足袋

男性着物の小物について2【松山市なら、即日発送可能】


■腰紐

男性の着物の着こなしは帯の位置で決まります。帯の位置が上過ぎても下過ぎても間の抜けた、締まりのない恰好に見えてしまいます。そのため、腰紐を腰骨の位置できちんと占めることが大切なのです。素材は伸縮性のあるゴム状のもの、マジックテープになっているもの、女性と同じモスリンなどもあり、自分に合う締めやすいものを選びます。色は男性の着物は濃い色のものが多いので紺色が多いですが、夏に淡い色の着物を着る時には白を使用した方がよいでしょう。

 

■足袋

男性の足袋には黒、紺、茶色などがあり、普段着にはよいですがお茶席や礼装では白の足袋を履きます。素材は羽二重、木綿、合繊などがありますが、木綿のものがご自宅でお手入れができますので人気が高くよく使われています。夏には表地がキャラコ、裏地が晒しか木綿のもの、冬には表地がキャラコ、裏地にネルが貼ってあるものもあります。夏用の単仕立ての足袋もありますが、あまり出回っていません。細かくどの足袋をどの時期に履くかは決まっていませんので、気候に合わせて選ぶとよいでしょう。こはぜはお茶席では4枚もしくは5枚のものがよいですが、5枚こはぜのものは長時間座っていると足がしびれやすいので注意が必要です。

 

■草履

男性の草履を雪駄(せった)とも呼びます。これは、草履の裏に革を張ったものです。地方によっては、普段履いている草履のことを雪駄と呼ぶところもあるそうです。草履の底に革が張ってありますので、湿った場所を歩いても湿気が通らず、底が痛まないのが喜ばれたようです。年代がたつにつれて、底の皮が減るのを防ぐために、尻鉦を打つようになりました。現在では革の代わりにゴムを張ったものもあります。礼装には畳表に白の鼻緒の草履を履きます。お茶席では畳表は同じですが、鼻緒はビロードや綴れの紺やグレー、深緑などが付いたものを合わせます。普段着の場合はエナメルのものなども合わせることがあります。

着物の小物について4【板橋区なら、即日発送可能】


■足袋

足袋にも色柄の入ったものがありますが、お茶席では必ず白を履きましょう。白い足袋はどんな着物にも合い、着物姿全体を引き締めます。こはぜが3枚~5枚のものがありますが、着物の裾と足袋の足首から肌が見えない方がよいので、4枚か5枚のものがよいでしょう。ただし、長時間座ることがある場合は5枚だと足がしびれやすくなりますので注意しましょう。素材は羽二重、木綿、合繊のものなどがありますが、一般的には洗うことができる木綿が多く、夏足袋、冬足袋があります。ほかには、数は少ないですが盛夏用に単仕立ての足袋もあります。外出用の足袋カバーなどもありますので、外を歩くときは足袋を汚さないために利用するのもよいですね。新しくおろす足袋は、一度水を通してから履くとすんなり履くことができます。また、お稽古やお茶会には替えの足袋を用意し、足袋を入れて持ち歩き、待合などで履き替えます。

 

■草履

和装に不可欠な草履、素材は布、革、ビニール、綴れ、佐賀錦など、夏物には絽やパナマなど様々なものがあります。若い方はかかとを高めに、年配の方はかかとを低めに、と意識するとよいでしょう。お茶席には草履の決まりがありませんが、着物とのバランスを考え、あまりかかとが高すぎず、派手すぎないものを選ぶとよいでしょう。しかし、初茶会などのおめでたい趣向のものには、金銀のものでも結構です。

 

■雨の日の装い

和装にとって雨は大敵です。とはいえ、雨だからといって出かけないわけにはいきません。着物は裾が足首あたりまであることから、雨のはねを特に気を付けなければいけません。そこで、着物や帯などを雨から守るために、また訪問先の畳や床を汚さないために和装ならではの雨対策をします。まず、外出する際には道行コートなどの代わりに撥水加工を施した雨コートを着用します。これは着物の裾が出ないように足元までの長いものを選びます。訪問先では玄関の前で脱いでから伺います。また、草履には雨や雪の際にビニールでつま先を保護したものが市販されていますので、利用してみてもよいでしょう。雪の多い地方などでは重宝されます。

豆知識!肌着や足袋をキレイに洗う方法 【港区、中央区なら即日発送可能】

リサイクル着物のコーディネート

こまめに洗いたいと思うのが、肌着や足袋ですよね?
肌着や足袋といっても、正絹や化繊、綿など素材もさまざま、汗だけであれば、水につけおくだけでも問題ありませんが皮脂汚れは別‥‥。
自宅でカンタンに洗う方法としてオススメしたいのが、『食器用洗剤』です。
食器用洗剤の多くは、絹などが洗える中性洗剤で、少量でもスッキリとした洗いあがりが期待できます。
洗う時はゴシゴシ洗いは避けて、原液を水で薄めて一晩つけ置いてください。それでも落ちない汚れに対しては、食器用洗剤の原液を直接汚れの部分につけ、もみ洗い、もしくはハブラシを使ってやさしく洗ってみてください。
 
【当店でのお買い物はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/
 
【足袋をお求めの方はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/fs/wafu/c/gr1239