お電話での対応 リサイクル着物 錦屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。リサイクル着物錦屋 Web担当のkamiです

今日はすごく面白いことがあったので「独り言」に書いちゃいます

 

錦屋に皆様からのお問い合わせやご注文の電話が入ると、リサイクル着物専用の番号がピカピカと光りながら他の電話と少し違う呼び出し音が鳴るようになっています

ところが私はこの電話番号の音の違いが聞き取れずいつもオロオロしております

そしてお電話を受け取りお客様とお話をするのですが、お問い合わせ番号をお伺いしているときに隣の机にいるsuzukiがその番号を画面に表示してくれるのです

これはちょっとしたスタッフ同士のお約束で、お客様に少しでも早く説明をしたいと思う私たちは、誰かが注文を聞いている間に近くにいるスタッフがすぐに倉庫へ走って行き商品を持ってくるようにしているのです

やはり色味や難点の説明は商品が無いと出来ませんからね

本当に良く気がつくしっかり者のsuzukiが今日も私の横でお問い合わせの帯締めの画面を出しくれました

私は番号をメモをしてお客様に説明をしています。

 

が・・・

今日のsuzukiは何を思ったのか全く違う番号を画面に表示。。。

色も全く違います

それでも真面目な顔して画面を動かしているsuzukiを見た途端、私の笑いはピークに達しました

しかし、笑っちゃダメですよね??だってお客様と真面目に話をしてますから

が。。。面白い。。。。

必死で笑いを堪え、お客様に説明をしました。

 

電話を切った途端、平謝りに謝るsuzuki。。。m(__)m m(__)m m(__)m ペコペコペコリ。

私が笑いを堪えてる顔が怒りを堪えてる顔に見えたそうです(´。` ) =3

電話の対応にはとても大切です。お顔が見えない分だけ、どんな印象を与えるか心配です

誰が電話に出るか解りませんが、もし印象が悪かったり、何か気になることなどがありましたら是非教えて下さいね

私も、もっと電話美人になりたいです

こんなスタッフばかりですが、皆さんよろしくお願いいたしますm(__)m ぺこり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*