着物用語集

着物用語集『ろ』『わ』【大田区なら、即日発送可能】

『ろ』
■絽(ろ)・・・紗の技術が進んだもので、夏の着物や夏袴、長襦袢のほか、芯を入れて仕立てる帯にも使われる。
■ろうけつ・・・生地に蝋型をつけて染める。蝋が乾燥して亀裂が生じたところに色が付き、それが柄となる。付下げ、小紋、帯地、浴衣地につかわれ、近頃は型紙を使って「ろうけつ感」を出すものも多い。
 
『わ』
■割付模様(わりつけもよう)・・・反物の幅にきちんと一つの柄を並べて表現する模様のこと。

着物用語集『り』【大田区なら、即日発送可能】

『り』
■力織機(りきしょっき)・・・水力、汽力、電力などを動力とする機械のこと。
■リップル・・・波型のでこぼこをつけたもの。婦人、子供の夏の服地に使用する。
■琉球絣(りゅうきゅうがすり)・・・沖縄で織られる絣模様。ヨコ絣で島や流水を図案化したものが主流。
■両面染め(りょうめんぞめ)・・・染着尺で表と裏の両方を染めたもの。柄は表と裏で同一柄を染める場合と、変えて染める場合がある。
■綸子(りんず)・・・後染めの絹織物。綸子織りの一種で、なめらかなツヤのあるのが特徴。紋織になったものもある。縮緬と組み合わせて模様の部分を綸子織りにしたものを綸子縮緬という。

着物用語集『ら』【大田区なら、即日発送可能】

『ら』
■羅(ら)・・・夏の帯地に多く見られるもので、経糸と横糸をからませながら、編むように織っていく。一見すると漁網のように見える。
■ラベル・・・生地などにつける貼り札のこと。
■ラミー糸・・・苧麻の糸。水に強く漁網生地に使用する。茎の皮の繊維が織物の原料となる。
■乱絣(らんがすり)・・・絣糸を不規則に配列して、不規則な絣模様を織ったもの。「散絣」ともいう。

着物用語集『よ』【大田区なら、即日発送可能】

『よ』
■楊柳(ようりゅう)・・・織物で縦の方向によろけた大きなシボ、しわの表れているもののことを言う。主に夏物に使う。
■緯絣(よこがすり)・・・横糸に絣糸を使い、横の方向に絣模様を表したもの。
■四つ身(よつみ)・・・8、9歳~13、15歳くらいの子供の着物で身丈の四倍の長さで身頃と衽をとることから四つ身という。
■米琉(よねりゅう)・・・山形県の米沢琉球絣の略称。

着物用語集『ゆ』【岡山市なら、即日発送可能】

『ゆ』
■結城紬(ゆうきつむぎ)・・・真綿から手紡ぎした紬糸で、やや太い糸を使用してあり色が全体に渋みがあるのが特徴である。手織り機の居坐機(いざりばた)で織るため、価格が高く高級品である。
■有職模様(ゆうそくもよう)・・・模様は古典的、伝統的な格調の高いもので現代の帯地や、着物時につけられている。すなわち模様は雲鶴、立涌、亀甲、幸菱などのその原形に詰め物をあしらったり、変化をつけたりしており、今でも模様の基本となっている。有職とは物知り、学者のことを言う。
■輸出羽二(ゆしゅつはぶたえ)・・・輸出用の広幅の羽二重のことを言う。近頃では輸出をしなくても小幅羽二重に対して広幅のものを総称していう。
■浴衣(ゆかた)・・・湯帷子(ゆかたびら)から転じて浴衣となったと言われるように昔、入浴には汗をとるために身にまとって蒸し風呂に入った単衣の衣服のことで、現在の浴衣は中形のこと木綿地で絞り柄、花柄、縞柄など一般的に派手な柄が多い。
■裄(ゆき)・・・着物の背縫いから肩先を通り、袖口(手首)までの長さ。
■湯通し(ゆとおし)・・・大島・結城紬などの生地を湯につけて、染料・組織を定着させること。
■湯熨斗(ゆのし)・・・蒸気の中に布地をくぐらせ幅出しやシミを伸ばすこと。

着物用語集『や』【岡山市なら、即日発送可能】

『や』
■矢絣(やがすり)・・・矢羽根を図案化した模様。矢羽根絣、矢筈絣、矢飛白とも呼ばれる。射た矢は戻ってこないことから、「出戻らない」という意味を込めて嫁入りの支度に矢絣柄の着物を持たせていたという。
■山繭織(やままゆおり)・・・野生の蚕を使用して織ったもの。染める場合は、白生地が黄色がかっているので染め上がりはややぼけたようになる。

着物用語集『も』【岡山市なら、即日発送可能】

『も』
■喪服(もふく)・・・紋付のことで、葬礼、法事に使用する。色は黒が常識で生地は羽二重か縮緬で五つ紋にする。
■紅絹(もみ)・・・裏地用の薄い赤地の平絹のこと。
■紋意匠(もんいしょう)・・・経糸に駒糸を使い、横糸を二重にして織ったもの。無地染物などに多い。
■紋御召(もんおめし)・・・紋織機で文様を織り出した御召。
■紋生地(もんきじ)・・・白生地に地紋柄を織り出したもので、紋縮緬、紋綸子、紋羽二重、縫い取り縮緬などの種類があります。柄染めには地紋と柄の調和、また、無地染めでは紋の部分に色調の変化が楽しめます。
■紋紗(もんしゃ)・・・夏物生地で、黒染か無地染めにして、夏羽織に主に用いる。
■紋付(もんつき)・・・一つ紋、三つ紋、五つ紋があり、着物としては大きな五つ紋が正式の紋である。紋の大きさは、女物→径1.9cm、男物→径2.8cmである。
■紋綸子(もんりんず)・・・総パレスとも言い、綸子織りで紋を出す。
■紋絽(もんろ)・・・絽に紋様を織ったもので盛夏用。

着物用語集『め』【岡山市なら、即日発送可能】

『め』
■銘仙(めいせん)・・・近頃は平織の大衆着尺を言う。呉服産地では群馬県、伊勢崎、夜具、丹前地は埼玉県秩父など。
■盲縞(めくらじま)・・・縦横ともに正藍染の糸を使った手織りの紺木綿で無地に織りあがる先染めの織物を粋に名付けたもの。
■目付(めつけ)・・・絹織物の精錬後の重さを匁(もんめ)で表すもの。同じ絹織物、例えば一越縮緬を例にとれば、目付の重たいものは使用されている絹の量が多いという点で高価となる。幅尺、尺一寸、長さ六丈単価として表示される。
■綿しじら(めんしじら)・・・絹織物の一首で、夏用の素材として使用されるもので、綿縮に似た肌触りを持ち、産地では徳島県の「泡しじら」が有名である。呉服の「サッカーと言われる生地がこの織り方。
■綿縮(めんちぢみ)・・・布地に波のようなシボをもった綿織物の総称。

着物用語集『む』【岡山市なら、即日発送可能】

『む』
■無線友禅(むせんゆうぜん)・・・手描き染めで糸目の糊を使わずに染める、ごく自然な染め方。
■無双(むそう)・・・表と裏とが続いた生地で仕立て上げたもの、羽織などは表生地と同じ生地を胴裏にする。
■無地染め(むじぞめ)・・・柄文様を染めないで、単彩一色に染めること。色無地、染め無地のことで、また地紋のある生地を一色に染める場合、濃淡が表れることがあるが、これも無地染めである。

着物用語集『み』【静岡市なら、即日発送可能】

『み』
■三浦絞り(みうらしぼり)・・・主に浴衣などに絞る方法のこと。
■身丈(みたけ)・・・身の丈のことで、着物の衿の付け根から裾までの背筋の長さ。女物はおは処理になる部分も含め、おはしょりをし、着た時の状態の長さを着丈という。
■道行(みちゆき)・・・コートの一種で、半コートとも言われ形は被布と同型、衿は細身で四角に開けたもの。生地は縮緬、綸子のほか、先染め生地を使用した紬、御召なども用いられる。
■三つ衿芯(みつえりしん)・・・長着の後ろ衿肩あきに入れる芯布。前身頃と衿肩あきとの厚さを同じにするために入れる。
■三つ身(みつみ)・・・三歳~五歳の子供の着物の名称。
■蜜蝋(みつろう)・・・ハチミツを採った後の巣を湯で煮て溶かし、浮き上がった油状のものをすくい取り冷水に入れ固まらせたもの。
■耳(みみ)・・・織物の両端のこと。両端にあり、生地とは別の織り方をした細かい部分を言う。
■身八つ口(みやつぐち)・・・着物の部分の名称の一つ。袖口のすぐ下の脇の開いている部分のこと。女物と子供物にだけつける。