着こなし

シンプルなのにオシャレな「江戸小紋」

初めての着物におすすめされることが多い「小紋」

ですが、着物初心者さんでなくても、小紋の魅力にはまってしまう着物ファンの方はとっても多いのです。着物デビューにおすすめなのは全体の柄の入った「総柄」の小紋ですが、着物ツウに人気なのは「江戸小紋」と呼ばれる柄です。

江戸小紋とは、とても細かい柄の型染めで遠くから見ると無地に見える柄です。
色無地と同じ感覚で装える、一般的な総柄の小紋よりも控えめで品のある着こなしを楽しむことができますし、一つ紋を入れると紋付の色無地と同格になります。柄が細かいほどよいとされており、一枚持っておくと大変重宝する着物です。

「無地に見えるのに、実はとってもオシャレ」

そんな日本人らしい粋な着物の楽しみ方が味わえる、素敵な着物です。

リサイクル着物錦屋で江戸小紋を探す

周りに差が付く!冬の着物コーデに欠かせないアイテム

冬の着物のおしゃれといえば、羽織やコートの重ね着コーディネートですが
羽織やコートをただ着るだけなく、さらにおしゃれな楽しみ方があるのをご存知ですか?

ズバリ、冬の着物のコーディネートを楽しむら、「羽織紐」にもこだわるべきです!

胸元で羽織の衿をとめるためのアイテムで、中古の着物ショップなどにも多く販売されています。
定番の平たい紐状のタイプはもちろんですが、革製の羽織紐や、珊瑚や真珠などで作られたものまであり、デザインも素材も様々で、実はとってもおしゃれを楽しめるアイテムなのです。

当店にはデザイン・素材ともに様々な羽織紐がありますので、羽織をお買い求めと同時に、羽織紐も選んでみてはいかがですか?

リサイクル着物錦屋で羽織紐を探す

お茶会のマナー

せっかくのお茶会のお誘い、着物のマナーが分からないと行きにくいですよね。
要点さえ押さえておけば、楽しいお茶会デビューができますよ。

まず悩むのが、お茶会に着ることができる着物。
・格の高い初釜、利休忌などの茶会では、色留袖、訪問着、染抜きの一ツ紋か三ツ紋の色無地、振袖に古典柄の袋帯を合わせましょう。

・月釜、初釜、親しい方との茶会では、訪問着、附下、色無地、染抜きの一ツ紋、縫い三ツ紋か一ツ紋の江戸小紋に古典柄の帯を合わせましょう。

・お稽古やカジュアルなイベントの茶会では、小紋、紬の普段着でも大丈夫です。紋を入れる場合は、一ツ紋にしましょう。帯は、名古屋帯やおしゃれ袋帯などが良いでしょう。

着物の一番おすすめの柄は無地。次に落ち着いた花柄です。花柄の場合は、季節感に注意してくださいね。

次に気になるのが、お茶会での着物の着方。
・半衿は白にして、衿を抜きすぎないように気を付けましょう。
・帯はお太鼓結びなど、コンパクトにしましょう。茶室は狭くなっているので、大きいと邪魔になってしまいます。
・帯の位置は低めにしましょう。お茶会では、扇子、袱紗、懐紙などを胸元や帯に挟みます。低めだと出し入れがしやすくなります。
・着物の着丈は短めに。くるぶしが隠れる程度に短くきつければ、裾を踏まず動きやすくなります。
・替えの足袋を用意しましょう。足袋は必ず白の無地を履きます。清潔にして茶室に入りましょう。
・帯留や指輪、腕時計などのアクセサリーはNG。お茶のお道具を傷つけてしまします。
・髪型はコンパクトにしましょう。茶室の入り口は小さく作っているため、茶室に入る際に邪魔になってしまいます。
・ハンカチを用意しておきましょう。茶室に入る前に手を清めることがあります。茶室にはバッグなどを持ち込めないので、袖のたもとに入れておきましょう。

一見、難しいマナーと思いやすいですが、少し気を付けるだけで素敵なお茶会になります。

長襦袢の正しい選び方

長襦袢を選ぶとき、まず持っておきたいのは白の長襦袢です。
白の長襦袢は、すべての着物に合い、黒留袖や色留袖、喪服などの正装の際には必要となるのでおすすめです。ただし、喪服を着用する際の長襦袢の地紋に、吉祥文様などのおめでたい柄を合わせないようにしてください。

着物姿にこだわりたい方には、訪問着や附下、小紋などの着物に白を合わせるのは物足りないのではないでしょうか。

訪問着や付け下げ、紋付きの着物、江戸小紋などのセミフォーマルの着物には、淡い色の長襦袢がおすすめです。ぼかしが入っているとよりオシャレになります。

小紋や紬などの普段着るカジュアル着物には、決まりがありません。自分の好きな色や柄を着物に合わせて着こなせば、着物上級者に近づけますね。

リサイクル着物の場合、振袖や喪服、男性着物、子どもの七五三の着物には、すでに着物に合ったサイズの長襦袢がセットになっている商品が多数あります。長襦袢のサイズがなかなか見つからない場合は、リサイクル、中古品を狙ってみるのもおすすめです。

重ね着を楽しむ、秋冬の着物コーデ

秋冬のファッションで、よく聞く言葉に「重ね着」というワードがあります。
これは和服も同じで、秋冬の寒い季節には着物の上に羽織やコートを着て、春夏には楽しめないおしゃれを楽しむことができます。

重ね着の前に、まず前提として着物・長襦袢・羽織・コートなどは全て「袷」のものを選びます。
正絹素材の着物であれば、重ねて着るとより暖かくなり、快適に過ごすことができます。羽織やコートなどの上着類は、ウールなどのあったか素材を選ぶとよいでしょう。
さらに、衿元が寒いときにはショールやマフラーで防寒します。ショールやマフラーは着物用でなくとも、コーディネートに合うものであれば、普段お使いのものを使うことができます。

そもそも、羽織とコートの違いとは?

羽織は洋服で言うとカーディガンのようなアイテムです。そのため、屋内でもそのまま着ていてOKです。
それに対してコートは洋服で言うとアウター。玄関先や入口で脱いでから屋内に入ります。
ですので、羽織の上にコートを着てもよく、まさに重ね着のおしゃれが楽しめるというわけです。

近年は呉服店等での羽織の扱いは少なく、店頭で気に入ったアイテムを見つけるのは難しくなってきています。
レトロな風合いやアンティーク調のデザインの羽織・コートをお探しなら、通販がおすすめ。中古品でも状態のよい美品・良品が数多く残っていますし、何より新品よりもかなり安いです。
リサイクル着物錦屋なら秋冬の着物コーディネートを楽しめる羽織・コート類を多数販売しておりますので、ぜひご覧ください。

冬の着物コーデを楽しむ中古の羽織はこちら
冬の着物コーデを楽しむ中古の和装コートはこちら

もう恥をかかない!着物での「正しい椅子の座り方」

結婚披露宴やパーティ、式典などのフォーマルシーンでは、椅子に座っている時間が長くなりがちです。
そんな時に、間違った座り方をしていると疲れてしまったり、姿勢が悪くなって着物が着崩れてしまうことがあります。
着物を着た時の座り方マナーをしっかりと心得ておきましょう。

【着物を着た時の、正しい座り方】
・両足を床に付けた状態で椅子に深く腰掛け、肩の力を抜いて、背筋をまっすぐ伸ばす。
・膝をそろえる。
・指先をそろえて、太ももの上に。
・かかとを床につけ、つま先をそろえる。
・バッグの置き場がない場合は、自分と背もたれの間に置く。

反対に、やってはいけない座り方があります。

【着物を着た時の、NGな座り方】
・浅く腰掛けて、背もたれによりかかる。⇒帯がつぶれてしまいます。
・足を組む。⇒着崩れの原因になります。

正しい座り方マナーをマスターして、恥ずかしい思いをすることなく、大切な一日を安心して過ごしたいものですね。

1,000円で買える帯締めで、コーデのマンネリを打破!

着物コーデに飽きたら、帯締めを変えるのがおすすめ。

普段から和服のおしゃれを楽しんでいる着物ファンの方ならば、自分の中での定番コーディネートが決まっているのではないでしょうか?
着物と帯の組み合わせがパターン化していたり、雰囲気を変えたい時はバッグや髪飾り、お化粧を変えるだけ、など。
着物や帯を購入して新しいコーディネートを考えるのももちろん楽しいですが、頻繁に購入できるほど安価なものばかりでもありませんよね。

そんな時に、簡単にコーディネート全体の雰囲気を変えて、気分を上げてくれるおすすめアイテムが「帯締め」
着物を着た際に体の中央に位置する帯締めは、小さいながらもコーデ全体の印象を変えてくれます。着物と帯が同じでも、帯締めを変えるだけで全く違う着こなしに見えることもあるくらい、重要なアイテムといえます。

リサイクル着物錦屋では、たったの1,000円(税別)で人気の帯締めを購入することができます!
お買い得なプチプラアイテムですが、正絹の帯締めや、夏用の帯締め、フォーマル用の帯締めなどバリエーションも豊富です。
今のコーデに飽きてきたら、まずは帯締めを変えてみるといいかもしれませんね。

特集ページ:1000円ぽっきりの帯締めでおしゃれに差がつく

小紋の着こなしに悩んだら、「総柄」を選ぶ

和服の定番といえば、小紋。
リサイクル着物錦屋の中古のレディース着物の中でもトップクラスの商品点数がある人気のジャンルですが、柄の入り方により種類があるのはご存知でしょうか?
その中でも一押しなのは「総柄」の小紋です。総柄とは、小紋の端から端まで全体に、上下方向関係なく柄が描かれているものをいいます。
着こなしに難しいテクニックは不要で、総柄小紋なら着るだけでぐっとおしゃれに見えるはず。
総柄の小紋は、小紋の中でも人気が高いため気になるデザインがあれば、早めの購入をおすすめします。

特集ページでは、総柄小紋と名古屋帯のコーディネートのコツやおすすめアイテムもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

特集ページ:着物初心者も!上級者も!一発でコーデがきまる総柄小紋

帯選びの新常識!帯で“着痩せ”

中古のリサイクルショップで名古屋帯を購入するときには、名古屋仕立ての名古屋帯がおすすめ!

普段着~フォーマルまで、様々な場面で着用する機会の多い名古屋帯。
名古屋帯を選ぶなら、着やせ効果が期待できる「名古屋仕立て」の名古屋帯がおすすめです。
名古屋仕立てとは、名古屋帯の一般的な仕立て方で、胴に巻く部分から手先までが、はじめから半分に折られている名古屋帯のことを指します。
着付けた際に余分な厚みが出ず、胴回りがすっきりと見えるため、着やせ効果が期待できるのです。
また、名古屋仕立ては名古屋帯の中でもメジャーな仕立て方ですので、着付けに慣れていない初心者さんでも簡単に着付けが出来ますし、デザインも豊富ですので好みの帯を見つけやすいというメリットもあります。
帯選びの際に、仕立ての種類をチェックしてみるとよいかもしれませんね。

特集ページ:「名古屋仕立て」の名古屋帯には着痩せ効果を期待できる

リサイクル着物を通販で買うのことが楽しい理由

着物や帯を買う時には、ご自分の好みというのがあるので、今までに持っている着物や帯と、どこか似たようなものを購入しがちですし、想像するコーディネートも同じような雰囲気になりがちです。

それでも、いざ通販で購入してお手元に届いてみると、想定外の新しいコーディネートの組み合わせを発見し、「今度あそこに行くときに、この新しいコーデで行ってみよう」と気分が盛り上がったりするものです。

新品の着物や帯ですと、やはりお値段も高く、気軽な感じで使いにくいので、新しいコーデを発見しても、なかなか試すことはできません。その点、リサイクル着物やリサイクル帯ですと、比較的お安く、どんどん新しいコーディネートを試すこともできます。

通販で購入した着物や帯、和装小物がお手元に届いて、新しいコーデの組み合わせを発見し、それを気軽に試すことができるのは、リサイクル着物の通販の醍醐味といえるでしょう。

今まで使いにく箪笥のしまいこんでいた着物や帯をおしゃれに着こなすこともできたり・・・・。写真で見ているだけはなく、実際に買ってみて、手持ちのものと合わせて新しいコーディネートを発見する喜びは、おしゃれの大きな楽しみの1つですね。