浴衣

浴衣の上手な洗い方 【江戸川区なら、即日発送可能】

まずは、脱いだ後、体温が抜けるまで衣紋掛けに吊るし、風を通しておきます。汗ジミが付着した部分は、水にアンモニアをほんの少量混ぜた液を霧噴器などで軽くかけておくと良いでしょう。何回か浴衣を着用し、汚れたら、丸洗いをします。その際、型くずれを防止するために衿と袖の先端を糸とじすることです。たっぷり入る容器に水を入れ、浴衣全体を水に浸し、中性洗剤でふり洗いをし、汚れの目立つ部分は板にのせ、洗剤をつけたブラシを布目にそって、軽くあてます。十分にすすぎを済ませてから、型をくずさないようきっちりたたみ、上から押しつけ、水分を可能な限り絞り出し、陰干しをして乾かします。なお、絞りの浴衣は丸洗いできませんので、ドライクリーニングや専門の業者に出しましょう。藍染めや、草木染めのものは洗剤を使用しますと、化学変化を起こすことがあるので、使用しないよう注意してください。
大体の方がタンスに浴衣や着物をしまわれていると思います。タンスは、そもそも湿気を防ぐためにあるので、中のものを湿らせないようにしなければなりません。新築家屋などでは、壁面に湿気が残っていることがありますので、壁から少し離して、風が通るように配置するようにしてください。よく晴れた日や、風が通る日には、タンスの引き出しを開き、換気すると良いです。防湿剤をいれるのも良いです。防虫剤と一緒に使用しても問題ないので、安心して使用できます。
近年、既製品の浴衣が多くなってきました。既製品のほとんどに洗濯表示のタグがついていますので、表示に従ってお手入れをするのも良いでしょう。

浴衣の語源、生地について 【江戸川区なら、即日発送可能】

浴衣(ゆかた)とは、湯帷子(ゆかたびら)の略語であり、かたびらとは、裏地をつけない、一重の衣服のことをいいます。よく銭湯や温泉で浴衣を着用しているのを見かけますよね。現在は、色柄が豊富ですが、当初は、白地または、無地のものを着用したまま、風呂に入っていたそうです。それが、銭湯への行き来の着用着となり、今日のようになったといわれています。素材には麻を使用しており、江戸時代には木綿地が主流となりました。別名、中形(ちゅうがた)とも呼ばれています。これは、文様の大きさが小紋や大紋と比較すると、中くらいであることから、そのようにいわれています。
浴衣の生地には、次のようなものがあります。
《コーマ地》高度に精練された、品質のよいコーマ糸を用い、織られたもので、糸にむらが少ないため、生地には光沢があり、吸湿性に優れています。
《リップル》木綿・化繊などが用いられ、生地の表面に凹凸を作ります。洗濯しても縮まず、しわが目立ちにくいので、子供用の浴衣などに多く使用されています。
《岡木綿》栃木県真岡で主に生産されていたため、真岡木綿と呼ばれるようになりました。今では、愛知県の知多半島周辺で織られています。標準の品を桜判といい、上質な生地を特岡と呼ぶそうです。
他にも、綿紅梅、綿縮、綿絽、などがあります。
湯上りにはもちろんのこと、現在では、花火大会や様々なイベントで幅広い年代の方に浴衣が愛用されています。着物よりも手頃な価格で手に入りますので、シチュエーションによって使いわけても良いですね。