■男結び/角帯

礼装の袴下や、外出着、普段着にも結べる最もポピュラーな帯結びです。

1.ての寸法を、帯巾の3倍に決め、半巾に折り、胴に2回から3回巻きます。

2.たれの寸法を、背中心から帯巾の3倍に計り、余分は内側に折り入れ、胴に巻きます。

3.二重になったたれを、上にひと結びします。

4.結び目にシワを作らないようにします。

5.下のてを斜めに折り上げて輪にし、上のたれを下ろして輪に通し、斜めに折り上げます。

6.礼装の場合は背中心に、それ以外は、左右どちらかに寄せると粋になります。ての角は、たれの角より長めに形づけます。