5000円以上送料無料

商品カテゴリ一覧 > 女性用 > 名古屋帯

和服 着物 名古屋帯

名古屋帯とは 帯の一種で、長さが約3.4〜3.8mと袋帯より短く、お太鼓結び(一重太鼓)を結ぶ用に仕立てられた帯です。名称は大正時代、名古屋地方から始まったという一説があります。

お太鼓の部分を並幅とし、胴回りと手先の部分を半幅に仕立てています。袋帯がフォーマルな場に使われることが多いのに対し、名古屋帯はカジュアルな趣味的な外出用の帯として広く使われます。種類としては、帯芯を入れて仕立てる名古屋帯(別名:九寸名古屋)・単重仕立の袋名古屋帯(別名:八寸名古屋)があります。名古屋帯は柄の付け方によっても全通柄・六通柄・四通柄・お太鼓柄などに分けられます。

また、織のものと染めのものとがあり、目安として織名古屋は小紋や付下げに、染名古屋はお召や紬などの織着物に合わせることが多いようです。袋名古屋は街着・お洒落着というよりカジュアルな装いの時に使われ、趣味性の高い帯です。生地も紬・斜子・緞子・綴などの織地のほかに塩瀬やちりめんなどの染帯もあります。

名古屋帯は袋帯よりも簡単に締められ、素材や柄などで使い分けることによって、普段だけではなく多少改まった場所にも締められる、とても重宝な帯といえます。ご自分で着付をされる場合には是非一本持っておきたい帯ですね。

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



1013 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ










1013 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ

名古屋帯とは
イメージ  名古屋帯は袋帯よりも簡単に締められるのが利点です。
もともとフォーマルな場に着用する袋帯を簡略化したものが名古屋帯です。そのためカジュアル感覚で普段着に合わせると考えてよいでしょう。
しかし素材や柄で使い分けると多少改まった場所でも大丈夫です。例えば織りで金銀の箔が入ると格が上がります。色無地・軽い付け下げに合わせれば、多少かしこまった席にも着用可能です。袋帯では少し重厚過ぎる場合に活躍してくれるでしょう。
柄付けも帯全体総柄の全通、六割柄の六通、ポイント部分に柄を配したお太鼓柄があります。着用場所、着物の色合いや文様、季節などで好みの帯を選ぶのは楽しいものです。
おめでたい席が重なるようにという願いを込めた二重太鼓が定番の袋帯に対して、カジュアルな場面で多く締める名古屋帯のお太鼓結びは一重となります。帯の長さも袋帯より短め。約3.6m前後です。
仰々しくなり過ぎない絶妙な名古屋帯。この特徴を活かしてお洒落を楽しめれば最高です。
失敗しない名古屋帯の選び方
イメージ 現在帯と言えば袋帯と名古屋帯でしょう。両者とも同じ大正時代頃に生まれ、昭和初期に広まった点で似ています。
袋帯は正装色が強いですが、それに対して名古屋帯はカジュアル。色無地や付け下げ、小紋、紬などさまざまな着物に幅広く使用できます。しかし名古屋帯なら必ずそれらの着物に合うかというと、そうではありません。
着物も帯もそれぞれ素材や柄行き、格や雰囲気が違います。アンバランスな組み合わせでは和装の魅力が発揮できません。
帯にキラキラ光る金銀の箔が入っているなら礼装やよそ行きに適しています。街着、普段着と合わせたい場合は箔なしを。上品な生成り地の染め帯、季節感がないものなら年中迷わず締められます。帯を選んだらさし色、もしくは馴染む色の帯揚げ・帯締めを合わせてイメージを膨らますのも賢い選択です。
初心者ならポイントにだけ柄のあるお太鼓柄より全通・六通柄を選びましょう。柄をお太鼓に合わせて締めるのは慣れを要します。
名古屋帯の着用シーン
イメージ 幅広い場面で活躍する手軽な名古屋帯は染めと織りの帯があり、共に種類や柄が豊富です。きりっと一重太鼓を締めてお洒落着や普段着に合わせれば、ワンランク上の洗練されたお洒落を演出できます。
染めの帯はお洒落っぽい雰囲気なのでカジュアルな小紋や軽めの付け下げ、紬などの織りの着物にもよく合います。季節感あふれる柄であったりモダンなモチーフだったりと、ぜひ締めてみたくなるものが多くあります。ポイント柄も素敵ですが、たとえそれが古典的な模様であってもあくまでカジュアルとして扱いましょう。
織りの名古屋帯は袋帯に近いしっかりとした印象です。袋帯では少し重厚過ぎるという場面に適していますが、金銀の箔が入れば充分華やかなうえ、格が高くなるので改まった席にも着用できます。
一般的に小紋や色無地、軽めの付け下げなどに締めます。柄や色合いをうまく合わせれば、紬のようなお洒落着でも名古屋帯を活かした上品な着こなしになります。
名古屋帯の種類
イメージ 名古屋帯は袋帯を簡略化したカジュアル感覚の帯です。さまざまなタイプがあるのでTPOに合わせて使い分けましょう。
柄の入れ方には帯全体に模様がある全通柄、六割程度の六通柄、お太鼓部分と胴の前にくる部分に柄のあるお太鼓柄などがあります。通常名古屋帯は一重の太鼓結びをするため、二重太鼓が基本の袋帯より長さは3.5m前後と短めです。
仕立て方法もいろいろです。現在は胴に巻く部分から手先まで半分に折られた名古屋仕立てが主流ですが、手先だけ半分に折られている松葉仕立て、たれから手先まで半分に折らず、袋帯と同じようにお太鼓幅で仕立てられたおそめ仕立て(袋名古屋帯)などがあります。
塩瀬や縮緬、ろうけつ染め、絞りなどの染めの名古屋帯は多種多様な種類が揃っています。柄によっては季節限定の場合もあるので注意が必要ですが、軽めの小紋から紬までスッキリした上品さ、個性を演出してくれます。
金銀箔が入った織りの名古屋帯は中でも格が高く、たいへん重宝されます。
名古屋帯の歴史
イメージ 日本の着物文化の中で変化が見られる事がよくあります。名古屋帯もその一つと言えるでしょう。
大正時代、服装の合理化を図る服装改良運動が起きました。洋服は時期尚早との理由から和装に改良を加えようという意見が出たのです。
そこで名古屋女学校(現・名古屋女子大学)の創設者、塚原春子氏が帯を折らずに予め胴部分を縫い閉じた名古屋仕立ての帯、いわゆる名古屋帯を考案しました。
一方で閉じずに袋帯と同じ仕立ての帯は開き仕立てと呼びました。かつては仕立ての特徴を名称としていましたが、現在では両方とも区別無く名古屋帯と呼称するようになりました。
自立した女性の育成を目指した塚原は、着用に時間のかかる着物を短縮して少しでも家庭生活での負担を減らそうと考えました。その後たいへん締め易い帯と評判になり、実際時間や労力も半減したため全国の女性の指示を得ていきました。
現在も主流に使用されている点から見ても、名古屋帯の誕生は画期的な出来事だったのです。
関連ジャンル
名古屋帯 帯揚げ 帯締め
袋帯
相談