リサイクル着物の魅力

付下げこそ、リサイクルで買うべき理由

付け下げは、「付下げ」とも、「附下」とも書きます。付け下げは一般的に、訪問着よりも柄が少なく、衿と肩の模様、裾の柄の模様がつながっていないません。

ただ、付け下げ訪問着と呼ばれるものもあって、付け下げ訪問着とは、訪問着の柄ゆきに近い付け下げのことを言います。

付け下げは、戦争中に、訪問着の売買等が禁止され、付け下げが代用品として定着し、その後、略礼装として普及していきました。

付け下げは準礼装として着用できますが、名古屋帯を合わせることにより、カジュアルに着こなして、外出用のよそゆきの着物としても着用できます。

格の高いお茶席でなく、一般的なお茶会などでしたら、付け下げは非常に使いやすい着物といえます。

そんな使い勝手のいい付下は、何着か持っておくとTPOに合わせて重宝され、リサイクルの付け下げは新品よりもリーズナブルなのでバリエーションを揃えるには特におすすめです。

リサイクル着物錦屋に、たくさんの付下げがありますので、是非ご覧ください。

リサイクル着物を通販で買うのことが楽しい理由

着物や帯を買う時には、ご自分の好みというのがあるので、今までに持っている着物や帯と、どこか似たようなものを購入しがちですし、想像するコーディネートも同じような雰囲気になりがちです。

それでも、いざ通販で購入してお手元に届いてみると、想定外の新しいコーディネートの組み合わせを発見し、「今度あそこに行くときに、この新しいコーデで行ってみよう」と気分が盛り上がったりするものです。

新品の着物や帯ですと、やはりお値段も高く、気軽な感じで使いにくいので、新しいコーデを発見しても、なかなか試すことはできません。その点、リサイクル着物やリサイクル帯ですと、比較的お安く、どんどん新しいコーディネートを試すこともできます。

通販で購入した着物や帯、和装小物がお手元に届いて、新しいコーデの組み合わせを発見し、それを気軽に試すことができるのは、リサイクル着物の通販の醍醐味といえるでしょう。

今まで使いにく箪笥のしまいこんでいた着物や帯をおしゃれに着こなすこともできたり・・・・。写真で見ているだけはなく、実際に買ってみて、手持ちのものと合わせて新しいコーディネートを発見する喜びは、おしゃれの大きな楽しみの1つですね。

着物上級者が狙う中古着物の特徴3つ

着物上級者ほど、中古着物、リサイクル着物を上手に活用します。

ただ、着物上級者でも、やみくもに中古着物を購入するわけではありません。着物に詳しい人ほど、自分のライフスタイルに合わせて買い物を楽しんでいらっしゃいます。

そんな着物上級者の中古着物の買い方の特徴を3つご紹介いたします。

 

 

 

 

 

まず、1つ目は、外で着る着物、外出着には安物を買わないことです。安いものには理由があります。価格が安いということは状態が悪かったりします。リサイクル着物錦屋でしたら、状態B以上、できれば状態Aのものを購入しましょう。状態Aの良品、美品ともなれば、外へ着ていくことがあっても、恥ずかしい思いをすることはありません。フォーマルの場でも問題ないと言えるでしょう。もちろん、着物1着1着で、個々の状態は違いますので、それぞれの着物で、どのような難があるのかは商品ページで充分ご確認の上、ご購入ください。リサイクル着物錦屋は返品受付OKですので、安心して購入できます。

着物上級者の中古着物を選ぶコツの2つ目は、部屋着は安く購入することです。これは1つ目のコツとは真逆のことです。家の中なので、自分の好きな柄や気に入った着物を購入することを第一に考えて、価格や状態をそれほど気にする必要はありません。着物の状態が悪くても家の中なので、それほど人に見られることもありませんので安心です。また、状態Bの着物や帯でしたら、近所に出かけるぐらいでしたら問題ありません。安い着物で満足度を高く!それが2つ目のポイントです。リサイクル着物錦屋でも1000円均一セールなどが行われているので、上手にご活用ください。

着物上級者の上手な買い方、最後の3つ目は、帯を狙うことです。着物を買う場合には、裄丈と身丈、更に袖丈に注目しなければいけません。前幅や後幅のチェックも必要です。一方、帯には、袋帯、名古屋帯、半幅帯といろいろありますが、着物ほどサイズの条件が厳しくありません。そして、帯の場合、帯の状態ランクが悪くても、締め方によっては一部は外側から見えない場合もあります。帯はコーディネートの要です。帯を変えるだけで、コーディネートの幅は想像以上に広がります。そこで、着物のベテランになるほど、中古の帯を狙うんです。

以上のように、着物上級者に共通する着物(帯)の買い方の特徴を3つをご説明いたしましたが、皆さんも、賢く、上手に、中古の着物、リサイクルの帯を購入してはいかがでしょうか?

 

洗える着物でお稽古に【杉並区なら、即日発送可能】

■なぜ、着物でお稽古をするのか
茶道の点前作法は着るものによって変わるものではありませんが、茶室が日本間で、畳に座ったり、にじったりする動作があること、そして茶室を舞台として道具を組み、そこで人も含めて美が作り上げられていくのです。そのため、茶室に最もふさわしいのは着物姿なのです。そして、茶道を習っていくうちに、「構え」「立ち居振る舞い」が大切なポイントになることに気が付くでしょう。その基本中の基本をしっかりと身につけることこそが重要なのです。だからこそ、普段のお稽古を着物で行うことこそが、茶道の上達の秘訣となります。
 
■お道具を持つ位置
道具を持つ位置は低すぎても高すぎても不安定なものです。軽いものも重いものも、自然にしっかりと安定した姿勢と位置で持てるようになりたいですね。道具を持つ位置は、基本的に胸の高さです。ですので、帯の一番上のあたりを目安にするとよいでしょう。日ごろから自分の定位置を身につけておきたいものです。
 
■足の運び
基本的に畳一畳を4歩で歩きます。畳のへりを踏まないように、と注意を促されることが多々ありますが、着物を着ていればこそ、その歩幅がだんだんと身についてきます。そして、歩き方はかかとを畳からあまり離さないように、つま先を少し上げ気味に、ややすり足気味で歩けば、着物の裾裁きも美しく見えますよ。
 
■袂に気を付ける
洋服とは異なり、着物には袂があります。普段から着物に着慣れていないと、この袂の扱いに困ることがあります。だからこそ、着物を着て柄杓などを構える位置、建水を引く位置を自然と覚えることが大切です。その積み重ねこそ、美しいお点前への近道なのです。
 
■膝頭を押さえる
棗や茶杓などを片手に持ったまま、体の向きを変える時、必ずもう片方の手で膝頭を押さえます。これは、回っているに着物がはだけないようにするためのものです。かといって、着物の端を引っ張るようなことはしません。
 
■懐中する(客)
懐には体に近い方から、懐紙、古帛紗、帛紗の順番に重ねます。この時、帛紗などが見えすぎるのは美しくありませんので、帛紗や懐紙の角が少し見える程度まで、懐の中に入れます。また、扇子は体の左脇の近く、帯にまっすく差します。ただし、骨の部分か時紙の部分のどちらかが正面を向きます。
 
■帛紗を腰につける(亭主、手前)
亭主の証である帛紗は、扇子を差した位置、左脇のちかく、手前中、無理せず帛紗を外せる位置に帯揚げも含めて、帛紗の角を差し込みます。この時、できるだけ帛紗の底辺が帯と水になるように心がけます。

和装アイテムなら着物通販サイト! 【世田谷区、練馬区なら即日発送可能】

72a06c6f648b49c868ba61d14827de0d_s和装ファッション…着物が好きな日本人の方は大勢いらっしゃいます。ですが、
 
「なかなか着物を着る機会がない」
 
「着物は高いから、なかなか買えない」
 
「着物の着方がわからない」
 
等のお悩みで着物を着て楽しむ機会が少ないのが現状です。
 
ですが、最近は着物を気軽に購入することが出来る着物の通販サイトが増え、インターネット検索をしたら、たくさん見かけるようになりました。
 
この着物通販サイトでは、ご家庭のタンスに眠っている着物の買い取りをして、着物を着たいと思われている方々に販売する流れになっているところがほとんどです。
こうして買い取られた着物は、リサイクル着物となり、気軽に購入して、着ることが出来る着物として最近人気が高まっています。
 
 
通販サイトを見てみますと、着物各種類は勿論、帯や小物も様々な種類が豊富にそろっています。
例えば、振袖。商品リンクにアクセスしてみますと、いろんなサイズや色柄の振袖が多数揃っています。具体的には華やかな色と古典的な柄のものからシックなデザインのものまでいろいろあり、成人式は勿論、華やかなパーティーや結婚式の披露宴まで正装として着ることが出来ます。
 
 
訪問着・付け下げにも、様々な色や柄の着物が多数展示しており、年齢によって着やすい色柄ものを探し出す楽しさがあります。その際、改まった場所でのパーティーや初釜などの大きな茶会などに出席するとき、どんな着物が自分に合うのか?など、着ていく機会のことを考慮して購入を考えてみると良いと思います。
 
 
また、小紋や紬のようにちょっとした外出着をお考えのときにも、着物の通販ショップは探しやすいのではないかと思います。というのも、通販サイトの中には、有名作家が手掛けた小紋や、伝統文化財としての紬があり、それらは大変価値が高いものです。ですが、タンスの中にしまっているまま、買い取られて通販サイトに売りに出されているものがあります。そうした中で、これは、と思うものが見つかる可能性も十分にあります。
 
 
普段着としての着物の購入をお考えでしたら、リサイクル着物の通販サイトが1番お勧めできます。
その理由は、普段に着る絣またはウール、化繊などの洗える着物、小紋や紬などの着物が
ご自身で仕立てるより、かなりの安価で取扱があるからです。
また、踊りを趣味にされている方などの、踊り用のお着物などもたくさんございます。
その中で、サイズが自分に合っているものを、選んでいく楽しさは格別です。7953511476ff14abba397e4c4945de4c_s
 
 
帯や小物なども思わないほどの良い買い物が出来ることも、通販サイトならではの楽しみです。
選んだ着物に合わせて帯や小物を選んで購入しようとする際、帯にも、とても良い品物が売りに出されていることがあります。礼装用の袋帯や普段用の名古屋帯、半幅帯など、また、帯揚げや長襦袢など、とてもお買い得の値段がついていることがありますので、見逃さないようにチェックしてください。
 
しかし、やはり気を付けていきたい点が数点あります。
・シミはどんな状態か?
・しつけ糸がついている状態の物も少なくないが、シワがよっていないか?
・時々はタンスからだして虫干しをして、状態が悪くなっていないか?
・数年経っているものが多いので、色褪せしていないか?染め直しは必要なのか?
・着るために購入をお考えの場合、着ることに問題のない品なのか?状態がおもったよりよくなくて、カバンなどのリメイクに使用した方がよいのか?
・帯や正装用のカバンなどは錦糸などのほつれがなく、状態は悪くないか?
 
など、サイトの横や商品説明の下にある状態のランクをよく見ていかないと、
「思ったより良くなくて着ることが出来なかった」
という残念な結果にならないように、リンクをよく見ること、また、サイトの運営会社に問い合わせていくことなど細部まで確認してから、ご納得の上購入するように心がけてください。
 
 
このように、着物の通販サイトには、行って見てみる呉服店とは違い幅広い品ぞろえの中から好きな商品を探し出して購入できる楽しさがあります。7ddf17a2551d3834dd97108cdc2fe9cf_s
当店では、正装用から普段着向き、帯や小物まで多数ご用意しておりますので、ぜひご覧ください。
 
【当店でのお買い物はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/

リサイクル着物が良い理由 【中野区、渋谷区なら即日発送可能】

昭和初期までに作られた着物をアンティーク着物と呼ぶのにに対して、戦後に作られた着物のことをリサイクル着物といいます。
ほとんど着ることもなくタンスの中で眠っていた着物や、数回しか着ないのにシミが出来てしまった着物など
日本人がもつ「もったいない」と言う気持ちを大切にして、もう一度よみがえらせた着物です。
アンティーク着物のような骨董的価値はありませんが、価格は手頃で手に入りやすいお着物です。
着物初心者の方も始めやすく、種類も豊富ですので見ているだけでもきっと楽しめると思います。
 
【リサイクル着物錦屋トップページ】
http://www.nishikiya-kimono.com/