付下げ

付下げの柄に迷ったら「花柄」で決まり

着物の中でも、訪問着と付下げは比べられることが多く、その違いについても着物初心者の方には難しいのではないかと思います。
裾や衿元の柄が裁ち目にまたがっているかどうか、というのが簡単な見分け方ではあるのですが、裾模様だけ絵羽になっているものなどもあり、訪問着と付下げの境界線は年々、曖昧になってきていると感じます。

当店では、裾模様が絵羽になっていても、衿元の柄が裁ち目をまたいでいない着物は「付下げ」と分類しております。
訪問着よりも柄付けが控えめなものが多く、「ちょっとよそ行き」に最適なお着物です。
小紋・付下げ・訪問着を比べると、「小紋<付下げ<訪問着」の順で、小紋が最もカジュアルなコーディネート向きになります。

そんな付け下げの中でも、種類が多く人気なのは「花柄」
どんな場面にも使いやすい定番の柄ですし、中古の着物でも取り扱いが比較的多い柄ですので、初めての付下げに花柄はベストです。

どんな柄の付下げにしようか、コーディネートに悩んだら、まずは花柄の付下げをチェック!

特集ページ:付下の柄で悩んだら花柄を選ぶのが正解

付下げこそ、リサイクルで買うべき理由

付け下げは、「付下げ」とも、「附下」とも書きます。付け下げは一般的に、訪問着よりも柄が少なく、衿と肩の模様、裾の柄の模様がつながっていないません。

ただ、付け下げ訪問着と呼ばれるものもあって、付け下げ訪問着とは、訪問着の柄ゆきに近い付け下げのことを言います。

付け下げは、戦争中に、訪問着の売買等が禁止され、付け下げが代用品として定着し、その後、略礼装として普及していきました。

付け下げは準礼装として着用できますが、名古屋帯を合わせることにより、カジュアルに着こなして、外出用のよそゆきの着物としても着用できます。

格の高いお茶席でなく、一般的なお茶会などでしたら、付け下げは非常に使いやすい着物といえます。

そんな使い勝手のいい付下は、何着か持っておくとTPOに合わせて重宝され、リサイクルの付け下げは新品よりもリーズナブルなのでバリエーションを揃えるには特におすすめです。

リサイクル着物錦屋に、たくさんの付下げがありますので、是非ご覧ください。

中古のフォーマル着物を上手に買う方法

普段から着物に慣れ親しんでいない人が着物を着る場面といえば、結婚式・披露宴やパーティ、成人式、七五三、入学式・卒業式などフォーマルな場面がほとんどだと思います。
フォーマル用の着物といえば訪問着、黒留袖、色留袖、付下げ、振袖などがありますが、どれも呉服店などで購入するとかなり高価なお着物です。
たまにしか着ないフォーマル着物ですから、新品で購入するよりも、リサイクルショップなどの中古着物から探すのがオススメ!
中古のフォーマル着物をおすすめする理由は、そもそも着る回数が少ないアイテムなので、状態が良いまま残っている場合も多く、とってもお買い得に購入することができるからです。
表地も裏地も汚れのない美品もありますが、おすすめは裏地が少し汚れていても上前や袖などの目立つ部分に汚れがない着物です。見えない部分に汚れがあるだけなのに、非常に安価になっている場合も多く、リーズナブルにフォーマル着物を買うことができるかもしれません。
リサイクル着物錦屋では商品の状態をランク付けしており、状態ごとにアイテムを検索することができます。また、着物だけでなく、訪問着や振袖、黒留袖に合わせられる袋帯も、美品・良品も数多くございます。
着物と帯のコーディネートが分からない場合も、お気軽にリサイクル着物錦屋にお問い合わせくださいませ。

茶席での着物の種類その2【姫路市なら、即日発送可能】

■訪問着
訪問着は、女性の着物の格として、留袖の次に格が高いと言われています。訪問着の大きな特徴は、絵羽模様と言って裾の部分の柄が前から後ろにつながるような柄行きになっていることです。また、襟から上前の胸の部分の柄と左袖のの柄がつながるように仕立ててあります。右袖に柄の入っているものもあります。
しかし、柄やその量によっては衿、胸、袖にかけての柄がつながるものばかりではありません。購入の際の目安としては、仮絵羽(仮仕立て)にして販売されているものは訪問着だと言われています。
特に訪問着には華やかな柄が多いので、初茶会やおめでたい趣向、地区大会などの大きなお茶会などに向いています。また、茶席以外でも披露宴やパーティに着て行くことも楽しみですね。
留袖と振袖以外はミス・ミセスの区別はなく、取り合わせる小物にも約束事はありませんので、取り合わせる物も約束事はありませんので、着物とのコーディネートをお気軽に楽しむことができます。あくまでも上品にまとまるようにしましょう。
 
■付下げ
訪問着の次に格の高い付下げ。近年では付下げの種類が多くなってきており、一概には区切れませんが、伝統的な柄であれば紋をつけて格を上げ、ややくだけた柄であれば紋を付けず、お稽古などに着るのがよいでしょう。
元は上前を中心にした軽い柄で、付下げの柄行きは、襟に柄がなく、上前の胸の柄と左袖の柄が連続していないもの、とされています。
しかし、次第に華やかな柄のものが出てきて、附下訪問着と呼ばれるものが多くなっています。これは、肩・裾に模様が多く、上前の衽脇縫い、背縫いにわたって模型が連続しています。市場では訪問着のように仮絵羽ではなく、 反物で市販されているので、それを目安とするとよいでしょう。一般的には、訪問着より柄がおとなしいものが多く、きれいさびの着物と言うことができ、お茶席にはふさわしい装いですし、紋がついていればだいたいのお茶会に向きます。

付下げとは 【台東区、墨田区なら即日発送可能】

付下げとは、未婚既婚を問わずに着用できる着物で、準礼装に近く訪問着とほぼ同格とされています。紋を入れると格が上がり、街着としてはふさわしくなくなりますので、ご友人の結婚式や披露宴、パーティ、クラス会、観劇、お茶会、他家への訪問などの正式な場や少し改まった場所へ出かける際に着用します。お子様の入学式や卒業式の付き添いにもよいですね。
また、柄付けが簡単なものは重たい印象もなく街着としても着ることができますよ。
 
付下げは反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたものをいいます。付下げと訪問着の見た目は非常に似ています。もともとは裁ち目に柄が渡らない付下げの方が訪問着よりも簡単なものだとされていましたが、現在ではどちらにもほとんど差はありません。
 
付下げの柄付けに付下げ小紋というものがあります。これは、小紋柄を染め上げたもので、小紋と付下げが合体したようなものです。格は小紋と同格になりますので、どちらかというとカジュアル寄りな着方をする着物になります。
また、上前の「おくみ線」で柄をつなげた着物を、付下げ訪問着といいます。こちらは訪問着に近い位置づけの着物です。
 
柄や帯によって幅広いシーンで着ることができるのが付下げの魅力です。いろいろなコーディネートを楽しみましょう。

訪問着と付下げの違いは? 【足立区、荒川区なら即日発送可能】

訪問着と付下げの違い、皆様ご存知でしょうか?
何となく分かるような分からないような…そんな感じで選んだことはありませんか?
訪問着と付下げの見分け方についてご説明します。
 
まずは着物を広げます。
訪問着の場合は、着物が一枚のキャンバスのように絵柄が大きく描かれています。縫い目に柄がかかっており、柄がすべて繋がっています。
 
一方付下げは、柄が縫い目にかからないようになっており、飛び柄であったり小さくまとめられた柄が描かれていることが多いです。訪問着のように大胆な裾模様にならないのです。
 
 
次に着用シーンですが、付下げは訪問着よりやや軽い格となりますので、訪問着とは着用する場所も異なってきます。
付下げはパーティやちょっとした集まり、観劇などの訪問着を着て行くと少々大仰な時など、幅広い場面で着ることができます。