柄について

季節で楽しみたい着物の色柄の選び方

せっかく着物を着るなら、四季に合わせて楽しみたいですよね。
着物の色や柄を意識して選んでみましょう。

■春におすすめの着物の色柄
春は桜や桃、牡丹など華やかな柄がおすすめです。色はパステルカラーなどの柔らかい色やピンクがいいでしょう。桜の時期が過ぎたら、緑色系統を取り入れてみてください。

■夏におすすめの着物の色柄
5月くらいから、夏を感じさせる装いに変えていきましょう。
夏の花である、紫陽花や朝顔柄、柳などがおすすめです。また、トンボや雪輪を選ぶのも粋です。色は涼しさを与える水色などの寒色がいいでしょう。モノトーンも凛とした雰囲気がでます。

■秋におすすめの着物の色柄
お彼岸を過ぎたら秋を感じさせる装いに変えていきましょう。
秋は紅葉や桔梗などがおすすめです。色は落ち着いた赤や茶色などで温かみを感じさせます。

■冬におすすめの着物の色柄
冬ははっきりとした着こなしをしてみましょう。
柄は菊、松竹梅などの柄がおすすめです。色は華やかな色が雪景色に映えていいでしょう。

着物の柄を選ぶときには、季節感も大切に、実際の季節より1か月先取りするのがおすすめです。また、幾何学柄などは遊び心があり、自分らしさを楽しめます。

リサイクル着物錦屋では、色、柄からも着物を選ぶことができます。
中古着物ならではの豊富な着物の中から、自分好みを探してください。

喪・略喪に向く着物の地紋・帯の模様 【仙台市なら、即日発送可能】

喪の装いに向く着物の地紋は、慶弔両方に使えるものを選んでおくと、さまざまな場に着用できます。
きものの地紋(慶弔両用)
■波立涌文・・・波状の線が向かい合い、対照的に繰り返される優美な地紋は、格調高い有職文様のひとつです。
■有職菱文・・・上品な模様として着物や帯に多用されています。飽きのこない柄として礼装に用いられます。
■葡萄唐草文様・・・正倉院文様のひとつとされている地紋。葡萄の蔦を唐草文の主軸とし実と葉を配した模様です。
 
帯の模様
■梵字文・・・梵字文は仏教に由来しています。簡素で優美なこの文字模様は、略喪の帯としてよく用いられています。
■雲と源氏香が表された意匠・・・略喪の装いにふさわしい上品な落ち着いた模様です。
■蓮華文・・・蓮と波が具象的に表された、喪専用の模様として多く用いられています。
喪専用の帯の模様は蓮華(蓮)、梵字、般若心経、夢字などがよいでしょう。紗綾形、雲、流水などは慶弔両方に使えます。

動物文様について2 【港区、中央区なら即日発送可能】

鳳凰(ほうおう)は、龍、亀、麒麟と共に古代中国では、めでたい時に現れる天の使いとされてきました。
意外と知られていないことですが、『鳳凰』の『鳳』はオス、『凰』はメスを意味します。
この点で日本人として馴染みがあるのが『鶴』です。
鶴は、一羽の相手と一生を過ごすことから黒留袖や花嫁さんの着物の柄などに多く使われています。
鳳凰も鶴も凛とした姿で、相手と生涯を共にする愛と平和の象徴なんですね。
 

動物文様について 【港区、中央区なら即日発送可能】

日本で動物などの生き物が文様として本格的に用いられたのは、飛鳥・奈良時代と言われています。
中国から伝わったとされる龍や鳳凰、麒麟、亀などは吉祥文様として工芸品などに使われたのが始まりとされ、日本では中国の影響を受けながらも、植物などの文様と組み合わせて独自の動物文様を生み出してきました。
動物文様には、鳥類や魚介類なども含まれ、動きのある愛らしいスタイルが多く存在します。代表的なものに、鶴、亀、鳳凰、鴛鴦(おしどり)、トンボ、蝶、千鳥、兎、龍などがあります。
季節の草花のみならず、動物文様にもそれぞれの季節感や意味が含まれているので、その辺りにも目を向けながら着物選びをすると、さらに楽しくなりますよ。

縁起物の扇柄 【港区、中央区なら即日発送可能】

広げると末広がりになることから、縁起物として扱われる『扇』。一年を通じて使うことのできる通年柄です。
その形のイメージから『末広』とも呼ばれています。
福を招いたり、悪いものを遠ざけるとされる扇にあやかり、着物や帯でもよく使われています。身近な生活の道具であった扇子の文様は、開いたり閉じたり、半開きにしたり…と、様々な形で描かれています。
扇文様には、能などで使われる形をした『扇面(せんめん)』や、平安時代の貴族が装身具として使っていた『檜扇(ひおうぎ)』などがあり、どれも華やかです。

雲の文様について 【港区、中央区なら即日発送可能】

現代的な文様使いで、度々登場する『雲』の文様。一年を通じて使うことのできる通年柄です。
千変万化する雲の形に吉凶の意味を託す、ということが古くから行われていました。
雲は、めぐみの雨などを降らせ、その日の天候を左右する神秘的な存在として古来より様々なかたちで表現されてきました。中国では雲からすべてのものが作られたとされ、空に漂う雲を吉祥とみなしました。その流れをくんで日本でも着物の柄にとどまらず、多くの美術品などに使われています。鶴などの鳥と合わせて描かれることも多いです。また、白生地の地紋としても好まれています。

割付文様とは 【千代田区、新宿区なら即日発送可能】

割付模様(わりつけもんよう)とは、一個の文様を規則的に繰り返して配置した文様の構成法のことで、縦や横に割る事の出来る模様です。
分かりやすく端正な図柄が特徴で雲取りや裂取りなどの中にもよく用いられ、錦織や絣織物、染物などに昔から使われています。
▼割付模様の種類・・・麻の葉、鱗、石畳(市松)、網目、立涌、七宝
 
割付文様を単独で使う場合と、部分的に使われる場合があります。また、季節の草花や動物などの文様と組み合わせて使うことにより、どちらの文様の持ち味も活かした深みのある上品さを演出します。

市松模様とは 【千代田区、新宿区なら即日発送可能】

市松模様(いちまつもよう)とは、色の異なった四角形を交互に並べた割付(わりつけ)模様のことをいいます。
石畳(いしだたみ)文、霰(あられ)文とも呼ばれていますが、江戸時代に活躍した上方の役者である佐野川市松が用いて大流行したことから市松模様(いちまつもよう)とも呼ばれるようになりました。
着物や帯、和装小物、アクセサリー、履物(はきもの)などの柄に幅広く用いられています。
季節を問わず一年を通じて使うことができる定番の柄ですので、市松模様の着物、帯、小物などをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
大きい四角形の市松模様は大胆に華やかに、小さく細かな市松模様は控えめに上品に。
また、色によっても印象は大きく変わります。模様の大きさ、色の組み合わせで様々なおしゃれを楽しむことができる市松模様。
いつもの装いに加えて楽しんでみてはいかがでしょうか。