着物を着た時に、左が上になりますよね?

着物のちょっとしたルールのようなものとしまして、

『左』は『右』と比べて、格が上にあたる‥‥そうなのです。

ということでお着物では、着付けにせよ絵柄にせよ『左』に気を使うことが多々あるようなのです。

その中の一つとしまして、帯締めのお話をさせていただきます。

 

帯締めの中には、片方にしか絵柄がないものや、絵柄が片方にかたよったものなどがありますよね?

そんな時は、絵柄が着付けた時に左側にくるように結ぶことで『左』の格を意識したことになるのだそうです。

また、帯留めを通す紐に柄がある場合、柄が左側にくるようにすると美しく見えるでしょうね。

帯留めのおしゃれも意外と奥が深いものですね。