5000円以上送料無料

商品カテゴリ一覧 > 男性用 > 襦袢



襦袢にはいくつかの種類があります。
まず一つ目は「肌襦袢」。長襦袢や半襦袢の下に着用するものです。肌に直接触れるものですので、綿やガーゼの生地で仕立てられたものが多いです。女性用と違うところは、身八つ口(身頃側の脇の縫い合わさっていない部分)がなく、衿の開きが狭いというところです。
「長襦袢」は、肌襦袢と着物の間に着るものです。素材は主に木綿やモスリン、ウール、正絹などで、夏には麻なども用いられます。現在、最も一般的に使われているのが長襦袢です。
最後に「半襦袢」。半襦袢は長襦袢よりも着丈が短く、同部分が晒(さらし)やフランネルでできているため、洗濯をしやすいのが特徴です。江戸時代前期には、長襦袢ではなく半襦袢が正式な襦袢と考えられており、初期の半襦袢は袖のない白地で、腰巻と一揃で使われていたそうです。

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



36 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ



正絹 男性用長襦袢

幅広い年代の方におすすめ。
正絹 男性用長襦袢

通常価格8,156円のところ
3,343円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
正絹 男性用 長襦袢

幅広い年代の方におすすめ。
正絹 男性用 長襦袢

通常価格5,011円のところ
2,054円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み







36 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ