夏着物

夏着物のお手入れについて 【江戸川区なら、即日発送可能】

■汗ジミのお手入れ方法
夏は汗をかきやすい季節ですが、着物に汗は大敵です。汗ジミの古くなったものは、どんな技術を使っても、どんな薬品を使っても、とれないことが多いと聞きます。そのため、汗をかいたら、その日のうちにお手入れすることを心掛けていきましょう。着物を脱いだ後、まずは、脱脂綿にたっぷりと水を含ませ、裏からタオルをあてて、強くたたき出すようにすると取ることができます。アンモニアをほんの少量混ぜると効果的ではありますが、アンモニアには、脱色作用もあるので、注意が必要です。
■脱いだ後のお手入れ方法
夏着物に限らず、外出先から帰り、着物を脱いだら、なるべくすぐに衣紋掛けに吊るし、風通しの良い場所で一時間を目安に陰干しをし、着物に残っている、体温や湿気を抜くことが大事です。夏は特に汗をかき、外気の湿気も高いので、習慣づけてすると良いでしょう。陰干しをしながら、着物に付着した汚れを確認しましょう。やはり、一番汚れが気になるところは、衿元です。衿の汚れは、大体が、ファンデーションや白粉類ですので、ベンジンを含めた真綿で軽くたたき出すようにすると、簡単に取れます。裾に関しては、やわらかいブラシやビロード地のものを布目にそって軽くあて、埃を取り除きます。油のような汚れがある場合は、タオルを下にあて、ベンジンで取り除きます。これらより、ひどい汚れは、専門のクリーニング業者に依頼する方が安心です。
■雨に濡れた着物のお手入れ方法
まずは、衣紋掛けにかけ、一晩ゆっくりと乾燥させましょう。次に泥はねや汚れを確認し、取り除いておきます。湿気を含んでいるため、型くずれをしたり、折りスジがわからなくなったりすることもあるので、アイロンで手入れをしておくとよいでしょう。たとう紙にもすぐにはしまわず、もう一度風通しのよいところに吊るしてからしまう方がおすすめです。
ひと手間ひと手間が着物を長持ちすることに繋がります。
 

浴衣の語源、生地について 【江戸川区なら、即日発送可能】

浴衣(ゆかた)とは、湯帷子(ゆかたびら)の略語であり、かたびらとは、裏地をつけない、一重の衣服のことをいいます。よく銭湯や温泉で浴衣を着用しているのを見かけますよね。現在は、色柄が豊富ですが、当初は、白地または、無地のものを着用したまま、風呂に入っていたそうです。それが、銭湯への行き来の着用着となり、今日のようになったといわれています。素材には麻を使用しており、江戸時代には木綿地が主流となりました。別名、中形(ちゅうがた)とも呼ばれています。これは、文様の大きさが小紋や大紋と比較すると、中くらいであることから、そのようにいわれています。
浴衣の生地には、次のようなものがあります。
《コーマ地》高度に精練された、品質のよいコーマ糸を用い、織られたもので、糸にむらが少ないため、生地には光沢があり、吸湿性に優れています。
《リップル》木綿・化繊などが用いられ、生地の表面に凹凸を作ります。洗濯しても縮まず、しわが目立ちにくいので、子供用の浴衣などに多く使用されています。
《岡木綿》栃木県真岡で主に生産されていたため、真岡木綿と呼ばれるようになりました。今では、愛知県の知多半島周辺で織られています。標準の品を桜判といい、上質な生地を特岡と呼ぶそうです。
他にも、綿紅梅、綿縮、綿絽、などがあります。
湯上りにはもちろんのこと、現在では、花火大会や様々なイベントで幅広い年代の方に浴衣が愛用されています。着物よりも手頃な価格で手に入りますので、シチュエーションによって使いわけても良いですね。
 

夏の着物について 【江戸川区なら、即日発送可能】

暑い夏でも着用できる着物の種類について説明いたします。まず絽の着物です。絽とは、絽目の違いにより、ヨコに目を通した横絽と、タテに通した堅絽(たてろ)に分けられます。タテ糸とヨコ糸を交互に絡み合わせて組織するのが平絽といい、駒撚りに糸で織り上げた絽を駒絽といいます。駒絽は平絽より、しっかりとした手触りで、現在の絽の多くがこれにあたります。附下、小紋、色無地、留袖、喪服、振袖など、絽の着物にも袷同様に様々なものがあります。
他に、紗(しゃ)、紅梅(こうばい)、縮(ちぢみ)、羅(ら)、小千谷縮(おぢやちぢみ)、などがあります。
紗は、平安時代の夏の装束として使用されていたといわれ、絽は紗の技術を応用して、作り出されたものだそうです。駒撚糸を使用して織られたものを駒紗といい、紗の中では主流となっています。光線の加減で、模様が現れる特性が非常に素敵で夏着物ならではの楽しみがあります。
紅梅は、平織りの地に所々、太い糸を織り込み、ヨコだけに配したもの、タテヨコともに配したものなどがあります。
縮は、強い撚りをかけた糸を使用し、織り上げられたもののことをいいます。この生地を天然繊維から混じりものを取り除く、精練という工程を通すことにより、糸の撚りが戻り、生地がちぢみ、表面にシボができるのです。縮緬と縮の違いですが、縮緬はそもそも、ちぢみのなまりであり、生地の表面が縮んだ形に仕上げることをいいます。現在では、絹のもの→ちりめん、綿や麻のもの→ちぢみといわれています。縮には、「小千谷縮」「能登上布」「宮古上布」が知られています。
日本の夏は湿気もあり、とても蒸し暑いですが、涼やかな着物を着て出掛けるものいいですよね。