽織と着物と人.gif


身丈は、身ごろの長さのことです。
後ろの衿の付け根から裾までの長さを言います。
「仕立てられた着物の丈」のことで着丈と間違いやすいので注意してください。

 

八掛(はっかけ)とは女物の着物の裾や袖口の裏地のことで、裾回しともいいます。
表の着物地と調和した色や質感の生地を選ぶことが大事。
初心者は着物と同系色にしておくと無難です。

 

裄(ゆき)とは、背中の中心線から袖の端までの長さの幅を言います。
ご自分の裄を測る時は腕を45度くらいに広げて、背中の中心線から肩を通り手首までの長さを測ります。体のラインどおりに曲げて測ることがポイントです。

 

【リサイクル着物錦屋でのお買い物はこちら】

http://www.nishikiya-kimono.com/