着物上級者

雨でも着物を楽むためには?

着物を着て出かける日に雨が降ってしまったら、どうすればいいでしょうか?
お出掛けする日が晴れとは限りません。
「着物でお出かけしたい、どうしても着物を着なければいけない」
そんな日に安心して外出できる、雨の日対策についてのお話です。

まず、雨の日に最も影響を受けるのは足元です。
草履や足袋、着物の裾が雨に濡れてしまうのを防ぎましょう。

■ウレタン草履で雨なんて怖くない!
ウレタン素材の草履は、鼻緒の挿げ替えが出来ませんが、比較的リーズナブルな価格帯のものが多いです。雨の心配が不要で、現代風なおしゃれな柄もたくさんあるので、普段使いにもおすすめです。
さらに、足袋カバーを併せて使うと、雨なんてへっちゃら!

■撥水加工の足袋が心強い
草履は無事でも、足袋が雨に濡れて気持ち悪い思いをするのは嫌ですよね。
最近は撥水加をされた足袋があり、水滴がコロコロと足袋の上を転がって流れ落ちていくので快適です。

■ポリエステルの着物で雨シミの心配いらず
ポリエステルの着物は自宅で簡単にお手入れが出来ますので、雨にぬれてもシミになりにくく、雨の日にぴったりです。正絹の着物では濡れることを心配してしまいますが、ポリエステルの着物なら、天候を気にせずお出かけできます。

■着物も帯もしっかり守りたいなら「雨コート」
カッパと同じ感覚でサッと羽織るだけ、撥水加工された生地がしっかりと水をはじいてくれます。
大事な一張羅を汚したくない時にぴったりです。畳んで持ち運びもできるので、いざという時にすぐ使えるのも高得点ですね。


雨だからって、せっかくのお出掛けを洋服に変更しなくても大丈夫!
事前に雨の日対策をして、お天気を気にせず着物を楽しみましょう。

帯選びの新常識!帯で“着痩せ”

中古のリサイクルショップで名古屋帯を購入するときには、名古屋仕立ての名古屋帯がおすすめ!

普段着~フォーマルまで、様々な場面で着用する機会の多い名古屋帯。
名古屋帯を選ぶなら、着やせ効果が期待できる「名古屋仕立て」の名古屋帯がおすすめです。
名古屋仕立てとは、名古屋帯の一般的な仕立て方で、胴に巻く部分から手先までが、はじめから半分に折られている名古屋帯のことを指します。
着付けた際に余分な厚みが出ず、胴回りがすっきりと見えるため、着やせ効果が期待できるのです。
また、名古屋仕立ては名古屋帯の中でもメジャーな仕立て方ですので、着付けに慣れていない初心者さんでも簡単に着付けが出来ますし、デザインも豊富ですので好みの帯を見つけやすいというメリットもあります。
帯選びの際に、仕立ての種類をチェックしてみるとよいかもしれませんね。

特集ページ:「名古屋仕立て」の名古屋帯には着痩せ効果を期待できる

リサイクル着物を通販で買うのことが楽しい理由

着物や帯を買う時には、ご自分の好みというのがあるので、今までに持っている着物や帯と、どこか似たようなものを購入しがちですし、想像するコーディネートも同じような雰囲気になりがちです。

それでも、いざ通販で購入してお手元に届いてみると、想定外の新しいコーディネートの組み合わせを発見し、「今度あそこに行くときに、この新しいコーデで行ってみよう」と気分が盛り上がったりするものです。

新品の着物や帯ですと、やはりお値段も高く、気軽な感じで使いにくいので、新しいコーデを発見しても、なかなか試すことはできません。その点、リサイクル着物やリサイクル帯ですと、比較的お安く、どんどん新しいコーディネートを試すこともできます。

通販で購入した着物や帯、和装小物がお手元に届いて、新しいコーデの組み合わせを発見し、それを気軽に試すことができるのは、リサイクル着物の通販の醍醐味といえるでしょう。

今まで使いにく箪笥のしまいこんでいた着物や帯をおしゃれに着こなすこともできたり・・・・。写真で見ているだけはなく、実際に買ってみて、手持ちのものと合わせて新しいコーディネートを発見する喜びは、おしゃれの大きな楽しみの1つですね。