着物

雨でも着物を楽むためには?

着物を着て出かける日に雨が降ってしまったら、どうすればいいでしょうか?
お出掛けする日が晴れとは限りません。
「着物でお出かけしたい、どうしても着物を着なければいけない」
そんな日に安心して外出できる、雨の日対策についてのお話です。

まず、雨の日に最も影響を受けるのは足元です。
草履や足袋、着物の裾が雨に濡れてしまうのを防ぎましょう。

■ウレタン草履で雨なんて怖くない!
ウレタン素材の草履は、鼻緒の挿げ替えが出来ませんが、比較的リーズナブルな価格帯のものが多いです。雨の心配が不要で、現代風なおしゃれな柄もたくさんあるので、普段使いにもおすすめです。
さらに、足袋カバーを併せて使うと、雨なんてへっちゃら!

■撥水加工の足袋が心強い
草履は無事でも、足袋が雨に濡れて気持ち悪い思いをするのは嫌ですよね。
最近は撥水加をされた足袋があり、水滴がコロコロと足袋の上を転がって流れ落ちていくので快適です。

■ポリエステルの着物で雨シミの心配いらず
ポリエステルの着物は自宅で簡単にお手入れが出来ますので、雨にぬれてもシミになりにくく、雨の日にぴったりです。正絹の着物では濡れることを心配してしまいますが、ポリエステルの着物なら、天候を気にせずお出かけできます。

■着物も帯もしっかり守りたいなら「雨コート」
カッパと同じ感覚でサッと羽織るだけ、撥水加工された生地がしっかりと水をはじいてくれます。
大事な一張羅を汚したくない時にぴったりです。畳んで持ち運びもできるので、いざという時にすぐ使えるのも高得点ですね。


雨だからって、せっかくのお出掛けを洋服に変更しなくても大丈夫!
事前に雨の日対策をして、お天気を気にせず着物を楽しみましょう。

アンティーク着物でお洒落なレトロ感

レトロ感や色づかいが可愛いアンティーク着物。

「アンティーク着物」とは、江戸末期から昭和初期までに作られた着物のことを言います。

最近では、ただ着物を着るだけでなく、アンティークの着物に洋風のものを取り入れてお洒落に着る若い方も多いです。

お洒落を楽しめるアンティーク品は、リサイクルショップや中古の着物を扱うネットショップで簡単に手に入れることができます。

アンティーク着物は古くに作られた着物です。買うときには、着物の状態を気にしてみてください。
・生地の傷み、キズ、生地が薄くなっていないか確認しましょう。
・生地の色が変色していないか、シミ、汚れがないか確認しましょう。
・サイズが小さくないか確認しましょう。

アンティーク商品は、70年以上前に作られた着物です。
もちろん劣化しているが多くありますが、それ以上に個性的でお洒落なものも多いです。
リサイクル着物錦屋でも、アンティーク着物アンティーク帯は多く取り扱っています。一点一点、厳しく検品しているため、生地の状態やシミ、汚れなどを写真と商品説明で確認することができます。また、商品の状態について、状態が良いもの、着用に問題のないものと分けているので参考にしてください。

シンプルなのにオシャレな「江戸小紋」

初めての着物におすすめされることが多い「小紋」

ですが、着物初心者さんでなくても、小紋の魅力にはまってしまう着物ファンの方はとっても多いのです。着物デビューにおすすめなのは全体の柄の入った「総柄」の小紋ですが、着物ツウに人気なのは「江戸小紋」と呼ばれる柄です。

江戸小紋とは、とても細かい柄の型染めで遠くから見ると無地に見える柄です。
色無地と同じ感覚で装える、一般的な総柄の小紋よりも控えめで品のある着こなしを楽しむことができますし、一つ紋を入れると紋付の色無地と同格になります。柄が細かいほどよいとされており、一枚持っておくと大変重宝する着物です。

「無地に見えるのに、実はとってもオシャレ」

そんな日本人らしい粋な着物の楽しみ方が味わえる、素敵な着物です。

リサイクル着物錦屋で江戸小紋を探す

周りに差が付く!冬の着物コーデに欠かせないアイテム

冬の着物のおしゃれといえば、羽織やコートの重ね着コーディネートですが
羽織やコートをただ着るだけなく、さらにおしゃれな楽しみ方があるのをご存知ですか?

ズバリ、冬の着物のコーディネートを楽しむら、「羽織紐」にもこだわるべきです!

胸元で羽織の衿をとめるためのアイテムで、中古の着物ショップなどにも多く販売されています。
定番の平たい紐状のタイプはもちろんですが、革製の羽織紐や、珊瑚や真珠などで作られたものまであり、デザインも素材も様々で、実はとってもおしゃれを楽しめるアイテムなのです。

当店にはデザイン・素材ともに様々な羽織紐がありますので、羽織をお買い求めと同時に、羽織紐も選んでみてはいかがですか?

リサイクル着物錦屋で羽織紐を探す

重ね着を楽しむ、秋冬の着物コーデ

秋冬のファッションで、よく聞く言葉に「重ね着」というワードがあります。
これは和服も同じで、秋冬の寒い季節には着物の上に羽織やコートを着て、春夏には楽しめないおしゃれを楽しむことができます。

重ね着の前に、まず前提として着物・長襦袢・羽織・コートなどは全て「袷」のものを選びます。
正絹素材の着物であれば、重ねて着るとより暖かくなり、快適に過ごすことができます。羽織やコートなどの上着類は、ウールなどのあったか素材を選ぶとよいでしょう。
さらに、衿元が寒いときにはショールやマフラーで防寒します。ショールやマフラーは着物用でなくとも、コーディネートに合うものであれば、普段お使いのものを使うことができます。

そもそも、羽織とコートの違いとは?

羽織は洋服で言うとカーディガンのようなアイテムです。そのため、屋内でもそのまま着ていてOKです。
それに対してコートは洋服で言うとアウター。玄関先や入口で脱いでから屋内に入ります。
ですので、羽織の上にコートを着てもよく、まさに重ね着のおしゃれが楽しめるというわけです。

近年は呉服店等での羽織の扱いは少なく、店頭で気に入ったアイテムを見つけるのは難しくなってきています。
レトロな風合いやアンティーク調のデザインの羽織・コートをお探しなら、通販がおすすめ。中古品でも状態のよい美品・良品が数多く残っていますし、何より新品よりもかなり安いです。
リサイクル着物錦屋なら秋冬の着物コーディネートを楽しめる羽織・コート類を多数販売しておりますので、ぜひご覧ください。

冬の着物コーデを楽しむ中古の羽織はこちら
冬の着物コーデを楽しむ中古の和装コートはこちら

もう恥をかかない!着物での「正しい椅子の座り方」

結婚披露宴やパーティ、式典などのフォーマルシーンでは、椅子に座っている時間が長くなりがちです。
そんな時に、間違った座り方をしていると疲れてしまったり、姿勢が悪くなって着物が着崩れてしまうことがあります。
着物を着た時の座り方マナーをしっかりと心得ておきましょう。

【着物を着た時の、正しい座り方】
・両足を床に付けた状態で椅子に深く腰掛け、肩の力を抜いて、背筋をまっすぐ伸ばす。
・膝をそろえる。
・指先をそろえて、太ももの上に。
・かかとを床につけ、つま先をそろえる。
・バッグの置き場がない場合は、自分と背もたれの間に置く。

反対に、やってはいけない座り方があります。

【着物を着た時の、NGな座り方】
・浅く腰掛けて、背もたれによりかかる。⇒帯がつぶれてしまいます。
・足を組む。⇒着崩れの原因になります。

正しい座り方マナーをマスターして、恥ずかしい思いをすることなく、大切な一日を安心して過ごしたいものですね。

自宅で簡単!着物のお手入れ方法

お気に入りの着物。せっかく買ったのだから長持ちさせたいですよね。
少し気を付けるだけで、着物がかわります!

■自宅で出来る、簡単な着物のお手入れ方法
まず、着物を脱いだらすぐに畳まず、ハンガーにかけて、風通しがよく直射日光の当たらないところに一時間、長くて一日程度干します。そうすることで、湿気が抜け、ある程度のシワは目立たなくなります。その後、着物のホコリをビロードなどの布で払います。これだけでも、着物を長くきれいに保つことができます。

■着物の汚れ確認ポイント

●衿…特に汚れやすい部分です。汗、ファンデーションがついていないか確認してください。
●袖口…袖口は皮脂や汗がつきやすいです。袖の内側を中心に確認してください。
●裾…砂埃や泥がつきやすいです。踏んだりして生地がスレていないかも確認してください。
●左前身頃…食べこぼし等がないか確認してください。
●裏地…汗染みがついていないか確認してください。

汗をかきやすい所はよく確認してください。

着物の種類別お手入れ方法についてはこちら

憧れの大島紬を買うなら中古がおすすめ

着物初心者の方にもベテランの方にも愛される着物といえば「大島紬」です。
何枚でも持ちたい憧れの普段着として、着物愛好家の方からの人気も非常に高いアイテムです。
そんな大島紬ですが、新品で購入すると非常に高価で簡単に買えるものではありません。

そこでおすすめなのが中古の大島紬。
リサイクルショップなどで販売している大島紬は価格も比較的リーズナブルなものが多く、購入時のコストを抑えることができます。また、状態の良いものや品質を保証する「証紙」が付属しているものも多くありますので、古着とはいえ十分に着用できます。
ベーシックな黒や紺の絣模様はもちろん、白や淡色の大島紬もあり、初めての大島紬なら中古で探すのがおすすめです。

リサイクル着物錦屋の大島紬は「証紙つき」「美品」「良品」といった商品の状態などからアイテムを絞り込むことができます。
ぜひ、お気に入りの大島紬を探してみてくださいね。

特集ページ:粋な着物を楽しむには大島紬がおすすめ

リサイクル着物を通販で買うのことが楽しい理由

着物や帯を買う時には、ご自分の好みというのがあるので、今までに持っている着物や帯と、どこか似たようなものを購入しがちですし、想像するコーディネートも同じような雰囲気になりがちです。

それでも、いざ通販で購入してお手元に届いてみると、想定外の新しいコーディネートの組み合わせを発見し、「今度あそこに行くときに、この新しいコーデで行ってみよう」と気分が盛り上がったりするものです。

新品の着物や帯ですと、やはりお値段も高く、気軽な感じで使いにくいので、新しいコーデを発見しても、なかなか試すことはできません。その点、リサイクル着物やリサイクル帯ですと、比較的お安く、どんどん新しいコーディネートを試すこともできます。

通販で購入した着物や帯、和装小物がお手元に届いて、新しいコーデの組み合わせを発見し、それを気軽に試すことができるのは、リサイクル着物の通販の醍醐味といえるでしょう。

今まで使いにく箪笥のしまいこんでいた着物や帯をおしゃれに着こなすこともできたり・・・・。写真で見ているだけはなく、実際に買ってみて、手持ちのものと合わせて新しいコーディネートを発見する喜びは、おしゃれの大きな楽しみの1つですね。

季節で楽しみたい着物の色柄の選び方

せっかく着物を着るなら、四季に合わせて楽しみたいですよね。
着物の色や柄を意識して選んでみましょう。

■春におすすめの着物の色柄
春は桜や桃、牡丹など華やかな柄がおすすめです。色はパステルカラーなどの柔らかい色やピンクがいいでしょう。桜の時期が過ぎたら、緑色系統を取り入れてみてください。

■夏におすすめの着物の色柄
5月くらいから、夏を感じさせる装いに変えていきましょう。
夏の花である、紫陽花や朝顔柄、柳などがおすすめです。また、トンボや雪輪を選ぶのも粋です。色は涼しさを与える水色などの寒色がいいでしょう。モノトーンも凛とした雰囲気がでます。

■秋におすすめの着物の色柄
お彼岸を過ぎたら秋を感じさせる装いに変えていきましょう。
秋は紅葉や桔梗などがおすすめです。色は落ち着いた赤や茶色などで温かみを感じさせます。

■冬におすすめの着物の色柄
冬ははっきりとした着こなしをしてみましょう。
柄は菊、松竹梅などの柄がおすすめです。色は華やかな色が雪景色に映えていいでしょう。

着物の柄を選ぶときには、季節感も大切に、実際の季節より1か月先取りするのがおすすめです。また、幾何学柄などは遊び心があり、自分らしさを楽しめます。

リサイクル着物錦屋では、色、柄からも着物を選ぶことができます。
中古着物ならではの豊富な着物の中から、自分好みを探してください。