訪問着

結婚式での着物マナー

お茶会マナーに続き、今回は結婚式での着物マナーをご紹介します。

結婚式で、招待された方が着る着物は、振袖、訪問着、色留袖です。その中で、ゲストとして結婚式に行く場合、おすすめは訪問着です。

振袖や色留袖も着て行くことができます。
色留袖の三ツ紋・一ツ紋は、訪問着と同格になるので、着用しても大丈夫です。ですが、色留袖は親族と思われる可能性も高いので、悩んでいる場合は訪問着をおすすめします。
振袖も同じく、未婚女性であれば着用することができます。しかし、振袖は若い印象や新婦よりも華やかになってしまう場合もあるので控えた方が良いかもしれません。

訪問着を選ぶ際に注意する点
・黒は選ばない。
・花嫁と同じ色、目立つ色を選ばない。
・桜は「散る」ので、縁起が良くないため選ばない。
この3つを押さえておけば、ほとんどの地域で問題ありません。

訪問着にあわせて、結婚式でのヘアスタイルも悩みどころ……。
・ボリュームのある派手なヘアスタイルはNG。
落ち着いた訪問着なら夜会巻きのすっきりとした髪型、明るい訪問着なら編み込みなどで可愛い髪形もおすすめ。
・髪飾りは大きいもの、目立つもの、造花を使った髪飾りはNG。
小ぶりの簪や細工のあるバレッタなど落ち着いたものが良いでしょう。

リサイクル着物錦屋では、結婚式、披露宴におすすめの着物から帯まで豊富に揃っています。

訪問着をお探しの方はこちら

お茶会のマナー

せっかくのお茶会のお誘い、着物のマナーが分からないと行きにくいですよね。
要点さえ押さえておけば、楽しいお茶会デビューができますよ。

まず悩むのが、お茶会に着ることができる着物。
・格の高い初釜、利休忌などの茶会では、色留袖、訪問着、染抜きの一ツ紋か三ツ紋の色無地、振袖に古典柄の袋帯を合わせましょう。

・月釜、初釜、親しい方との茶会では、訪問着、附下、色無地、染抜きの一ツ紋、縫い三ツ紋か一ツ紋の江戸小紋に古典柄の帯を合わせましょう。

・お稽古やカジュアルなイベントの茶会では、小紋、紬の普段着でも大丈夫です。紋を入れる場合は、一ツ紋にしましょう。帯は、名古屋帯やおしゃれ袋帯などが良いでしょう。

着物の一番おすすめの柄は無地。次に落ち着いた花柄です。花柄の場合は、季節感に注意してくださいね。

次に気になるのが、お茶会での着物の着方。
・半衿は白にして、衿を抜きすぎないように気を付けましょう。
・帯はお太鼓結びなど、コンパクトにしましょう。茶室は狭くなっているので、大きいと邪魔になってしまいます。
・帯の位置は低めにしましょう。お茶会では、扇子、袱紗、懐紙などを胸元や帯に挟みます。低めだと出し入れがしやすくなります。
・着物の着丈は短めに。くるぶしが隠れる程度に短くきつければ、裾を踏まず動きやすくなります。
・替えの足袋を用意しましょう。足袋は必ず白の無地を履きます。清潔にして茶室に入りましょう。
・帯留や指輪、腕時計などのアクセサリーはNG。お茶のお道具を傷つけてしまします。
・髪型はコンパクトにしましょう。茶室の入り口は小さく作っているため、茶室に入る際に邪魔になってしまいます。
・ハンカチを用意しておきましょう。茶室に入る前に手を清めることがあります。茶室にはバッグなどを持ち込めないので、袖のたもとに入れておきましょう。

一見、難しいマナーと思いやすいですが、少し気を付けるだけで素敵なお茶会になります。

お茶会デビュー

最近、お茶会への出席が増えてきて、着物がたくさん必要になったというお客様がいらっしゃいました。

お茶会にも、初釜、月釜、利休忌、、、また大寄席の茶会などもございます。それぞれの格式を考えて、色留袖や訪問着や色無地などを着用します。お稽古でしたら、小紋や紬などのカジュアルな普段着でもいいでしょう。帯も袋帯にするのか、名古屋帯でいいのかTPOを弁える必要があります

最初は、そういった難しさに頭を悩ませたりしますが、慣れてくると、少しずつ楽しさに変っていくものです。

まだ、お茶会などに参加されたことがない方がいらっしゃいましたら、市民茶会などからデビューされてはいかがでしょうか?

お茶会への出席が増えてきたという先のお客様は「お茶会って、要するに和風女子会よね。おしゃれができて楽しいわ」と仰っていたことが印象的でした。

七五三でのママの着物とは?恥をかかないポイント

七五三といえば、子供の成長を祝う行事で、子供が主役であり、お父様、お母様にとっても晴れがましい日であります。

七五三では、ママの着物をどうするかが悩みどころだったりしますが、色無地や付け下げ、訪問着で問題ありません。小紋でもカジュアル色が強くなく、帯で何とかまとめることで、お子様とのバランスがとれればいいでしょう。

お持ちの着物で間に合えばいいのですが、着物の準備が難しいようあれば、この機会に新しく購入なさるのもいいかもしれませんね。

リサイクルの訪問着などもご検討ください。

子供の七五三はこちら

訪問着に合わせたい中古帯

訪問着に合わせる帯は、袋帯が一般的です。
最近はあまり出回っていませんが、フォーマルな丸帯も合わせられます。

帯の中にも格があり、仕立て方や柄の入れ方によって格が変わります。

フォーマルな場面では、訪問着に合わせる帯は、金糸や銀糸を織り込んだ錦織、厚みのある唐織の帯などを選ぶのがいいでしょう。また、柄の華やかさも大切です。

セミフォーマルの場面には、縮緬や友禅に染められた帯も、柄によっては訪問着と合わせても問題ありません。

お茶会、同窓会、観劇などのカジュアルな席の訪問着には、名古屋帯を合わせることで、カジュアルよりにすることができます。
ただし、お茶会の場所によっては、カジュアルすぎる柄を選ぶのはやめておきましょう。
また、ろうけつ染などは普段用のものなので、フォーマルな席で訪問着と合わせないように気をつけてください。

中古の袋帯はこちらから

中古の名古屋帯はこちらから

結婚式やお茶会など、用途に合った訪問着の選び方

フォーマルな席にお呼ばれしたけれど、どのような色柄の訪問着を着ればいいのか悩む方は多いですよね。
訪問着は、TPOにあった色と柄をしっかり確認しましょう。

■結婚披露宴、改まったパーティーなど
フォーマルな場面での訪問着の色柄は、大きいものや金彩の入った柄に、華やかで上品な色の訪問着を選ぶといいでしょう。

また、若い方は着物全体に柄があり、色合いの明るいもの、年齢を重ねた方は裾に柄が多く、色の落ち着いた訪問着がふさわしいです。

古典柄や吉祥柄などは、紫色のような濃い色の訪問着でも、フォーマルな席に着用できる場合もあります。

■お茶会、他家への訪問など
お茶会などの場合は、派手なものより、控えめで品のある色柄がいいでしょう。柄の小さい古典柄がおすすめです。

■入学式、卒業式、七五三など
入学式や卒業式、七五三などお子様が主役の場面では、控えめな色柄で上品な訪問着を選ぶのがいいでしょう。小物も訪問着に合わせて、主張しすぎないものにしましょう。

■同窓会、パーティー、観劇などのカジュアルな場面
カジュアルな席では、明るい色柄がおすすめです。
個性的な柄やかっこいい柄など遊び心のある訪問着でお洒落を楽しむのもいいですね。

■用途が決まっていない、着物を一着は持っていた方には
色柄が控えめな訪問着を購入するのがいいでしょう。

訪問着は、帯や帯締めなどの小物を変えるだけで、いろいろな行事で着用することができます。その場合は、季節を問わない柄を選んでおくといいでしょう。

リサイクル着物錦屋には、訪問着はもちろん、袋帯や帯締めなど、訪問着にコーディネートしやすい商品が豊富にそろっています。
中古着物屋だからこその価格に、それ以上の品質の商品は、訪問着を楽しく着こなしたい方におすすめです。

 

訪問着とは?訪問着を探すなら中古の着物が狙い目

着物の訪問着とは、未婚、既婚を問わず着られる、女性着物です。

訪問着は、華やかな着物です。
結婚披露宴、お見合い、お茶会、パーティー、他家への訪問、入学式や卒業式、七五三など、様々な場面で着用することができる着物です。

毎回、同じ訪問着だと恥ずかしい。しかし、何着も買うにはお値段が……。
リサイクル着物や中古の着物は、色柄が豊富に、普通に買った訪問着と変わらない見ばえのものが多くあります。また、値段も安いので、自分に合った訪問着を選ぶのもいいでしょう。

訪問着を探すときには、ぜひ色や柄に注目してください。

中古の訪問着をお探しならこちら

茶席での着物の種類その2【姫路市なら、即日発送可能】

■訪問着
訪問着は、女性の着物の格として、留袖の次に格が高いと言われています。訪問着の大きな特徴は、絵羽模様と言って裾の部分の柄が前から後ろにつながるような柄行きになっていることです。また、襟から上前の胸の部分の柄と左袖のの柄がつながるように仕立ててあります。右袖に柄の入っているものもあります。
しかし、柄やその量によっては衿、胸、袖にかけての柄がつながるものばかりではありません。購入の際の目安としては、仮絵羽(仮仕立て)にして販売されているものは訪問着だと言われています。
特に訪問着には華やかな柄が多いので、初茶会やおめでたい趣向、地区大会などの大きなお茶会などに向いています。また、茶席以外でも披露宴やパーティに着て行くことも楽しみですね。
留袖と振袖以外はミス・ミセスの区別はなく、取り合わせる小物にも約束事はありませんので、取り合わせる物も約束事はありませんので、着物とのコーディネートをお気軽に楽しむことができます。あくまでも上品にまとまるようにしましょう。
 
■付下げ
訪問着の次に格の高い付下げ。近年では付下げの種類が多くなってきており、一概には区切れませんが、伝統的な柄であれば紋をつけて格を上げ、ややくだけた柄であれば紋を付けず、お稽古などに着るのがよいでしょう。
元は上前を中心にした軽い柄で、付下げの柄行きは、襟に柄がなく、上前の胸の柄と左袖の柄が連続していないもの、とされています。
しかし、次第に華やかな柄のものが出てきて、附下訪問着と呼ばれるものが多くなっています。これは、肩・裾に模様が多く、上前の衽脇縫い、背縫いにわたって模型が連続しています。市場では訪問着のように仮絵羽ではなく、 反物で市販されているので、それを目安とするとよいでしょう。一般的には、訪問着より柄がおとなしいものが多く、きれいさびの着物と言うことができ、お茶席にはふさわしい装いですし、紋がついていればだいたいのお茶会に向きます。

訪問着の着付けに必要なもの~雨の日対策~【八王子市なら、即日発送可能】

■雨の日対策
雨の日の必需品は傘だけではありません。コートや履物、タオルや予備の足袋などを準備して、雨の日の着物姿も美しく楽しみましょう。
着物は洋服のように気軽に丸洗いすることができません。そのため、雨除けはもちろん、泥はね除けにもなる雨コートは、雨の日には欠かせないアイテムなのです。雨コートには、長コートと、上下に分かれる二部式のものがあります。二部式のものは丈が調節でき、雨上がりに下を外せば道行コートとして着られます。そのほかに、紳士用のように大きめの傘、雨下駄または草履用のカバー、予備の足袋、タオルも雨の日の必需品と言えるでしょう。
 
【泥はねやシミにご注意】
雨の日の外出で最も心配なのは泥はねです。足元の対策としては、まず予備の足袋を必ず持って出かけます。また、草履は布製ではなく革製のものを選んでカバーをかけて使いましょう。つま先のビニールカバーの他に、全体をすっぽりと包むレインシューズなども市販されています。また、最近はカラフルでおしゃれな雨下駄用の爪皮も多数販売されています。上手に使って、雨の日ならではの足元のおしゃれを楽しみましょう。
万が一、裾に泥はねがついてしまった場合は、濡れている時に手入れすると余計に汚れを広げてしまう恐れがあるので、完全に乾いてから手で軽くもむか、柔らかいブラシなどでこすって落としましょう。
【着終わった後の手入れ】
石鹸で奇麗に手を洗い、着物のほこりを軽く払ってハンガーにかけます。半日から一日、陰干しにして風を通します。帯や長襦袢、帯揚げ、帯締めなどの小物も同様にします。シミや汚れ、シワも点検し、適切な処置をしておきましょう。半衿は外し、洗ってアイロンをかけておきます。足袋、肌襦袢、裾除けも 洗っておきます。着物は畳んで、たとう紙に包み、タンスや衣装箱に収納します。
【取り出しやすい収納法】
着物をたとう紙に包んだ時に、上に着物の種類を書くのは一般的ですが、それでは箪笥に収納したとき、どの包みにどの着物が入っているか、一目で分かりませんよね。こんな不便を解決するのが、短冊です。短冊に書いて、手前に垂らしておけば迷うことはありません。