アンティーク

アンティーク着物でお洒落なレトロ感

レトロ感や色づかいが可愛いアンティーク着物。

「アンティーク着物」とは、江戸末期から昭和初期までに作られた着物のことを言います。

最近では、ただ着物を着るだけでなく、アンティークの着物に洋風のものを取り入れてお洒落に着る若い方も多いです。

お洒落を楽しめるアンティーク品は、リサイクルショップや中古の着物を扱うネットショップで簡単に手に入れることができます。

アンティーク着物は古くに作られた着物です。買うときには、着物の状態を気にしてみてください。
・生地の傷み、キズ、生地が薄くなっていないか確認しましょう。
・生地の色が変色していないか、シミ、汚れがないか確認しましょう。
・サイズが小さくないか確認しましょう。

アンティーク商品は、70年以上前に作られた着物です。
もちろん劣化しているが多くありますが、それ以上に個性的でお洒落なものも多いです。
リサイクル着物錦屋でも、アンティーク着物アンティーク帯は多く取り扱っています。一点一点、厳しく検品しているため、生地の状態やシミ、汚れなどを写真と商品説明で確認することができます。また、商品の状態について、状態が良いもの、着用に問題のないものと分けているので参考にしてください。

初心者さんにおすすめアンティーク着物 【大田区、品川区なら即日発送可能】

今日は着物に興味のある方、興味はあるけど着物って敷居が高いイメージがあるからチャレンジできない…と思っている方におすすめのアンティーク着物についてご紹介します。なぜアンティーク着物がおすすめなのかと言いますと、まずはチャレンジしやすいお手頃な値段だからです。アンティーク着物には古いものが多いので、多少生地の傷みなどはありますが、初めて着物を着るという方が手を出しやすい価格なのが魅力です。そして、個性的で斬新な柄が多いので、おしゃれを楽しみたい方もぜひアンティーク着物をチェックしてみてほしいなと思います。現代の着物にはない魅力がたっぷりですよ!
そもそもアンティーク着物って何?という方もいらっしゃると思いますので、ご説明しますね。アンティーク着物と呼ばれるものは一般的に、昭和初期までに作られた古い着物のことを指します。なので、一番新しい着物でも70年以上も前のものなのです。着物を愛する方たちが古い着物を大切に受け継ぎ、残してきたものが現在流通しているアンティーク着物として扱われています。アンティーク着物には、現代の着物にはないレトロな雰囲気が大きな特徴で、「明治ハイカラ」「大正ロマン」「昭和モダン」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないかと思います。
アンティーク着物の魅力であるレトロで個性的な柄や色遣いは、現代の着物とはまったく違います。ですので、アンティーク着物を着ておしゃれにコーディネートして楽しむのがおすすめです。一般的な着物の着用ルールに縛られず、自由な発想でコーディネートを楽しんじゃいましょう!
 
antique2
コーディネートの一例をご紹介しますね。
まず、柄×柄。
派手な柄同士を組み合わせてもまとまって見えるのはアンティーク着物だからこそ。現代の着物ではできない組み合わせです。派手な色同士を合わせて個性をいっぱいアピールしましょう。
続いて、レースを加えて甘めに。
帯や衿周りにレースのアイテムを加えることで、遊び心のあるガーリーなコーディネートに大変身です。レザー生地も加えたら甘辛コーデにもなれちゃいます。いつものコーディネートに一工夫するだけでとっても楽しいですね。
濃×濃の色使い。
濃い紫×濃いピンクのように毒々しさもあり、目を引く色合いもおすすめ。派手な着物に派手な帯を合わせて、非日常なファッションを楽しみましょう。濃い目のメイクでかっこいい女性を演出してくれます。
着物×ハイヒール。
着物には草履が定番ですが、アンティーク着物にハイヒールを合わせると個性的でとってもおしゃれですよ。カラータイツや靴下などを合わせるとみんなの注目間違いなし!足元もピンヒールでかっこいいスタイルや、ローファーで可愛く…と様々なアレンジができますよ。
グローブで上品に。
レースのグローブをつけてお嬢様気分を味わうのも楽しみの一つです。女性らしさがぐんとアップします。レザーのグローブならかっこいい女性になれますね。
帯締めで個性を演出。
帯締めに自分の好きなモチーフのものを選ぶのも楽しいですね。動物モチーフやフルーツ、リボンなど様々なものがありますので、見ているだけでも楽しめると思います。
このように常識にとらわれず、自分の好きなファッションを楽しめるのがアンティーク着物の大きな魅力です。自分好みのファッションに身を包んだら、外に出てあなたらしさをみんなにアピールしちゃいましょう。いつもと同じ道もきっと違う景色を楽しめると思いますよ。お友達と一緒にアンティーク着物を着てお出かけするのもいいですね。アンティーク着物を着て、いつもと違う自分に変身して、新しいファッションとして楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。
 
【↓アンティーク着物はこちら↓】
antiqueshou

アンティーク着物を選ぶときの注意 【世田谷区、練馬区なら即日発送可能】

皆さんはアンティーク着物をご存知ですか?
アンティーク着物といえば、現代の着物にはないレトロな雰囲気が魅力の着物です。鮮やかな色彩や派手な柄が特徴で、「明治ハイカラ」「大正ロマン」「昭和モダン」といった言葉は聞いたことのある方が多いのではないでしょうか?
まずはアンティーク着物って何?という方にご説明したいと思います。アンティーク着物と呼ばれるものは一般的に、昭和初期までに作られた戦前の着物のことを指します。ですから、一番新しい着物でも70年以上前に作られたものになるというわけです。当時は化学繊維はなく木綿や麻のものが日常的に着られていました。それ以外は絹で織られた着物を着ていました。縫製や染めが非常に丁寧で着やすいように工夫されていたそうです。明治初期からは生糸の生産や輸出が盛んになり、一般家庭にも絹の着物が大量に出回るようになりました。絹のやわらかくしっとりした生地はとても着心地がよく、庶民の間でも絹の着物が多く着られるようになります。アンティーク着物といわれる時代の着物は、のちにあまり着られなくなり、日常的な着物はウール製のものが主流になっていきます。絹は高級な訪問着や付け下げなどに多く使われるようになります。現在残っているアンティーク着物は着物を好きな方が受け継いで残したものが流通しているというわけです。
 
antique
では、アンティーク着物はどういうところで手に入れることができるのでしょうか?
一番よいのはアンティーク着物の専門店ですが、そういうお店が近くにあるとは限りません。専門店がない場合は、アンティーク着物を扱っているネットショップ、リサイクル品を扱うお店、骨董市などで探すなどの方法があります。ネットショップは品数が多く手軽に購入することができるのが魅力ですが、お店や骨董市は実際に品物を見ることができるので、失敗することが少ないというメリットもあります。
では実際にアンティーク着物を購入するときに気を付けることが何か、ご説明します。
とにかく重要なのはサイズです。アンティーク着物のような昔の着物は、現代の女性の身長ではちょっと短いかも?と感じることが非常に多いです。身丈や裄、身幅をきちんと確認しましょう。着物のサイズの見方については以前ご紹介していますので、ぜひご覧ください。
着物のサイズの見方
着物の柄や色に惹かれてサイズを確認せずに買ってしまうと、身丈が短くて着られない…なんてことになるかもしれません。自分の着物のサイズが分かっていると着物選びがもっと楽しくなりますよ。サイズについてよく分からない方は、店頭で購入するのであればお店の方にサイズを見ていただくといいと思います。
また、アンティーク着物は70年以上前に作られたものなので、しっかりと保管されていても生地が弱っていることがあります。生地が薄くなっているかどうか確認ができればいいですが、分からない方もいらっしゃると思います。そんな方は、ヒップのあたりの生地が薄くないか、裾が擦り切れたようになっていないか、破れやほつれがないか、をチェックしてみてください。また、古い時代のものになると、裏地の色が変色していたり、衿などにシミができている場合もあります。サイズや生地の状態をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。
アンティーク着物はひとつひとつ個性的で、素晴らしいものがたくさんあります。絹もとても良質なものが使用してあり、大変貴重で価値のあるものです。ぜひ、お気に入りのアンティーク着物を見つけて現代の着物にはないコーディネートを楽しんでいただきたいなと思います。
 
【↓↓アンティーク着物はこちら】
antiqueshou

着物を着るならアンティークがおすすめ 【杉並区、練馬区なら即日発送可能】

c5bdc958ebb5dc39bc471f8d81a7be57_s着物を楽しむことを始めるのには、アンティーク着物から始めて、いろんなタイプのアンティーク着物を着こなしていくことが一番楽しい着物の楽しみ方になってくると思います。
というのも、どのご家庭にも和ダンスの中に、お母さまやおばあさま、伯母さまなど、ご家族ご親戚の方々から頂いた古い着物があると思います。
 
それにアンティーク着物で着物を楽しむことができる1番のメリットは、お金をかけずに素敵な着物を着て楽しむことが出来ることです。
着物を慣れていくには、やはり着付けに慣れていくことから始めます、それには、練習としてタンスの中にある着物を使って何度も着る練習を繰り返していくことです。そのための帯や帯芯、伊達締めなど着物を着る際に必要な小物類もすべてタンスにあると思います。
そこで、最初はやはり半幅帯を使った着付けから習っていくことになります。
半幅帯での着付を最初にしっかり習っておくと、普段の日常生活はもちろん、浴衣を着るときも簡単に着ることが出来て、着物そのものを普段着にしていくことが出来るようになってくるからです。
 
最初に着始めるアンティーク着物としては、絣やウールなどの普段に着やすい生地のアンティーク着物を選ぶといいです。タンスをあまり開けていないとシワやシミがあったりするものですが、中にはきれいな状態のままで保管されている着物が見つかると思います。40d29a2b34c9f5a657ccef67338ea290_s
もし、保管されていた着物の中に、頂いたりしている着物で、着られていたような感じの普段着向きのアンティーク着物があったなら、それを練習から使っていくといいとおもいます。それは生地がすこし柔らかくなっていたりして帯を締めるときなど締めやすい状態になっていることがあるので最初の着物にお勧めです。
 
普段着に、絣やウールの着物を簡単に着ることが出来るようになったら、気分も少し変わってくるようになります。
着物といえば成人式や結婚式などの正式な機会でないとなかなか着ることが出来ない、そんな時代になっています。だからこそ、普段から着物に慣れ親しんでいくと着物のもつ魅力に包まれて気持ちの豊かな生活を送ることが出来るようになってくるように思います。
夏になれば浴衣を着て花火大会や夏祭りを楽しむことができるようになります。
冬もウールの着物で半纏などをちょっと羽織ると結構暖かく感じてきます。こうして着物が身近な存在になっていけば、どんどん着物を着る生活を楽しめるようになってきます。
 
慣れていくと、名古屋帯や袋帯なども練習していくようになります。名古屋帯は、締め方に慣れるまでがちょっと苦労します。ですが、慣れたらちょっとした外出もどんどん楽しめるようになってきます。紬や小紋など、ちょっとした外出に重宝しますのでとても素敵な外出着になります。例えば紬では、シンプルなデザインになっている分、流行をあまり気にかけなくてもよく、ずっと長く着ることが出来るからです。「紬は三代にわたって着ることが出来る」という言葉があるほど長く愛用出来るアンティーク着物でもあります。しつけ糸がついているままでは、本当にもったいないほど素敵な着物です。
また、タンスの中には訪問着や振袖などや錦糸の袋帯があってという方もおられると思います。状態が良ければ、クリーニングに出すときれいに礼装として成人式や結婚式などに着ていくことができます。今にはないレトロな雰囲気の着物でおしゃれをすることは特別の喜びも重なって、アンティーク着物の礼装の楽しさを違った形で味わうことが出来ます。
 
昔の人は、着物を手縫いで縫ってきていました。本当にこの現代ではミシンを使って洋服を作る感覚なので着物を特別視していくことがもったいなく感じられます。
もし、和ダンスを整理する機会があれば、着物に目を通してみたり、手入れをして楽しんでみてはどうでしょうか。
 

アンティーク着物は身丈に要注意! 【杉並区、練馬区なら即日発送可能】

az020449-m-01-pl最近アンティーク着物が人気を集めています。江戸末期から明治・大正や昭和初期の時代のレトロ柄や雰囲気も魅力がありますが、同時に気軽に着物のおしゃれを楽しむことが出来るために人気があります。
 
アンティーク着物は昔の古着なのですが、昔は絹産業が盛んでよくおしゃれ着として絹地の着物がよく着られていました。ただ、一般庶民にはお金に変わるとても高価なものでした。貧しくなると、売ったりしてお金に換えるほど価値のあるものだったのです。
そうして、着物が好きな方によって大切にされてきたのが、いわゆるアンティーク着物なのです。
 
そうしたことを踏まえて購入する際の注意点を上げていきたいと思います。
1番よいのは、アンティーク着物を取り扱っている呉服店にいって実際に手に取って、状態がどのような着物かを確認してみることです。
状態としては、100年近く前の着物なので色褪せやシミが付いていることが予想されるからです。色が剥げてしまっているものもあるので、気を付けていきたいところです。柄も大胆な図柄や細やかな図柄など様々なものがあります。ここで気を付けたいのが身長の違いでどんな柄が似合うかが違ってくることです。
例えば、小柄な方が大柄の着物を選ぶと、肝心の上前の柄がおはしょりのところで切れてしまうのでせっかくの着物の魅力が活かせなくなってしまいますので注意が必要です。
小柄な方は小さい柄や細やかな総柄のものを選ぶと着やすいようです。az030133-m-01-dl
 
選ぶ際に1番肝心なことは、着丈と裄が自分に合うかどうかをきちんと確認することです。
着丈の場合は、おはしょりがとれる長さだったら問題は無いのですが、おはしょりが取れない長さの場合、おはしょりなしで着ることが出来るかが大切なポイントになってきます。
もしも、着丈が短くておはしょりがとれない長さだったら、おはしょり無しで着ること、つまり対丈(ついたけ)で着ることが出来るかどうかを確認します。
昔の人は身長が低かったのでアンティーク着物は丈が短いものが多いようです。そこでまず着物を羽織ったとき、裾が床に少し広がる程度の長さの場合です。そんな場合は着付けをしたときに腰ひもや伊達巻きでしっかりと持ちあげるように着るとおはしょりは出ません。このくらいの着丈であれば、そのまま対丈で着ます。もしおはしょりがあった方はよいという方は、身頃の中間(おはしょりで折り返す部分)に同色の布を足すと着やすくなると思います。
アンティーク着物は身丈が現代女性の身長には低く作られているだけに、やはり直接手に取って着物を羽織ってみたりして自分にあったサイズかどうかをしっかりチェックすることが大事です。
 
また、裄丈もしっかりとチェックすることが大切です。袖丈は、大体7寸から8寸位の長さで作られています。これは現在の袖丈よりも長めに作られていますが、そのままの方がアンティーク着物の可愛らしい魅力を引き立てていることもありますので、工夫して着こなすと着物の良さを引き立てていきます。
裄丈は羽織ってみて手首のぐりぐりから10cmくらいの長さが平均的です。最近は腕が長い方が増えてきているので10cm以上腕が出ていないようになっていることが袖のチェックポイントになります。それ以上出るようであれば合わないので購入には慎重に丈を確認してください。
丈が短ければ袖幅を出すようにほどいて縫い直すことを考える方もおられます。ですが、アンティーク着物は古着でもありますので袖もしっかりとしたかたになっている、或いは、色褪せや生地が擦れていることも考えられます。ですので、サイズがあわないときは、アレンジして着られるかどうか確認が必要です。
 
az020553-m-01-pl
アンティーク着物は人気があります。ですが、数十年経っている古着ですので、身長に対する柄の選び方、また身丈と裄丈とのバランスなどに気を付けて確認することが大事です。そして、柄やサイズがあったときに購入を決断することが着物を大切に着こなしていく大切な秘訣となっていきます。しっかりと探してとっておきの一枚に出会えるよう着物の知識も持っていたいものです。
 
【↓アンティーク着物はこちら↓】
antiqueshou

アンティーク帯のアレンジ 【中野区、渋谷区なら即日発送可能】

商品の撮影をしていて、とても悩んだことがあるんです。
 
それは。
set20-04
こちらのアンティーク帯。
 
上の写真は、通常のお太鼓結びをしていますが、
どうも、N山には、千鳥の向きが逆さまに感じるのです…。
 
そこで。
set20-08

引き抜き結びにしてみました。
 
うん。なんか、しっくりします。
 
たれ先に柄がありますから、普通にお太鼓を結ぶのが正解なのかもしれません。
でも、たれ先の柄の向きは下の写真の向きなんですよね。
 
こんなときは!
どっちでも、いいのかなぁ…と、おおらかに捉えてしまうのが、N山です。
 
上の2パターン以外にも、
お太鼓を裏面の黒無地になるように引き抜き結びをすれば、
たれ先にだけ柄を出すこともできるし♪
一気に、渋さ増し増しです。
 
そう考えると。けっこう、使える帯かもしれませんよ。
 
黒の帯は、N山も1本持っていますが、案外、どんな着物にも合わせやすくて便利なんですよ。
アンティーク着物は、考え方次第で自由に楽しめるのが魅力ですよね。
 
 
ついでに。もう1点。
この半幅帯も、N山を悩ませました。
set26-05


長さが、2m62cmしかないんです…。

 
短いなら、体にひと巻きで結べばいいんですよね~。
いつも、ふた巻きしているので、緩いなっと感じるかもしれませんが、
ゆるゆるっと気楽に締めるのも、たまには楽でいいものです。
ずれ落ちないように、帯締めなどを締めれば、より安心できるかもしれませんね。
 
上の結び方は、
手先をいつもより長めにとって矢の字を結んで、最後に手先を下に垂らしてみました。
貝の口でも、手先を垂らすパターンのアレンジを応用できますよ。
 
別バージョンの半幅帯結び。
set25-04
 

こちらの結び方は、
幅を半分に折ってちょうちょ結びにして、たれ先を下からくぐらせて、結びの上からかぶせてみました。
かぶせる部分に小さくひだをとると、立体感が出て華やかになります。
2m62cmのこの帯の場合、体にひと巻きして結ぶと、
このように、たら~んと長めの仕上がりになって、大人っぽさも感じられます。
 
もちろん、どちらの帯結びも普段の半幅帯で、体にふた巻きしてから結べますから、試してみてくださいね。
 
半幅帯も、自由にアレンジができる気軽な帯なので、自分オリジナルの結び方を考えて、気軽に楽しんでくださいね。
その結び方が、二度とできないこともありますが…(笑)
 
では。ごきげんよう~。
 
【↓アンティーク着物はこちら↓】
antiqueshou
 
 
 
 

夏のアンティーク着物商品アップ。

お待たせいたしました!!
単衣と夏物のアンティーク着物と帯を、わずかばかりですがアップしました。
 
本日は、とり急ぎご案内まで。。
↓こちらから、どうぞ~。
antiqueshou
 

夏のアンティーク着物、準備中。

 
春のアンティーク着物まつりに続きまして。
アンティーク着物の単衣と夏物商品のアップを準備中です。
数少ないうえに状態のよいものもあまりないのですが・・・
 
ほんの少しだけ、お見せしますね。
20140520_1
 
 
 
 
 
 
 

ブルーと朱赤の矢羽根のコントラストが鮮やかな単衣。
 
 
 
 
20140520_2

美しい紫色地に白の矢羽根がスッキリとした夏着物。
 
アンティーク着物の新商品アップまで、もう少しお待ちくださいね。
 
【↓アンティーク着物はこちら↓】
antiqueshou
 
 
 

先行アップ!!春のアンティーク着物まつり その4♪

 
さて。
『錦屋 春のアンティーク着物まつり』その4
明日3月22日付けで商品アップの予定でしたが。
本日、こっそり…先行アップしてしまいましたっ!!!!!
 
商品数を少しでも多くっと思って、今回はスタイリング写真が撮れませんでした…。
楽しみにしてくださっている方(いらっしゃいますか~??)、申し訳ありません。
また、時間を見つけて撮影しますね。
 
【↓アンティーク着物はこちら↓】
antiqueshou

 
 
 
 
 
 
 

春のアンティーク着物まつり その4◇予告編

 
さて。
着々と『錦屋 春のアンティーク着物まつり』その4 の準備をしていますよ。
 
チラッと。
az030127-03

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぽってりとかわいらしいスズメさん。
 
 
az030125-04

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぶりんとはじけたザクロの実。
 
どちらも名古屋帯です。
 
スズメなどの鳥さんの柄は、人気がありますね。
ザクロの柄は、写真撮影中には気づいてなかったんですが、
入力のときに気づきました。
 
探してみると、ザクロも柄としてけっこう使われているモチーフなんですね。
葡萄やリンゴ、柿なんかは見かけることが多いですが、
ザクロは初めて見ました。かわいいですねぇ。おいしそうですねぇ。。
 
 
アンティーク着物まつり その4の商品アップは、今週末を目標にしています。
お楽しみにお待ちくださいませ。
 
【↓アンティーク着物はこちら↓】
antiqueshou