お茶会のマナー

せっかくのお茶会のお誘い、着物のマナーが分からないと行きにくいですよね。
要点さえ押さえておけば、楽しいお茶会デビューができますよ。

まず悩むのが、お茶会に着ることができる着物。
・格の高い初釜、利休忌などの茶会では、色留袖、訪問着、染抜きの一ツ紋か三ツ紋の色無地、振袖に古典柄の袋帯を合わせましょう。

・月釜、初釜、親しい方との茶会では、訪問着、附下、色無地、染抜きの一ツ紋、縫い三ツ紋か一ツ紋の江戸小紋に古典柄の帯を合わせましょう。

・お稽古やカジュアルなイベントの茶会では、小紋、紬の普段着でも大丈夫です。紋を入れる場合は、一ツ紋にしましょう。帯は、名古屋帯やおしゃれ袋帯などが良いでしょう。

着物の一番おすすめの柄は無地。次に落ち着いた花柄です。花柄の場合は、季節感に注意してくださいね。

次に気になるのが、お茶会での着物の着方。
・半衿は白にして、衿を抜きすぎないように気を付けましょう。
・帯はお太鼓結びなど、コンパクトにしましょう。茶室は狭くなっているので、大きいと邪魔になってしまいます。
・帯の位置は低めにしましょう。お茶会では、扇子、袱紗、懐紙などを胸元や帯に挟みます。低めだと出し入れがしやすくなります。
・着物の着丈は短めに。くるぶしが隠れる程度に短くきつければ、裾を踏まず動きやすくなります。
・替えの足袋を用意しましょう。足袋は必ず白の無地を履きます。清潔にして茶室に入りましょう。
・帯留や指輪、腕時計などのアクセサリーはNG。お茶のお道具を傷つけてしまします。
・髪型はコンパクトにしましょう。茶室の入り口は小さく作っているため、茶室に入る際に邪魔になってしまいます。
・ハンカチを用意しておきましょう。茶室に入る前に手を清めることがあります。茶室にはバッグなどを持ち込めないので、袖のたもとに入れておきましょう。

一見、難しいマナーと思いやすいですが、少し気を付けるだけで素敵なお茶会になります。

付下げの柄に迷ったら「花柄」で決まり

着物の中でも、訪問着と付下げは比べられることが多く、その違いについても着物初心者の方には難しいのではないかと思います。
裾や衿元の柄が裁ち目にまたがっているかどうか、というのが簡単な見分け方ではあるのですが、裾模様だけ絵羽になっているものなどもあり、訪問着と付下げの境界線は年々、曖昧になってきていると感じます。

当店では、裾模様が絵羽になっていても、衿元の柄が裁ち目をまたいでいない着物は「付下げ」と分類しております。
訪問着よりも柄付けが控えめなものが多く、「ちょっとよそ行き」に最適なお着物です。
小紋・付下げ・訪問着を比べると、「小紋<付下げ<訪問着」の順で、小紋が最もカジュアルなコーディネート向きになります。

そんな付け下げの中でも、種類が多く人気なのは「花柄」
どんな場面にも使いやすい定番の柄ですし、中古の着物でも取り扱いが比較的多い柄ですので、初めての付下げに花柄はベストです。

どんな柄の付下げにしようか、コーディネートに悩んだら、まずは花柄の付下げをチェック!

特集ページ:付下の柄で悩んだら花柄を選ぶのが正解

紋の数で選ぶ、色無地

色無地とは、黒以外の一色で染められた無地の着物のことをいいます。
同色の裾ぼかしも色無地の一種と考えられています。素材は紋意匠縮緬や紋綸子など。

色無地は訪問着・付下げと小紋の間くらいの格で、着こなし方によりフォーマルにもカジュアルにも使える便利な着物です。
柄のない無地の着物ですから、紋が重要になってきます。

紋なしなら略礼装、普段着としてカジュアルな場面に着ることができます。軽すぎない名古屋帯から重い柄ではない袋帯まで様々な帯が合わせられますし、帯を変えるだけで雰囲気が一気に変わります。

改まった場に着ていくことが多いなら、一つ紋の色無地がオススメ。主役を引き立てるのも色無地の魅力ですから、控えめながら品格のある姿が喜ばれるはずです。

三つ紋なら準礼装となり紋無しの訪問着・付け下げよりも格調高くなります。

ご自身の用途に合わせて、着回しコーディネートを楽しんでみてくださいね。

リサイクル着物錦屋で中古の色無地を探す

長襦袢の正しい選び方

長襦袢を選ぶとき、まず持っておきたいのは白の長襦袢です。
白の長襦袢は、すべての着物に合い、黒留袖や色留袖、喪服などの正装の際には必要となるのでおすすめです。ただし、喪服を着用する際の長襦袢の地紋に、吉祥文様などのおめでたい柄を合わせないようにしてください。

着物姿にこだわりたい方には、訪問着や附下、小紋などの着物に白を合わせるのは物足りないのではないでしょうか。

訪問着や付け下げ、紋付きの着物、江戸小紋などのセミフォーマルの着物には、淡い色の長襦袢がおすすめです。ぼかしが入っているとよりオシャレになります。

小紋や紬などの普段着るカジュアル着物には、決まりがありません。自分の好きな色や柄を着物に合わせて着こなせば、着物上級者に近づけますね。

リサイクル着物の場合、振袖や喪服、男性着物、子どもの七五三の着物には、すでに着物に合ったサイズの長襦袢がセットになっている商品が多数あります。長襦袢のサイズがなかなか見つからない場合は、リサイクル、中古品を狙ってみるのもおすすめです。

重ね着を楽しむ、秋冬の着物コーデ

秋冬のファッションで、よく聞く言葉に「重ね着」というワードがあります。
これは和服も同じで、秋冬の寒い季節には着物の上に羽織やコートを着て、春夏には楽しめないおしゃれを楽しむことができます。

重ね着の前に、まず前提として着物・長襦袢・羽織・コートなどは全て「袷」のものを選びます。
正絹素材の着物であれば、重ねて着るとより暖かくなり、快適に過ごすことができます。羽織やコートなどの上着類は、ウールなどのあったか素材を選ぶとよいでしょう。
さらに、衿元が寒いときにはショールやマフラーで防寒します。ショールやマフラーは着物用でなくとも、コーディネートに合うものであれば、普段お使いのものを使うことができます。

そもそも、羽織とコートの違いとは?

羽織は洋服で言うとカーディガンのようなアイテムです。そのため、屋内でもそのまま着ていてOKです。
それに対してコートは洋服で言うとアウター。玄関先や入口で脱いでから屋内に入ります。
ですので、羽織の上にコートを着てもよく、まさに重ね着のおしゃれが楽しめるというわけです。

近年は呉服店等での羽織の扱いは少なく、店頭で気に入ったアイテムを見つけるのは難しくなってきています。
レトロな風合いやアンティーク調のデザインの羽織・コートをお探しなら、通販がおすすめ。中古品でも状態のよい美品・良品が数多く残っていますし、何より新品よりもかなり安いです。
リサイクル着物錦屋なら秋冬の着物コーディネートを楽しめる羽織・コート類を多数販売しておりますので、ぜひご覧ください。

冬の着物コーデを楽しむ中古の羽織はこちら
冬の着物コーデを楽しむ中古の和装コートはこちら

綺麗な着物姿は長襦袢から

長襦袢とは、「ながじゅばん」と読み、着物の下に着用する下着のようなものです。

長襦袢の裾を短くした「半襦袢」。半襦袢に別で裾よけを合わせて着る「二部式襦袢」。着物の生地を使い、袖の部分を長襦袢に似せた「うそつき襦袢」などがあります。
着物と同じように、季節に合わせた仕立て方があるので、季節に合ったものを選びましょう。

長襦袢を着る理由は、汗などで直接着物を汚さない。寒い時の保温。裾さばきを滑らかにする。着物の袖口や裾から見える隠れたオシャレなど。たくさんの用途があります。

長襦袢を購入したら、襟に半衿を縫い付けましょう。さらに、女性の長襦袢には、衣紋抜きを縫い付けると、襟元が詰まらず、程よくぬけた綺麗な着物姿を保てます。
リサイクルの長襦袢や中古の長襦袢には、すでに半衿や衣紋抜きが付いているものが多くあります。買ってすぐに着れるので、面倒な縫い付けが必要ないのでおすすめです。

長襦袢をお探しの方はこちら

お茶会デビュー

最近、お茶会への出席が増えてきて、着物がたくさん必要になったというお客様がいらっしゃいました。

お茶会にも、初釜、月釜、利休忌、、、また大寄席の茶会などもございます。それぞれの格式を考えて、色留袖や訪問着や色無地などを着用します。お稽古でしたら、小紋や紬などのカジュアルな普段着でもいいでしょう。帯も袋帯にするのか、名古屋帯でいいのかTPOを弁える必要があります

最初は、そういった難しさに頭を悩ませたりしますが、慣れてくると、少しずつ楽しさに変っていくものです。

まだ、お茶会などに参加されたことがない方がいらっしゃいましたら、市民茶会などからデビューされてはいかがでしょうか?

お茶会への出席が増えてきたという先のお客様は「お茶会って、要するに和風女子会よね。おしゃれができて楽しいわ」と仰っていたことが印象的でした。

紬の着物をおしゃれに着こなす

紬の着物を着るときに合わせたい帯は、金糸、銀糸の入っていないカジュアルな袋帯、織の名古屋帯、袋名古屋帯、半幅帯などです。

紬はカジュアルな普段着用の着物です。フォーマル用の袋帯を合わせるより、季節感のある太鼓柄の名古屋帯や半幅帯などがオススメです。

定番の着こなしは、シンプルな紬の着物に、個性的な帯。紬だからこそ、自分らしく好きな着方を楽しめます。
もし、コーディネートに悩んだら、白地の紅型の帯がおすすめ。落ち着いた色の紬のアクセントにすることで、華やかな着物姿になります。

中古の紬で着物を楽しむ

紬とは、おしゃれ着として着れる着物です。
例えば、普段着、外出着、同窓会、観劇、結婚式の二次会、友人との食事などで着ることができます。
注意する点は、紬の着物は、正式なお茶会やパーティーに着てはいけないということです。

紬の特徴は、生地がパリッとしていて着やすい着物です。また、軽くて丈夫なので、長く着ることができます。
最近では、洗える着物があり、お家で手軽にお手入れができる着物もあります。

紬の中には、高価なものもありますが、ほとんどが安く、着物の初心者の方が最初に購入しやすいのがいいですね。
特に、リサイクルの紬着物は、着物をはじめたい方におすすめです。色柄が豊富で、より安く買うことができるので、簡単にお気に入りを見つけることができます。

着物に慣れていない方は、まず好きな色、自分に合う色を見つけてみてください。

リサイクル紬着物をお探しの方はこちら

もう恥をかかない!着物での「正しい椅子の座り方」

結婚披露宴やパーティ、式典などのフォーマルシーンでは、椅子に座っている時間が長くなりがちです。
そんな時に、間違った座り方をしていると疲れてしまったり、姿勢が悪くなって着物が着崩れてしまうことがあります。
着物を着た時の座り方マナーをしっかりと心得ておきましょう。

【着物を着た時の、正しい座り方】
・両足を床に付けた状態で椅子に深く腰掛け、肩の力を抜いて、背筋をまっすぐ伸ばす。
・膝をそろえる。
・指先をそろえて、太ももの上に。
・かかとを床につけ、つま先をそろえる。
・バッグの置き場がない場合は、自分と背もたれの間に置く。

反対に、やってはいけない座り方があります。

【着物を着た時の、NGな座り方】
・浅く腰掛けて、背もたれによりかかる。⇒帯がつぶれてしまいます。
・足を組む。⇒着崩れの原因になります。

正しい座り方マナーをマスターして、恥ずかしい思いをすることなく、大切な一日を安心して過ごしたいものですね。