■訪問着

訪問着は、女性の着物の格として、留袖の次に格が高いと言われています。訪問着の大きな特徴は、絵羽模様と言って裾の部分の柄が前から後ろにつながるような柄行きになっていることです。また、襟から上前の胸の部分の柄と左袖のの柄がつながるように仕立ててあります。右袖に柄の入っているものもあります。
しかし、柄やその量によっては衿、胸、袖にかけての柄がつながるものばかりではありません。購入の際の目安としては、仮絵羽(仮仕立て)にして販売されているものは訪問着だと言われています。
特に訪問着には華やかな柄が多いので、初茶会やおめでたい趣向、地区大会などの大きなお茶会などに向いています。また、茶席以外でも披露宴やパーティに着て行くことも楽しみですね。
留袖と振袖以外はミス・ミセスの区別はなく、取り合わせる小物にも約束事はありませんので、取り合わせる物も約束事はありませんので、着物とのコーディネートをお気軽に楽しむことができます。あくまでも上品にまとまるようにしましょう。

 

■付下げ

訪問着の次に格の高い付下げ。近年では付下げの種類が多くなってきており、一概には区切れませんが、伝統的な柄であれば紋をつけて格を上げ、ややくだけた柄であれば紋を付けず、お稽古などに着るのがよいでしょう。
元は上前を中心にした軽い柄で、付下げの柄行きは、襟に柄がなく、上前の胸の柄と左袖の柄が連続していないもの、とされています。
しかし、次第に華やかな柄のものが出てきて、附下訪問着と呼ばれるものが多くなっています。これは、肩・裾に模様が多く、上前の衽脇縫い、背縫いにわたって模型が連続しています。市場では訪問着のように仮絵羽ではなく、 反物で市販されているので、それを目安とするとよいでしょう。一般的には、訪問着より柄がおとなしいものが多く、きれいさびの着物と言うことができ、お茶席にはふさわしい装いですし、紋がついていればだいたいのお茶会に向きます。