■下着

着物を美しく着るために、下着を機能的につけることも重要です。最小限の小物だけで着付けをすることができます。

着物用の下着は、上には肌襦袢、下には裾除けをつけます。肌襦袢の下には本来何もつけませんが、慣れていない人は和装用のブラジャーをつけるとよいでしょう。

下着は直接素肌につけるものですから、肌触りのよいものを選びます。肌襦袢には、さらし木綿、ガーゼ、絹、麻縮、デシンなど。裾除けには夏は麻、絽、冬はモスリン、ネルなどの素材がおすすめです。裾除けも、腰布に細いひものついたもののほか、スカート型、ステテコ型、色柄の凝ったものなど様々な種類があります。

 

【補整について】

・着物を着るときは体の線を筒状に整えると美しく見えます。また、着崩れ防止にもなります。補整にはタオルかガーゼを使用します。

・肩の補整は、型から鎖骨のくぼみに当てて補整をします。

・バストの小さい人は胸に当ててふくらみを、バストの大きな人は胸の谷間をなくします。

・ウエストの細い人は両脇にガーゼを当て、その上からタオルを当てます。

・ヒップは、おしりの上にのせ、腰とヒップのカーブをなくします。