知識

人生の節目に着る着物その2【足立区なら、即日発送可能】

■お見合い・結納
きちんとした装いは好印象を与えます。見合い用の写真撮影なら振袖でも構いませんが、当日は華やかすぎる場合もあります。落ち着いた色柄の訪問着や付下げなどが向いているでしょう。結納の場合は本人が主役のおめでたい席ですから、華やかな訪問着や振袖を着用しましょう。
■嫁入り支度
かつては嫁入り支度として、様々な着物を準備したようです。ですが、最近は一部の地域を除いて簡略化されつつあります。時代や住宅の事情も変わってきていますので、タンスごと持ち込むような大掛かりな準備は必要ないのかもしれません。しかし、色無地や喪服など、ごく基本的なものだけでも揃えておくと、いざという時に慌てなくてすみます。
■結婚式
・本人の場合・・・神前結婚式では白無垢に綿帽子、または角隠しが人気が高いようですが、色打掛や綿を入れた裾を打掛のように引く黒の引き振袖も正式な衣装です。お色直しは人生最後の振袖もよいものですね。
・参列者の場合・・・親族や友人の結婚式に出席する場合、新郎新婦の母親、仲人夫人、既婚の姉妹など、ごく親しい親族は、既婚女性の第一礼装である染め抜き五つ紋つきの黒留袖を着ます。主賓格で招かれたら色留袖か訪問着を、それ以外の場合なら付下げか訪問着、色無地が一般的です。
■お葬式
地域によって違いがありますが、一般的には近親者は黒喪服に黒喪帯が基本です。袷は羽二重か縮緬地に染め抜きの日向五つ紋が正式。帯は地紋の繻子などの袋帯か名古屋帯を合わせ、帯揚げ、帯締め、草履などの小物も全て黒で揃えます。
■お通夜・法事
和装でお通夜に参列するにあたって、親族以外は喪主より控えめに略礼装で伺うのが正式です。色喪服に黒喪帯、あるいは黒喪服に色喪帯などがこれにあたります。法事も同じです。また、法事の売は回忌を重ねるごとに簡略化していきます。また、故人をしのぶ会なども略礼装程度にします。

人生の節目に着る着物その1【足立区なら、即日発送可能】

■産着
赤ちゃんが初めて着る着物。かつては生後3日目から袖のある産着を着せる風習もありました。白のネルやガーゼ製で、麻の葉の刺繍や背守りと呼ばれる飾りをつけることもあります。最近では、あまり産着を着せることはなく、お宮参りの祝い着を産着と呼ぶこともあります。
■お宮参り
地域によって異なりますが、男の子は生後32日目、女の子は31日目に行うのが一般的と言われています。「掛け着」と呼ばれる祝い着は、男の子は黒、紺、茶などの地色に勇壮な模様、女の子は赤やピンクに愛らしい模様のものが人気です。産着を着せた赤ちゃんを祖母が抱き、祝い着をかけて付紐を肩で結びます。
■七五三
子供の成長を祝う儀式で、三歳の女の子(男の子も祝う地域がある)、五歳の男の子、七歳の女の子が晴れ着を着て神社にお参りをします。三歳は、三つ身か四つ身の着物に兵児帯をして被布を、五歳は黒羽二重の着物に羽織袴、七歳は四つ身から本裁ちの振袖に中幅の袋帯で、肩上げ、腰上げをします。
■十三参り
数え年で十三歳の男女が、福徳、知恵などを授かるように神仏にお参りする行事。関西を中心に4月13日ころに行われることが多いです。自分の干支が最初に巡ってくる年の正月、誕生日など、よい日を選んでもかまいません。女の子は初めて大人と同じ本裁ちの着物を着る日とされています。友禅や紅型の小振袖などがよいです。
■成人式
大人の仲間入りをすることを祝う成人式に、未婚女性の第一礼装である振袖をそろえる人が多いようです。色や柄も様々ですので、好みに合ったものを選びましょう。振袖は、成人式だけでなく卒業式や謝恩会、友人の結婚式など、独身時代に改まった席へ出かける際の装いにぴったりです。
■卒業式
卒業する年齢によって成人式と前後しますが、近年、袴姿の人気が高まっています。明治から大正にかけての女学生の復活スタイルですので、足元は草履ではなく編み上げブーツを合わせてもレトロで可愛いですね。卒業式後の謝恩会に振袖を着る場合は、袴に合わせる着物も振袖にして構いません。