5000円以上送料無料
デニム着物
アンティーク着物
リサイクル着物レンタルなら かしいしょう錦
お直し・お仕立て
チームマイナス6%
有限会社 錦屋

有限会社 錦屋

〒714-0085
笠岡市四番町7-4
TEL 0865-63-9877
info@nishikiya-kimono.com

女性用帯
商品一覧はこちら
袋帯とは
イメージ  表と裏の生地を袋状に合わせた帯です。筒状に織り上げたものが本袋帯、別々の生地を縫い合わせたものが縫い袋帯と呼ばれます。
幅は約31p、長さは4.17m以上あり二重太鼓結びをするのに十分な長さがあります。
以前は礼装用と言えば丸帯が主流でした。一番格が高い帯なのですが表と裏が同じ織りをするので制作に時間がかかり、そのため高級品です。また仕立て上厚みが出て重く、たいへん締めにくいので敬遠されがちでした。そこで裏を無地にすることで軽くし、締め易く簡略化した袋帯が好まれるようになりました。昭和初期に花柳界が考案し世間に広がったと言われています。花嫁衣裳は現在も丸帯を使用します。
織りの袋帯が一般的で格が高く、主に礼装用に使用します。礼装用の柄は鶴亀や松竹梅など、おめでたい意味を含んだ吉祥文様はもちろん正倉院文様、有職文様、青海波などの幾何学文様などさまざまな種類があります。
軽い柄を取り入れた染め帯はお洒落着用など、幅広い場面で活躍します。
失敗しない袋帯の選び方
イメージ 袋帯は丸帯に代わる礼装用の帯です。
振袖や留袖、訪問着、付け下げ、色無地に合わせる日本の和装を代表する帯と言えるでしょう。
最近では帯の長さが長くなる傾向にあり、4.6mから4.7mくらいのものもあります。長さは一定ではなく値段やその他の要因があって長いものもあれば短いものも存在します。
痩せた人であれば長さにはあまりこだわらなくても問題ありませんが、ふくよかな人ならば一度体に合わせて長さを確認してから求める方がいいでしょう。
礼装用の袋帯を求める人が主ですが、大島や結城などフォーマルではない場へ着ていくお洒落着にも使用できます。しかし礼装用とお洒落用との区分ははっきりと無いのが現状です。金銀が施されたものが礼装用、それ以外ならお洒落用とよく言われますが一元的に線引きはできません。
絢爛豪華過ぎない方がいろいろな着物にも合い幅広い用途で使用できますが、柄が軽いと洒落袋帯となり少々格も下がることは覚えておきましょう。
袋帯の着用シーン
イメージ 袋帯は丸帯に次いで格の高い礼装用の帯です。現代では重く扱いにくい丸帯より、軽く締め易い袋帯の方が多く使用されています。
通常、表地は色糸を使った模様があり、裏は無地になります。これも簡略化の現れで、お太鼓にした場合の裏地に織りは必要ないとの考え方です。
金銀糸が入った華やかなタイプ、重厚感のある唐織の袋帯などは結婚式に。訪問着や色無地の着物に合わせると、両方の良さが引き立つコーディネートになります。
小紋や紬などに使う洒落袋帯は、金銀糸を使わずシンプルに模様を表現しています。名古屋帯より少しセンスアップしたい時に最適です。二重太鼓や角だしを結んで楽しめます。
着物と帯は格や素材、柄の雰囲気を合わせないとアンバランスになります。それらのルールは厳格なようで曖昧な部分もありますが、組み合わせや格式を覚える、疑問点は着物通やお店の人に聞くなど「似つかわしい」「ふさわしい」のTPOは着物を着こなすうえで大切になってきます。
袋帯の種類
イメージ 袋帯には仕立て方法や模様がさまざまあります。
丸帯と同じように表と裏を筒状まま織り上げたものを本袋帯と呼びます。表裏の生地の耳の部分で繋がっています。
また、表裏を個々に織り上げて両側を縫い合わせ袋状にしたものを縫い袋帯といいます。どちらも着用する際に用途の違いはありませんが、縫い合わせの方が現在の主流になっています。
柄もいろいろで、晴れの日にふさわしい格調高い柄行きは留袖、訪問着、振袖などフォーマル向きとして使います。西陣織や唐織りなど金銀糸を用いたものがいいでしょう。
紬や小紋などの着物には、カジュアルな印象の柄で紬生地や染めなどのお洒落袋帯が最近人気です。
柄の入れ方も数種あります。全通柄はたれ先から手先まで帯全体に柄が織り出されているものです。見えない所にも柄があるのでその分、厚みがあります。帯の柄付けでは一番格が高くなります。六通柄とは帯全体の約六割に柄が織られている帯、お太鼓柄はポイントに柄がある帯です。
袋帯の歴史
イメージ 袋帯は、表地(柄)と裏地(無地)の両面を続けて袋状に織っていたことから付けられました。これは明治・大正期に儀式で用いられた丸帯の仕立てと似ています。
丸帯はたいへん格調高く絢爛豪華なのですが、模様が表裏両方にあるため締めにくく、着るだけで重さを感じる帯です。そのため丸帯に代わる帯として裏を無地にし、軽量化・軽装化を追求した袋帯が考え出されました。昭和初期に花柳界から生まれ、のちに世間に広まったと言われています。
現在は本袋帯ではなく、表地と裏地を別々に織り両生地の脇を縫い合わせたスタイルの袋帯が主流ですが、本袋は同じ糸で両面織られているため生地の馴染みがよく、少数派ながら技術面でもよい帯として認識されています。
軽く簡便な袋帯は訪問着・色無地などの準礼装用ばかりでなく、格の高い留袖の盛装にも使われるようになり、今日では丸帯にとって替わる存在になりました。
振袖の美しい変わり結びも帯が軽くなったからこそ成せると言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品一覧はこちら
ページ上部へ戻る