単衣

着物の種類 【世田谷区、練馬区なら即日発送可能】

着物は大まかに分けると、「袷(あわせ)」「単衣(ひとえ)」「盛夏(せいか)」に分類されます。今日は単衣についてお話するのですが、その前にそれぞれの特徴、着用する時期などご紹介していきますね。
まず、それぞれいつ着用すればいいのか。
大まかに説明すると、暑い時期は盛夏、寒い時期、涼しい時期は袷、そして単衣はその間の季節が変わるころの初夏と初秋に着用します。今回ご紹介する単衣は6月と9月に着るものです。しかし最近は温暖化により昔よりも暖かくなっていますので、5月頃から着てもよいとされているそうです。ですが、正式な席では6月というのがマナーになっているそうです。これから暖かくなってくるので単衣の着物を早めにチェックしておきたいですね。
どうして種類が分けられているのか。
それはいたってシンプルな理由で「暑い時期は涼しく、寒い時期はは温かく過ごすため」です。また、それに加え「その時期ごとの季節感を表現することでお洒落を楽しむ」というのも大きな理由だと思います。
では、それぞれの違いとは一体なんなんでしょうか?
簡単に言うと、生地と仕立て方が違います。
■袷
透けない生地に裏地を付けて仕立てたもの。
一年を通して着る時期がもっとも多いので、お持ちの方が多いと思います。桜やもみじのような季節感のある柄の着物や帯でお洒落を楽しむことができます。
■単衣
透けない生地に裏地を付けず仕立てたもの。
袷と単衣の違いは裏地があるかないか、です。単衣の着物は袷の着物に比べると、生地に張りがあります。これは単衣には裏地が付いておらず、肌に直接触れることが多いため、少し汗をかいても肌に張りつかず快適に過ごすためです。着用する時期は短いですが、過ごしやすい気候なのでお洒落を楽しむにはもってこいの時期とも言えますね。
■盛夏
透ける生地を裏地を付けずに仕立てたもの。
生地が絽(ろ)や紗(しゃ)、麻といった透け感のある素材になります。着物や帯などの全ての生地に透け感があり、涼しげな印象を与えることができますし、着ている自分もとても涼しいです。夏に着物を着るのは暑い…と遠慮がちになってしまいますが、盛夏は快適に過ごすことができますよ。
 
hitoe
 
 
 
 
では、ここからは単衣の着物のお洒落なコーディネートをさらにグレードアップする、小物選びについてのお話を。
単衣といっても6月と9月では選ぶ小物も変わります。長襦袢、帯、半衿、帯揚げ、帯締めを選ぶコツをご紹介します。
■長襦袢
6月は絽の生地を選びます。単衣の着物と同じ仕立て方で「単衣仕立て」といいます。
9月は絽の生地は使いません。長襦袢用の生地を「単衣仕立て」にするか「袷仕立て」にするかを選びます。
■帯
6月は夏に向けて暑くなってくるので、涼しげな印象のある軽い素材を選びます。6月の終わり頃になると夏帯を締めてもお洒落でいいと思います。
9月は落ち着いた色味で、いろんな着物と合わせやすい帯がいいでしょう。
■半衿
6月は長襦袢に絽の半衿をつけます。透け感がありとても涼しげに見えます。季節感がぐっと増すので、ぜひ取り入れてほしいです。
9月はつるっとした生地の「塩瀬(しおぜ)」や「ちりめん」の半衿を用います。半衿の素材としてはとてもメジャーなものなのでデザインが非常に豊富です。お洒落を幅広く楽しむことができます。
■帯揚げ・帯締め
6月は清涼感のある絽の帯揚げに、レース編みの帯締めを締めると夏らしく涼しげな印象を与えることができますよ。
9月の帯揚げはちりめん素材のものが非常に多く、帯締めの種類も豊富です。様々な組み合わせでお洒落を楽しみましょう。
単衣って着る時期が短いし、あんまり気にしていなかったわ…という方は、ぜひ単衣着物のコーディネートを楽しんでみて頂きたいと思います。季節感のある着物は着ている自分もわくわくしますので、お洒落を楽しんでくださいね。

おしゃれな単衣着物 【足立区、荒川区なら即日発送可能】

8aced71b20f580f6b5407575ab12d089_s
単衣(ひとえ)とは、透けない反物に裏地をつけないで身につける着物のことを言います。7月、8月に着る絽や紗といった透き通る夏の着物ではなく、6月と9月の初夏、初秋に着る着物のことを言います。
一般的に、透けない生地に裏地を付けた袷(あわせ)は10月から5月までの秋・冬・春の時期に、単衣は6月と9月、7月と8月は夏物というように、着物の生地を替えて着るように決められています。
ですが、同じ日本でも北から南までは季節の変わり目が違っていますし、ここ数年来の地球の温暖化によって4月下旬から5月くらいにはもう初夏のように汗ばむほど暑くなってくることもあります。
そうなってくると、4,5月では袷を着る季節となっていますが、暑さのせいで着物を着ることが難しいと思われる方もいらっしゃると思います。
ですが、ここ最近は季節に堅くとらわれることなく、「春や秋でも暑いときには単衣を着ますよ」とおっしゃるように、5月や10月でも単衣を着られるおしゃれ上手な方も増えてきました。やはり、形式にとらわれず、身体に無理をせずにその日によって着物の生地をかえていくことも着物を楽しく着こなすポイントにもなるのだと思います。
ここで、単衣の着る季節やおしゃれに着こなすポイントを上げていきたいと思います。
単衣は6月と9月にきるものですが、袷から単衣に変わると着心地が軽くかつ快適になります。単衣は、袷の生地と同じものですが、裏地をつけないで仕立てたものです。逆にいえば、袷か単衣か悩む時期にあまりこだわらずに着ることができると考えられても、おしゃれの幅が広がってくるのではないかと思います。
その点、着物に季節感がない柄でも、袷や単衣でも違和感はありません。ですから、5月や10月のころ、あるいは会場によって単衣か袷かを決めることができやすくなります。
結婚式や茶会などの改まった場所に関しても、単衣をうまく着こなすチャンスになります。季節感のある柄をここで選んでいきます。例えば、春の単衣ではあやめの花を、また秋の単衣では9月の秋草(桔梗や撫子、萩など)をモチーフにした柄にしていくと季節のおしゃれを楽しめますし、刺繍や抽象的な柄の単衣は季節を問わない着こなしとなって、5月の汗ばむ時でも気にせず着ることができます。
それに、単衣は裏地がついていないので、少し汗ばむ季節でも肌離れがいいので不快感に悩むことなく、快適に着ることができます。
とくに5月や10月などは催し物が多いので体に無理をすることなく着物を着ることができるので、単衣をうまく着こなしていきたいものです。
しかしながら、単衣は持っている枚数が限られているのが現状です。そこで、着物の着まわし術について取り上げてみます。
着物は帯や半衿、帯締めなどの合わせ方で雰囲気をかなり変えることができます。同じ単衣の季節でも、6月と9月では季節の移り変わりが違ってきますので色合いも変えていくことがポイントになります。
6月はこれから暑い夏に向かっていくので、夏向きの小物を使って清涼感を出していきます。
例えば、帯や帯締めは白系、クリーム色、薄緑色などを中心としたさわやかな初夏の雰囲気を出していきます。
逆に9月では秋が深まっていくので秋物を使ってきつけていきます。色合いとしては、着物の色にもよりますが、茶系統や濃紺、紫など寒色系の秋冬向きの帯や帯締め、小物を使って、移ろう季節を表していきます。31dce9b837bcc719a9ba4a3058a587ca_s
このように、単衣といってもTPOを臨機応変にして着こなすことのできるおしゃれな着物ということが分かります。ですが、着物をあまり持たない現代社会ではたくさん着る機会がないため持っている枚数も少ないです。
だからこそ、単衣の持つ良さを理解して、汗ばむ季節の着こなしを小物や柄で工夫して楽しんでいき、フォーマル、カジュアル問わずに楽しんできていきたいものです。

単衣を着用する時期 【杉並区、練馬区なら即日発送可能】

bb2eef963f855979602c0434f4e64771_s単衣の着物とは、夏の初め(6月)と秋の初め(9月)頃に着る着物のことです。
具体的には、着物は反物から仕立てていきますが、仕立てる際に裏地をつけるのが、袷(あわせ)の着物で、裏地をつけないのが単衣の着物になります。裏地が無いので、胴長や八掛もついていません。
そこで座ったときに体型が目立つので、それを目立たないように、居敷当(いしきあて)という生地を付けることもあるようです。単衣に向いている生地は裏地が付かないので、張りのあるしっかりとした生地をお勧めします。
夏の着物とは少し時期や生地が異なり、7・8月の暑い時期には麻や紗(しゃ)や絽(ろ)の涼し気な着物を着ます。
 
とは言っても、四季や暑さ寒さがはっきりと分かれていた昔とは違い、今は地球温暖化が進んでいますので、単衣を着る時期も6月と9月にこだわらず、5月や10月に入っても着る機会が増えているようです。特に着物は季節を少し先取りした着こなしがおしゃれになりますので、逆に楽しんで着ることが出来ます。
単衣を選んで着る際、季節にあまり関係ない柄を選んでいくと、フォーマルな場所でも袷・単衣関係なく着ることが出来ますので大変重宝します。
 
3af2db5ad9fd1e6f86ad01f79106e0df_s
単衣の着物の着るポイントですが、6月(夏の初め)と9月(夏の終わり)なので、季節が柄や色、小物使いに色々工夫をすることが大切です。
暑い時期に向かう着物と秋に向かう時期の着物の違いは以下のようになります。
 
※6月ごろの装い方(春単衣)
 
長襦袢の生地は絽になります。袖口は衣を折り返して縫っているので「単衣仕立て」と呼びます。
帯は、夏に向かっていくので見た目が爽やかな素材の物を選びます。色は優しくて爽やかな感じのものを選んで締めます。
6月の終わりごろは、もう夏に入る時期なので夏の帯も合います。
首元を演出する半襟ですが、この時期は長襦袢に絽の半衿を付けます。
絽は通気性が良く、涼しげな感じが魅力です。着物の首元や襟足から覗く半衿におしゃれ感を加えると、爽やかな印象が深まります。
帯揚げと帯締めは清涼感を感じさせる絽やレース編みのものを使ってみます。
 
※9月ごろの装い方(秋単衣)
9月は、秋を意識した着こなし方になります。
長襦袢ですが、6月とは違って絽の長襦袢ではなく、生地を「単衣仕立て」か「袷仕立て」にするかの違いになります。時期やその日の天気などで変わっていきます。
「袷仕立て」の場合、生地は2枚を合わせて縫っています。
帯ですが、麻のようなざっくりとした素材に、秋らしいぽってりとした見た目の帯がお勧めです。
こうした帯は、落ち着いた色合いが多く、着物を問わず合わせやすいのが特徴です。
 
半襟は、生地がつるつるとした「塩瀬(しおぜ)」や、絞りの風合いがいい「ちりめん」を使用します。この2種類の半襟は、人気の素材としてよく使われています。
柄も、刺繍ものや色柄が豊富で、デザインにバリエーションがあります。その為、いろんなおしゃれが楽しめます。
9月の帯揚げの素材はちりめんが多いです。また、帯締めも夏から秋へと変わる時期の為、色柄が豊富にあります。
こうした色とりどりの組み合わせで、きものや帯との合わせ方もありますので、9月は、夏から秋のバリエーションに富んだ着こなしを楽しむことが出来ます。
 
 
単衣を着るタイミングですが、その時々の暑さに合わせて着ることが無理の無い着方だと思います。決まりに捉われて暑さに悩みながら着物を着ても辛くなります。
但し、結婚式や茶会など決まりのある場所では、時期のルールに沿った着こなしが無難ですので気を付けてください。
足袋は、季節にとらわれることなく木綿の足袋を履いても構いません。
 
時期の微妙な違いがありますが、季節による装い方の工夫ができます。その日の暑さに応じて単衣の着物を着て袷の帯を締めるということも着こなしの一つです。
フォーマルには向きませんが、江戸小紋もいざという時、着回しが効く着物ですので1枚持っておくと大変便利です。30343fa152710c0f50a6d91edef6d945_s
 
単衣の着物には、時期を考えながら着る難しさがありますが、袷や単衣などその時々で工夫してその時期のお洒落を楽しんで着たいものです。
当店では、単衣の着物も多数ご用意しております。季節を楽しめる着物を色々お探しになってみてください。