■帯揚げ

胸元をさりげなくおしゃれに魅せる帯揚げ。実用を兼ねたアクセサリーで、様々な色柄がありますので、コーディネートを楽しみましょう

帯揚げは帯の形を整え、帯結びの最後の仕上げをするものです。着物と帯の間で、着物と帯を調和させる役割も果たしています。生地には綸子、羽二重、縮緬などがあり、無地、ぼかし、友禅や小紋、総絞り、部分的に絞り染めや刺繍を施したものなど、色柄も非常に豊富です。選ぶときは着物や帯の中に使われている一色と同色にすると失敗がないでしょう。反対に、着物や帯にない色や、濃い色を選ぶと個性的な印象に仕上がります。訪問着には淡い色を合わせると上品な印象になります。

 

【礼装用の帯揚げ】

留袖には白の総絞りや綸子が一般的です。金糸銀糸を用いた豪華なものもあります。

訪問着や付下げには淡い色を基調に刺繍や絞りを入れた華やかな帯揚げが似合います。着物の色より薄い色柄で上品に仕上げましょう。

黒留袖は城の帯揚げを合わせる決まりですが、それ以外の礼装には淡い色の無地の部分絞りなどで、格を感じさせるものを。

【カジュアル用の帯揚げ】

ぼかしの綸子や縮緬、小紋柄など、色柄ともに豊富な帯揚げは、着物を個性的に引き立てます。訪問着から紬まで幅広く使えるのも魅力的です。

盛装に合う綸子とカジュアルさを演出する縮緬を段にしたような帯揚げは、訪問着からおしゃれ着まで幅広くお使いいただけます。