サイズ

ぴったりサイズの着物を探したいなら

通販で着物や帯を買おうと思った時、どのようにして欲しいアイテムを探していますか?

欲しいものや着る場面が決まっているのであれば、自分の欲しいアイテムを探しやすいかもしれません。
ですが、何となくウィンドウショッピング感覚でネットショップを見て回っているときなど、いざ気に入ったアイテムを買おうと思ったら、自分に合うサイズがなくてガッカリしてしまった経験はないでしょうか?
新品商品でサイズ展開がある着物ならいいですが、中古着物の場合は基本的に一点もののため、同じ柄で他のサイズというものはありません。
そんな時、自分にぴったりサイズの商品だけを見たいですよね。

リサイクル着物錦屋では、着物をサイズから探すことができます。
身丈と裄丈ごとに選べますので、欲しい商品をサイズのために諦めるような、悲しい経験はもうありません!
もちろん、商品ごとにサイズは微妙に異なりますので、身幅や商品の状態などは商品ページの商品説明をご確認くださいね。

着物をサイズで探す

寸法について 【京都市なら、即日発送可能】

◆女性着物
■身丈
・着物・・おはしょりをとるので、自分の身長の前後5センチで考えます。身長と同寸が理想です。
・長襦袢・・身長から約32センチ程度ひいたもの。
・羽織・・身長の約半分
・コート・・羽織丈プラス7.5~11.5センチ
■前幅・・・だいたい22.7~24.6センチ
■後幅・・・だいたい30.5センチ
※着用する人の体型により異なります。
■裄丈・・・背中心から手首までの寸法のこといい、着物の背の縫い目部分から、袖口部分にあたります。だいたい、66センチ前後です。長襦袢の長さは、約1センチ短いものを着ます。
■袖付け・・・だいたい21センチ前後です。若い人は約20センチ、ミセスの人は約23センチとなります。若い人は帯の締める位置が高いためこのようになります。
 
◆男性着物
■着丈・・・身長から約27センチ程度引いたもの
■羽織丈・・・着物の身丈から約50センチ引いたもの
■襦袢丈・・・着物の身丈から約4センチ引いたもの
上記寸法は、あくまでも目安となり、それぞれ体型に合った着物を仕立てたり、探したりするのが良いでしょう。

着物のサイズの見方 【世田谷区、練馬区なら即日発送可能】

皆さんは服を買う時、どんなことを気にしますか?流行、色、デザインなど自分が気に入ったものを買うのではないでしょうか。しかし、どんなに気に入った服があってもサイズが合わなければ買いませんよね。サイズは服選びにおいてとても大切なポイントです。それは着物にも同じことが言えます。着物のサイズと言われてもイメージができない…という方必見、サイズについて分かりやすく説明していきたいと思います。
一般的に着物は、普段着ている洋服ほど細かくサイズを気にしなくていいと言われています。着物が普段着として着られていた時代には、「女並」「男並」という大まかなサイズがほとんどで、多少サイズが大きくても小さくても着方を工夫すれば問題なく着ることができていました。しかし最近は身長や体格が人によって大きな差が出るようになってきていますので、着方で調節しきれないことも多くあります。そのため、あらかじめ大まかな寸法をチェックしておくことでサイズで失敗することなく、着物選びがより一層楽しくなりますよ。
着物のサイズの見方で重要な項目は「身丈」「裄」「前幅」「後幅」の4つです。
■身丈
身丈とは着物の肩から裾までの長さのことを指しています。身丈は自分の身長と同じくらいのものがちょうどいい長さになっていますが、身長の±10㎝以内であれば問題なく着ることができます。また男物の場合はおはしょりがなく、余った布は内あげとして縫い込んでありますので身丈=着丈になります。着物の裾は汚れやすいため、仕立て直す際に裾を少し切って綺麗にしていました。そのため切って短くなってしまってもまた着れるようにと、着物の身丈は男女共に少し長めに作ってあります。それを着るときに調節するのが男物では内あげ、女物ではおはしょりとなっています。つまり、少しのサイズの違いであれば調節して着ることができるということです。
■裄
裄はぼんのくぼ(首の付け根あたり)から手首までの長さ±3~5㎝以内がちょうどいい長さと言われています。身丈は調節はできますが裄はそうはいきません。そのため、実は身丈よりも裄の方が重要なポイントになっています。個人の好みにもよりますが±3㎝以内がもっとも着やすい長さとされています。もしも裄の長さに悩んだときは長襦袢の裄に合わせて購入するのもおすすめです。長襦袢と合わせることで、着物と長襦袢の裄の長さが合わず不格好になる失敗もなくなります。
■前幅と後幅
昔の着物は仕立ての際に、女並(前幅23㎝、後幅28.5㎝)、男並(前幅24.5㎝、後幅30.5㎝)のどちらかを指定するだけだったようです。つまりこれもそれほど気にすることはないということです。着物を仕立てるときに前幅と後幅はヒップのサイズで決まります。厳密に言うと身幅や前腰幅の数字を割り出す必要がありますが、今回は分かりやすく簡単な目安をご紹介します。ヒップの数字が「前幅+(後幅×2)+13(※おくみ幅)」を計算した数字に近ければOKです。例えばヒップ96㎝の方が前幅22㎝、後幅30.5㎝の着物を購入しようと思っている場合、「22(前幅)+<30.5(後幅)×2>+13=96となるのでちょうどいい感じだということが分かります。
size
以上が着物を選ぶときに知っておきたいサイズについての知識です。いかがでしたか?着物のサイズなんてわからない、難しそうで抵抗がある、と思っている方でもとても簡単に自分のサイズを知ることができるんですよ。これをきっかけにして、着物に興味を持っていただけたら幸いです。次回からも、着物に関する情報を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

アンティーク着物を選ぶときの注意 【世田谷区、練馬区なら即日発送可能】

皆さんはアンティーク着物をご存知ですか?
アンティーク着物といえば、現代の着物にはないレトロな雰囲気が魅力の着物です。鮮やかな色彩や派手な柄が特徴で、「明治ハイカラ」「大正ロマン」「昭和モダン」といった言葉は聞いたことのある方が多いのではないでしょうか?
まずはアンティーク着物って何?という方にご説明したいと思います。アンティーク着物と呼ばれるものは一般的に、昭和初期までに作られた戦前の着物のことを指します。ですから、一番新しい着物でも70年以上前に作られたものになるというわけです。当時は化学繊維はなく木綿や麻のものが日常的に着られていました。それ以外は絹で織られた着物を着ていました。縫製や染めが非常に丁寧で着やすいように工夫されていたそうです。明治初期からは生糸の生産や輸出が盛んになり、一般家庭にも絹の着物が大量に出回るようになりました。絹のやわらかくしっとりした生地はとても着心地がよく、庶民の間でも絹の着物が多く着られるようになります。アンティーク着物といわれる時代の着物は、のちにあまり着られなくなり、日常的な着物はウール製のものが主流になっていきます。絹は高級な訪問着や付け下げなどに多く使われるようになります。現在残っているアンティーク着物は着物を好きな方が受け継いで残したものが流通しているというわけです。
 
antique
では、アンティーク着物はどういうところで手に入れることができるのでしょうか?
一番よいのはアンティーク着物の専門店ですが、そういうお店が近くにあるとは限りません。専門店がない場合は、アンティーク着物を扱っているネットショップ、リサイクル品を扱うお店、骨董市などで探すなどの方法があります。ネットショップは品数が多く手軽に購入することができるのが魅力ですが、お店や骨董市は実際に品物を見ることができるので、失敗することが少ないというメリットもあります。
では実際にアンティーク着物を購入するときに気を付けることが何か、ご説明します。
とにかく重要なのはサイズです。アンティーク着物のような昔の着物は、現代の女性の身長ではちょっと短いかも?と感じることが非常に多いです。身丈や裄、身幅をきちんと確認しましょう。着物のサイズの見方については以前ご紹介していますので、ぜひご覧ください。
着物のサイズの見方
着物の柄や色に惹かれてサイズを確認せずに買ってしまうと、身丈が短くて着られない…なんてことになるかもしれません。自分の着物のサイズが分かっていると着物選びがもっと楽しくなりますよ。サイズについてよく分からない方は、店頭で購入するのであればお店の方にサイズを見ていただくといいと思います。
また、アンティーク着物は70年以上前に作られたものなので、しっかりと保管されていても生地が弱っていることがあります。生地が薄くなっているかどうか確認ができればいいですが、分からない方もいらっしゃると思います。そんな方は、ヒップのあたりの生地が薄くないか、裾が擦り切れたようになっていないか、破れやほつれがないか、をチェックしてみてください。また、古い時代のものになると、裏地の色が変色していたり、衿などにシミができている場合もあります。サイズや生地の状態をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。
アンティーク着物はひとつひとつ個性的で、素晴らしいものがたくさんあります。絹もとても良質なものが使用してあり、大変貴重で価値のあるものです。ぜひ、お気に入りのアンティーク着物を見つけて現代の着物にはないコーディネートを楽しんでいただきたいなと思います。
 
【↓↓アンティーク着物はこちら】
antiqueshou

リサイクル着物の選び方 【大田区、品川区なら即日発送可能】

今日はリサイクル着物を買うときに気を付けることが何か、をお話したいと思います。リサイクル着物を買ってみたいけれど、よく分からないから不安…という方におすすめの内容です。
着物には小紋や紬のようなカジュアルなシーンで着用する着物から、訪問着や留袖のようなフォーマルなシーンで着用する着物まで幅広い種類の着物があります。訪問着、留袖のような礼装は日常的に着るものではなく着る機会が少なく、手入れがしっかりとされているものが多いので、リサイクル品でも綺麗なものが比較的多いです。保存状態がよければ、正絹の着物は何十年か着ることができます。傷みや傷、汚れのない礼装は非常に多くあります。長襦袢とセットであつらえることも多く、着物と長襦袢がセットで売られていることもあります。もちろん、セットの方がお値段は高くなります。
昭和初期までのものは一般的にアンティーク着物と呼ばれ、レトロな雰囲気の個性的で斬新な柄が特徴です。非常に人気がありますが、とても古い着物なので生地が弱っていたり、縫い目が弱くなっていることがあります。小紋や紬のような普段着として着られたいたものは着る回数が多かったので、特に生地が傷んでいないか状態を確認する必要があります。お尻やひざのあたりの布が弱りやすい場所ですので確認をしましょう。また、商品に「素材向き」などの表現があるものは生地の状態がよくないものが多いので、着物を着て楽しみたい方は気をつけましょう。
袖口や裾、上前は汚れがつきやすい上に汚れが目立つ場所ですので、購入する際には汚れがあるかどうか確認しておきましょう。汚れがあっても着てしまえば見えないに場所であったり、気にならない程度でしたら問題ないと思います。分からない場合はお店の方に聞いてみるといいですよ。
次にリサイクル着物のサイズについてです。リサイクル着物は現代の女性が着ると小さいと感じるものが多いです。着物を普段着として着ていた当時の女性は、今よりも小柄だったので身長の高い方は特にサイズはしっかりと見ておきましょう。身丈、裄、前幅、後幅などの寸法が記載されていると思います。色や柄が気に入ったからといってサイズの確認もせずに買ってしまうと、実際に着てみたら小さすぎる、丈が短い…なんていうことがあるかもしれません。そのため、ご自身の着物のサイズを知っておくとお買い物が楽になりますよ。ご自分の着物のサイズの見方については過去にご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
着物のサイズの見方
 
houmongi
リサイクル着物はいつ作られたものなのか、どのようにして保存してあったのかなどが分かりません。また、お店の展示のための着物で未使用のものや、仕立てたのに受け取りに来られなかった未使用の着物などもリサイクル品として取り扱われることもあります。こういった未使用品は数は少ないですが、状態はとてもいいです。
購入する際は商品についての情報をしっかりとチェックしましょう。生地を触って確認できるのであれば、実際に触ってみて生地が弱っているところがないか、汚れは目立たないか、などを確認します。店頭ではなくネットショップを利用するのであれば、商品に関する情報が記載されていますので読んでみてください。
また、着物に合わせて帯や小物を変えることで着用シーンの幅が広がります。単色で控えめな着物であれば帯を華やかな物や、柄のあるものにすることで印象が大きく変わりますよ。帯のリサイクル品も多くありますので、お持ちの帯や着物との組み合わせを考えながら選ぶのも楽しいと思います。
リサイクルならではのリーズナブルな価格で多くの種類の着物があるのがリサイクル着物です。上記の着物を選ぶコツや確認することなどを知っていると、楽しく着物選びができます。皆さんもぜひ、リサイクル着物にチャレンジしてみてください。

七五三 あげの調整の仕方 【豊島区、板橋区なら即日発送可能】

ここでは、あらかじめ着物に上げがされていると仮定し、その上げの調整についてお知らせいたします。
こんな感じで上げがされています↓
kataage1.jpg
↓ここではわかりやすくする為目立つ色糸で縫っています。
kataage2.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↓後ろ側はこんな感じ。
kataage3.jpg
上げの部分をめくってみるとこんな感じ↓『上げ』っていわゆる『タック』のことって考えれば分かりやすいかも…
kataage4.jpg
着物のサイズを測り、お子様のサイズと比べた時、あと〇cm伸ばすもしくは縮めるかを計算する。
例えば、48cmの着物サイズで、お子様の肩裄が52cmだった場合、4cm短い為、4cm分伸ばす必要があります。
上げを伸ばすためには、まず、上げの部分をめくって、タックの裏側が見えるようにねかせます。縫い線(下の写真では黒糸の線)からタックをとってあるヤマ側に、伸ばしたい長さの半分の長さ(4cm伸ばす場合は半分の2cm)の所にマチ針を打ちます。その位置を目印に、元あった縫い線(黒糸の線)に平行になるように縫います。(写真では赤い線が新しく縫った線)
↓ そして、元々あった縫い線を解いてその部分にアイロンを当てて伸ばします。
kataage5.jpg
逆に、短く縮める場合は、タックを多く取る必要があります。
↓ このように、縫い線(下の写真では黒糸の線)からタックをとってあるヤマとは逆側に、縮めたい長さの半分の長さ(4cm縮める場合は半分の2cm)の所にマチ針を打ちます。その位置を目印に、元あった縫い線(黒糸の線)に平行になるように縫います。(写真では青い線が新しく縫った線)
kataage6.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑(中央) 黒い線が元々あった縫い線。
↑(向かって右側)伸ばす場合は赤い線。
↑(向かって左側)縮める場合は青い線。
ポイントは、伸ばしても、縮めても上げのヤマは同じ位置になっていることです。
 
kataage7.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑裏返していた上げを元に戻した所です
↑(中央) 黒い線が元々あった縫い線。
↑(向かって左側)伸ばす場合は赤い線。
↑(向かって右側)縮める場合は青い線。
ポイントさえおさえれば簡単!是非、挑戦してみてください。
 
 

リサイクル着物の寸法の選び方 【中野区、渋谷区なら即日発送可能】

df3ac8226035f0380309812355a2731c_s

リサイクル着物とは、昭和の戦後からの時代の着物のことを指し、広い意味では、江戸時代から昭和初期までのアンティーク着物もリサイクル着物として扱われることもあります。
大正時代や昭和初期のレトロな柄は多くの方に好評で、最近ではリサイクル着物の人気が高まっています。ですが、リサイクル着物を購入した際、思っていたより小さいサイズだったということもよくあります。購入後に着物のサイズが合わず、着られなかったというトラブルを防ぐためにも、あらかじめご自身の寸法をよく確認する必要がございます。
着物のサイズをみるときには、身丈、裄丈、前幅、後幅を確認します。
まず、身丈の見方ですが、身長のプラスマイナス5cmの範囲であれば、問題なくおはしょりをとることができます。その差が5cmを超えると少し着付けが難しくなりますが、プラスマイナス10cmぐらいまでは着ることが可能です。それ以上になるとおはしょりがとれなかったり、長すぎて着付けが難しかったりします。身丈が身長より長い場合は、通常のおはしょりの上の部分にタックを作るように着付けます。短い場合は、十分におはしょりがとれませんので注意が必要です。
また、裄丈とは、首の付け根の中心から、一度肩を通り、手首のくるぶしまでの長さを言います。
測るときは、気をつけの状態から少し手をハの字にひらき、ペンギンのようなポーズで測ります。このとき、付け根からまっすぐ測るのではなく、一度肩を通って下さい。
この長さが着物の裄丈とほぼ合っているものが、サイズが合うものとなります。
リサイクル着物の場合、仕立て上がっている着物がほとんどとなります。裄が短い場合でも、いつも手を伸ばしているわけではありませんので、マイナス3cm~5cmほどであれば、問題なく着ることができると思います。
※女性の採寸の基準
標準的な身長 158cm 体重53kg ぐらいの体型の方の場合の採寸を数字で表したものです。
昔の採寸の基準である尺では、身丈は4尺1寸7分、裄丈は1尺7寸5分、袖丈は1尺3寸、前幅は6寸3分、後幅は8寸となります。
これを現在の採寸の基準であら指しますと、身丈は158cm、裄丈は66cm、袖丈は49cm、前幅は24.5cm、後幅は30cmの長さになります。
※男性の場合は、着るときにおはしょりを作らないので、着られる方の身長から27cm~30cmを引いた身丈の着物をお選びください。体型により着丈は少し変わってきますので、細身の方は気持ち短めのものを、ふくよかな方は気持ち長めのものをお選びいただくとよろしいかと思います。
また、その他の着物にの採寸基準には、以下の通りがあります。
※女性の色々な着物の丈の基準
・着物の身丈は、ご自身の身長ぐらいのもの
・長襦袢身丈は、身長から32cm前後を引いたもの
・羽織丈は、身長の約半分ぐらいのもの
・コート丈は、羽織丈より2寸から3寸長いもの
・褄下は、身丈の半分弱ぐらいのもの
・袖付けは身長により変わりますが、年令により5分程度の差があります。(若い方は帯を高く締めるため)
※男性のその他の採寸基準
・着物の着丈は、身長から約25~30cm程度を引いたもの
・羽織の着丈は、着物の身丈唐1尺3寸程度を引いたもの
・襦袢の丈は、着物の身丈から4cm程度を引いたもの
・袴の丈は、目安として着物の身丈に0.6をかけた長さとなります
気に入ったものがあった場合でも、サイズが合わない場合があることが十分にあります。ネットショップや店舗によっては、着物を自分のサイズに直してくれるお店もあります。
しかしリサイクル着物は、お仕立てをしてから長い年数が経過しているものもありますので、着物の生地が弱くなっていたり、保存状態によりヤケやシミ、お直しをしたあとにスジが残っていることもあります。その場合には、状態に応じてご自身に合う丈に直しができるかどうか、またシミ抜きや染め直し、スジ消しが可能か、またその際にかかる料金など、お気軽にご相談下さい。
set20-04
今人気のリサイクル着物、お値段も手ごろで簡単に購入することもできます。
ですが、昔の人は現代の人よりも小柄な型が多かったので、気に入った色や柄の着物があった場合でも、サイズが少し足りない場合があります。そこで、生地の状態(色があせてみえないかどうか、染め直しなど必要なのか?)やサイズ(この着物が自分に合うのか?またサイズが合わないが丈直しはしてもらえるのか?)などをお気軽にご相談して頂けましたらと思います。
どのような着物がよいかご検討いただいて、お気に入りの着物を見つけてくださいね。
 
【当店でのお買い物はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/

七五三「あげ」のオプション承ります! 【豊島区、板橋区なら即日発送可能】

今日は七五三の『上げ』についてお話したいと思います。
『肩上げ』 『袖上げ』 『腰上げ』 と言って、肩の所や袖、おはしょり部分の腰の位置にする『上げ』はお子様の着物特有のものです。
「じゃあ、舞妓さんは?」
と、大人の着物で上げをしてある『舞妓さん』の衣裳が浮かぶ方がいるかもしれません。これは『芸子さん』の見習いとして、かつて9歳から12歳の子供が修行していた頃の名残として現在まで残っているものです。(一人前の『芸子さん』を目指す、まだ見習いの『舞妓さん』と言う風になるそうです。だから、上げをした着物を着るんですって!!)
『上げ』はお子様の成長に合わせて、一から着物を仕立て直すのではなく、いわばサイズをその時々のお子様の成長に合わせて調整して着る為のものです。
「七五三以降、なかなか着る機会が無いけど、いつ頃まで上げをした着物を着るの?」
数え年の13歳の旧暦3月13日に元服して一人前の大人になったお祝いにお参りする『十三参り』の頃までは上げをした着物を着るようです。
ですから、七五三のお衣装には必ず『上げ』がされています。通常仕立てあがってきたお着物は、上げをしてない状態です。それを事前にお子様のサイズを伺って調整してお出しする。
そうすると、対丈(男性用着物のように、おはしょりをとらなくても着られる、着丈と同寸)状態になっている為、余分な紐を使わず、着られることからお子様の負担も少なく、大変便利です。
小さなお子様には、是非事前に採寸をして、ピッタリと上げをしたお着物でお祝いをしてあげたいですね。
リサイクル着物錦屋では『上げ』のオプションをはじめました。
お買い上げ頂いた商品をお子様サイズに上げをしてお納め致します。
費用はこちらからご覧ください。
ご希望の方はコチラからメールでご連絡くださいませ。
素敵な七五三のお祝いになりますように…。
 

七五三のサイズについて 【中野区、渋谷区なら即日発送可能】

七五三のシーズンを前に、最近のお客様から頂いたお声をご紹介いたします。
Q.
今年度、七五三の4歳男児です。
この着物(←3歳用)がとても気に入りました。
3歳用という表示ですが、5歳用との違いはサイズだけでしょうか?
ちなみに現在94cm・14kgとかなり小柄です。
A.
現在、リサイクル着物錦屋では男のお子様用のお着物を3歳用・5歳用とに分けてご紹介いたしております。
 
早生まれだったり、数え年でお祝いされる場合があったりと、お子様によっても様々です。
お子様の年齢もそうですが、身長を目安として商品をご覧いただけると良いと思います。
お子様のお着物は、「あげ」をして着るのが一般的です。
3歳(男の子・女の子)・5歳(男の子)のお子様は、それぞれ腰あげ、肩あげをしてなるべく紐を使わず、体を締め付けないで着ることができるよう、前もって準備をしてあげてください。
リサイクル着物錦屋でも、七五三商品のあげを承っております。
お手持ちのお着物をお直しして…というご依頼にも対応させて頂いております。
お気軽にご相談下さい。
 
【七五三(女の子)の商品はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/fs/wafu/c/gr3446
 
【七五三(男の子)の商品はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/fs/wafu/c/gr3447

卒業袴のサイズ 【豊島区、板橋区なら即日発送可能】

本日は卒業式特集をご紹介いたします
まずは袴の選び方
身長に応じた女袴のサイズをご紹介いたします
146から150cm … 袴紐下サイズ約84cm
151から155cm … 袴紐下サイズ約87cm
156から160cm … 袴紐下サイズ約91cm
161から165cm … 袴紐下サイズ約95cm
166から170cm … 袴紐下サイズ約99cm
171から175cm … 袴紐下サイズ約103cm
最近は手足の長いお嬢様が増え、袴も長めに着せるスタイルが一般的に多く見うけられるようになってきました。
上記は、そのスタイルを念頭にサイズを割り出しております。
袴の場合の着丈は、履物によって異なります。
ブーツを履く場合はブーツの上線にすれすれ位に、草履を履かれる場合は足袋の上線にすれすれ位にあわせます。これは、袴の長さにあわせて多少調整してください。(袴の裾から着物の裾が見えないように。)
袴の場合、袴の下に結ぶ袴下帯(半巾帯)を見せる巾を調整することで着丈も調整することが可能です。
足元をブーツにされる方は、上記のサイズから5cm程度短いものを選ばれると良いようです。