振袖

中古のフォーマル着物を上手に買う方法

普段から着物に慣れ親しんでいない人が着物を着る場面といえば、結婚式・披露宴やパーティ、成人式、七五三、入学式・卒業式などフォーマルな場面がほとんどだと思います。
フォーマル用の着物といえば訪問着、黒留袖、色留袖、付下げ、振袖などがありますが、どれも呉服店などで購入するとかなり高価なお着物です。
たまにしか着ないフォーマル着物ですから、新品で購入するよりも、リサイクルショップなどの中古着物から探すのがオススメ!
中古のフォーマル着物をおすすめする理由は、そもそも着る回数が少ないアイテムなので、状態が良いまま残っている場合も多く、とってもお買い得に購入することができるからです。
表地も裏地も汚れのない美品もありますが、おすすめは裏地が少し汚れていても上前や袖などの目立つ部分に汚れがない着物です。見えない部分に汚れがあるだけなのに、非常に安価になっている場合も多く、リーズナブルにフォーマル着物を買うことができるかもしれません。
リサイクル着物錦屋では商品の状態をランク付けしており、状態ごとにアイテムを検索することができます。また、着物だけでなく、訪問着や振袖、黒留袖に合わせられる袋帯も、美品・良品も数多くございます。
着物と帯のコーディネートが分からない場合も、お気軽にリサイクル着物錦屋にお問い合わせくださいませ。

振袖の着こなし【江戸川区なら、即日発送可能】

袖丈の長い振袖は、未婚女性にとって最も改まった装いです。袖が長いほど格が高く、足元まである大振袖は花嫁衣装などにも用いられます。本来は五つ紋をつけるのですが、現代では三つ紋や一つ紋、無紋でも問題ありません。生地は綸子や緞子、縮緬などで、友禅や絞り染め、紅型などの華やかな模様を。より華やかにする場合には箔や刺繍をほどこします。若いうちははっきりとした鮮やかな色を、20代後半なら柄が小ぶりで落ち着いた色を選ぶとよいでしょう。帯は変わりふくら雀や立て矢などの結びに向く全通柄の袋帯が理想的です。
 
■半衿・・・白の塩瀬の他に、淡い地色や刺繍や箔をほどこしたものも。
■伊達衿・・・ポイントとなる差し色の重ね衿。着物や帯を引き立てる華やかな色を選びましょう。
■帯揚げ・・・はっきりとした色の総絞りのものを選びます。ふっくらと合わせましょう。
■帯締め・・・平組の幅広または丸組で金銀を用いたボリュームのあるものを。
■帯・・・若いうちは振袖ならではの変わり結びで華やかに。
■長襦袢・・・振りから見える長襦袢は、着物に合わせた華やかなものを選びます。
■バッグ・・・草履とおそろいのものや、金銀をあしらった若々しいものを。
■草履・・・金銀に赤や白をあしらい、台と鼻緒が同色のかかとの高いものを。

体型別!振袖の選び方のポイント 【世田谷区なら、即日発送可能】

成人式や結婚披露宴、謝恩会などで着ることのある振袖。なかなか着る機会のないものだからこそ、しっかりと似合うものを選びたいですね。
身長や体型別に色柄選びのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。
 
■身長が高く、ふくよかな方
着物の地色は淡い色よりも、引き締まって見える濃い色がおすすめです。柄は大きく、前身頃いっぱいに連続した柄や斜め使いの柄などが非常に似合います。また、鶴や亀、花紋、流水、雲など動きのある模様も高い身長を活かすことができます。
■身長が高く、スマートな方
柔らかい印象を出すために、淡い暖色系の色がおすすめです。身長を活かして、横広がりの柄や大胆な飛び柄を選んでみるのもよいですね。市松風や上下で地色を区切ったものなど、シンプルで粋な感じを出すと印象も変わります。
■身長が低く、ふくよかな方
健康的で明るい色がおすすめ。色白の人は明るく優しい色がよいでしょう。柄は小さめの総模様や斜め上に伸びるよな立ち柄が似合います。
■身長が低く、スマートな方
ハッキリとした濃い色や目立つ色で存在感を出すのがおすすめ。総柄で華やかなものを選びましょう。柄の大きさに変化があると、なお豪華に見えておすすめです。

本振袖・中振袖とは 【台東区、墨田区なら即日発送可能】

本振袖は、未婚女性の第一礼装の着物です。
大振袖とも言われており、結婚式での花嫁のお色直しや公式の席での晴れ着として着用されています。華やかで豪華、格調高い印象が本振袖の特徴で、吉祥模様に刺繍、絞り、金箔、銀箔などを使用した絵羽付け総模様となっています。
生地は、紋綸子、緞子などの重量感のある地紋起しのあるものが使用されます。また、裾回しが表地と共布で引き返しになっています。
袖丈は二尺八寸(106cm)以上あり、三尺(113cm)とくるぶしまで届く長い袖です。
帯は第一礼装としても核に合わせ、丸帯、袋帯、綴れの袋帯などを合わせます。
 
次に中振袖は本振袖に次ぐ、未婚女性の盛装です。本振袖ほど仰々しくなく、決まり事なども少なくなっているので、成人式、卒業式、結婚披露宴、パーティなど幅広く着用することができます。
柄行きは古典調子のシックなものから、現代風の洋花を描いたもの、斬新な抽象柄まで多彩な感覚が付けられています。
生地は、一越縮緬、紋綸子、紋意匠、紋緞子などが使われ、絵羽付け模様は手書き、型友禅、絞り、箔使いなど多彩な加工方法が用いられています。
袖丈は着る人の身丈に合わせることになりますが二尺七寸(102cm)から二尺八寸(106cm)が一般的です。
中振袖は結婚すれば着られないように思われていますが、袖を短くして訪問着として、振袖のままでも二重太鼓を結べば結婚後も着られます。
このように振袖の持つ優雅さは、ミセスが来ても魅力のあるものです。大事なことは着る人に似合うかどうか、その場の雰囲気に似合うかどうかということです。

結婚式に振袖は何歳まで大丈夫? 【足立区、荒川区なら即日発送可能】

振袖は元々は独身女性の大切な儀式に着る祝い着とされています。
しかし最近は30代・40代のシングル女性もたくさん着られています。
ただ、年齢と共に派手な色や柄は控えてご着用される方が増えているのではないかと思います。
振袖にこだわらないのであれば、訪問着や色留袖をお召しになる、というのもいいですね。
華やかな振袖か、上品で落ち着いた色留袖、訪問着か…どちらにしても
大切な記念の日を素敵なお着物でお祝いしたいですね。