卒業式に振袖を着ても大丈夫?振袖とは

振袖とは、未婚女性が着る中で、一番格が高い着物です。
「袖を振る」という言葉が由来になっており、袖の長さが他の着物と比べて長く作られています。

「振袖」といっても、種類が3種類あります。
大振袖…振袖の中でも格が最も高く、未婚女性の第一礼装となっています。大振袖は、婚礼衣装として、披露宴で花嫁のお色直しで着用されています。おはしょりを作らずに、裾を引いて引き振袖にします。

中振袖…成人式での定番衣装です。他にも、パーティーや披露宴でのお呼ばれ、卒業式などにも着用されています。

小振袖…小振袖は、卒業式に袴と合わせて着用するのにおすすめの振袖です。

「卒業式に中振袖を着用しても良いのか?」という疑問がありますよね。
振袖は、格の高い着物なので、もちろん卒業式に着ても問題ありません。また、中振袖だと、袖丈が長いので、より華やかな印象になります。
中振袖に袴を合わせたスタイルも他の人とは違った豪華な印象になります。ただし、袖丈が長いため、少し動きにくかったり、おはしょりの始末などの着付の難しさ、コーディネートの難しさがあります。その際は、お店の人にぜひ相談してみてください。

振袖をお探しの方はこちら

きもの反物で自分好みに

好きな色、柄の着物がなかなか見つからない……。
自分の体形に合ったサイズの着物がない……。
という方に、着物反物、仮絵羽がおすすめです。

着物反物は、着物になる前の一枚の布です。
総柄の反物なら、自分の好きな部分を使い着物を縫うことができます。
また、仕立て方も、袷仕立てや単衣仕立てなど、自分好みにすることができます。

仮絵羽とは、すでに着物の形に簡単に作られているものです。
どんな雰囲気になるのかが一目で分かり、後は自分の体形に合わせて調整します。

リサイクル着物錦屋では、反物、仮絵羽商品を買い、そのままお仕立てもすることができます。(※お仕立てには、別途料金がかかります。)

もし、気になる着物が見つからないときは、反物や仮絵羽から探してみてはいかがですか。

着物反物・仮絵羽をお探しの方はこちら
お直し・お仕立てのご依頼はこちら

着物の素材を知る

着物や帯を選ぶとき、色や柄、サイズをもちろん見ますよね。
素材にもさまざまな種類があります。また、それぞれに長所・短所があるので、自分好みの素材を見つけてみてください。


着物の素材の中で最上級です。絹は、附下、訪問着以上の高級着物に多く使われています。
長所:美しい光沢による、見た目の高級感。滑らかな肌触り。吸湿や放湿、保温性に優れています。
短所:水に弱く、濡れると縮んでしまう。摩擦によって毛羽立ちやすい。日光や時間の経過による変色。

化学繊維(ポリエステル、ナイロン、レーヨン)
価格が安く、扱いやすいので着物初心者におすすめです。附下や訪問着、振袖、小紋などの格の高い着物にも使われています。
長所:価格が安い。自宅で簡単に洗濯ができる。手入れが簡単。水、摩擦に強い。
短所:吸湿性が少ない。静電気が起きやすい。

ウール
厚手の織物で、冬の普段着として多く使われています。
長所:高い保湿性。適度な吸湿性。型崩れのしにくさ。自宅で洗濯ができる。
短所:虫に食べられやすい。

木綿
単衣や夏の浴衣など、普段着として多く使われています。
長所:やわらかい肌触り。吸湿性の高さ。水に強く、自宅で洗濯ができる。
短所:しわになりやすく、縮みやすい。


夏の普段着に多く使われています。
長所:通気性が良く、汗をかきにくい。速乾性に優れているため乾きやすい。水に強いので、自宅での洗濯が簡単。
短所:しわになりやすい。

リサイクル着物錦屋の商品を素材からを探したい方はこちら

素材について、詳しくまとめた記事はこちら

ぴったりサイズの着物を探したいなら

通販で着物や帯を買おうと思った時、どのようにして欲しいアイテムを探していますか?

欲しいものや着る場面が決まっているのであれば、自分の欲しいアイテムを探しやすいかもしれません。
ですが、何となくウィンドウショッピング感覚でネットショップを見て回っているときなど、いざ気に入ったアイテムを買おうと思ったら、自分に合うサイズがなくてガッカリしてしまった経験はないでしょうか?
新品商品でサイズ展開がある着物ならいいですが、中古着物の場合は基本的に一点もののため、同じ柄で他のサイズというものはありません。
そんな時、自分にぴったりサイズの商品だけを見たいですよね。

リサイクル着物錦屋では、着物をサイズから探すことができます。
身丈と裄丈ごとに選べますので、欲しい商品をサイズのために諦めるような、悲しい経験はもうありません!
もちろん、商品ごとにサイズは微妙に異なりますので、身幅や商品の状態などは商品ページの商品説明をご確認くださいね。

着物をサイズで探す

寒い季節にはウール着物

寒い季節におすすめのウール着物

ウール着物は、初秋から春に着用する着物です。
カジュアルな着物として、日常生活や気軽なランチなどに着ることができます。

ウール素材の着物は、裏地をつけずに仕立てています。
質によって、保温性の高さや湿度調節など、寒い時期に着ても楽しめます。
初秋から春用とは別に、夏用のざっくりと織ったウールもあります。

ウール着物は、虫に食べられやすい着物です。
脱いだ後はハンガーで湿気を飛ばしてから畳み、防虫剤を入れて保存してください。
また、自宅で洗濯ができるのもウールの特徴です。
セーターと同じように洗濯することができます。洗濯機で洗濯する際には、脱水の時間を短く、50秒くらいにすることを注意してください。

ウール着物の柄は、昔のものなら絣、格子や幾何学模様などです。
今では、無地やドット柄などのモダンな雰囲気のものが好かれています。

ウールや化繊、木綿の半幅帯、名古屋帯と合わせて素敵に着こなしてみてください。

ウール着物をお探しの方はこちらから。

雨でも着物を楽むためには?

着物を着て出かける日に雨が降ってしまったら、どうすればいいでしょうか?
お出掛けする日が晴れとは限りません。
「着物でお出かけしたい、どうしても着物を着なければいけない」
そんな日に安心して外出できる、雨の日対策についてのお話です。

まず、雨の日に最も影響を受けるのは足元です。
草履や足袋、着物の裾が雨に濡れてしまうのを防ぎましょう。

■ウレタン草履で雨なんて怖くない!
ウレタン素材の草履は、鼻緒の挿げ替えが出来ませんが、比較的リーズナブルな価格帯のものが多いです。雨の心配が不要で、現代風なおしゃれな柄もたくさんあるので、普段使いにもおすすめです。
さらに、足袋カバーを併せて使うと、雨なんてへっちゃら!

■撥水加工の足袋が心強い
草履は無事でも、足袋が雨に濡れて気持ち悪い思いをするのは嫌ですよね。
最近は撥水加をされた足袋があり、水滴がコロコロと足袋の上を転がって流れ落ちていくので快適です。

■ポリエステルの着物で雨シミの心配いらず
ポリエステルの着物は自宅で簡単にお手入れが出来ますので、雨にぬれてもシミになりにくく、雨の日にぴったりです。正絹の着物では濡れることを心配してしまいますが、ポリエステルの着物なら、天候を気にせずお出かけできます。

■着物も帯もしっかり守りたいなら「雨コート」
カッパと同じ感覚でサッと羽織るだけ、撥水加工された生地がしっかりと水をはじいてくれます。
大事な一張羅を汚したくない時にぴったりです。畳んで持ち運びもできるので、いざという時にすぐ使えるのも高得点ですね。


雨だからって、せっかくのお出掛けを洋服に変更しなくても大丈夫!
事前に雨の日対策をして、お天気を気にせず着物を楽しみましょう。

アンティーク着物でお洒落なレトロ感

レトロ感や色づかいが可愛いアンティーク着物。

「アンティーク着物」とは、江戸末期から昭和初期までに作られた着物のことを言います。

最近では、ただ着物を着るだけでなく、アンティークの着物に洋風のものを取り入れてお洒落に着る若い方も多いです。

お洒落を楽しめるアンティーク品は、リサイクルショップや中古の着物を扱うネットショップで簡単に手に入れることができます。

アンティーク着物は古くに作られた着物です。買うときには、着物の状態を気にしてみてください。
・生地の傷み、キズ、生地が薄くなっていないか確認しましょう。
・生地の色が変色していないか、シミ、汚れがないか確認しましょう。
・サイズが小さくないか確認しましょう。

アンティーク商品は、70年以上前に作られた着物です。
もちろん劣化しているが多くありますが、それ以上に個性的でお洒落なものも多いです。
リサイクル着物錦屋でも、アンティーク着物アンティーク帯は多く取り扱っています。一点一点、厳しく検品しているため、生地の状態やシミ、汚れなどを写真と商品説明で確認することができます。また、商品の状態について、状態が良いもの、着用に問題のないものと分けているので参考にしてください。

シンプルなのにオシャレな「江戸小紋」

初めての着物におすすめされることが多い「小紋」

ですが、着物初心者さんでなくても、小紋の魅力にはまってしまう着物ファンの方はとっても多いのです。着物デビューにおすすめなのは全体の柄の入った「総柄」の小紋ですが、着物ツウに人気なのは「江戸小紋」と呼ばれる柄です。

江戸小紋とは、とても細かい柄の型染めで遠くから見ると無地に見える柄です。
色無地と同じ感覚で装える、一般的な総柄の小紋よりも控えめで品のある着こなしを楽しむことができますし、一つ紋を入れると紋付の色無地と同格になります。柄が細かいほどよいとされており、一枚持っておくと大変重宝する着物です。

「無地に見えるのに、実はとってもオシャレ」

そんな日本人らしい粋な着物の楽しみ方が味わえる、素敵な着物です。

リサイクル着物錦屋で江戸小紋を探す

結婚式での着物マナー

お茶会マナーに続き、今回は結婚式での着物マナーをご紹介します。

結婚式で、招待された方が着る着物は、振袖、訪問着、色留袖です。その中で、ゲストとして結婚式に行く場合、おすすめは訪問着です。

振袖や色留袖も着て行くことができます。
色留袖の三ツ紋・一ツ紋は、訪問着と同格になるので、着用しても大丈夫です。ですが、色留袖は親族と思われる可能性も高いので、悩んでいる場合は訪問着をおすすめします。
振袖も同じく、未婚女性であれば着用することができます。しかし、振袖は若い印象や新婦よりも華やかになってしまう場合もあるので控えた方が良いかもしれません。

訪問着を選ぶ際に注意する点
・黒は選ばない。
・花嫁と同じ色、目立つ色を選ばない。
・桜は「散る」ので、縁起が良くないため選ばない。
この3つを押さえておけば、ほとんどの地域で問題ありません。

訪問着にあわせて、結婚式でのヘアスタイルも悩みどころ……。
・ボリュームのある派手なヘアスタイルはNG。
落ち着いた訪問着なら夜会巻きのすっきりとした髪型、明るい訪問着なら編み込みなどで可愛い髪形もおすすめ。
・髪飾りは大きいもの、目立つもの、造花を使った髪飾りはNG。
小ぶりの簪や細工のあるバレッタなど落ち着いたものが良いでしょう。

リサイクル着物錦屋では、結婚式、披露宴におすすめの着物から帯まで豊富に揃っています。

訪問着をお探しの方はこちら

周りに差が付く!冬の着物コーデに欠かせないアイテム

冬の着物のおしゃれといえば、羽織やコートの重ね着コーディネートですが
羽織やコートをただ着るだけなく、さらにおしゃれな楽しみ方があるのをご存知ですか?

ズバリ、冬の着物のコーディネートを楽しむら、「羽織紐」にもこだわるべきです!

胸元で羽織の衿をとめるためのアイテムで、中古の着物ショップなどにも多く販売されています。
定番の平たい紐状のタイプはもちろんですが、革製の羽織紐や、珊瑚や真珠などで作られたものまであり、デザインも素材も様々で、実はとってもおしゃれを楽しめるアイテムなのです。

当店にはデザイン・素材ともに様々な羽織紐がありますので、羽織をお買い求めと同時に、羽織紐も選んでみてはいかがですか?

リサイクル着物錦屋で羽織紐を探す