着物用語集『て』 【堺市なら、即日発送可能】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『て』
■手描友禅(てがきゆうぜん)・・・型紙を用いず、糊置、挿し、彩色などすべて細い筆で描いて、仕上げていくものです。一点一点、絵を描いていくのと同じことですから、多彩で繊細な表現力をもっています。手描き友禅は主として、絵羽の着物に生かされます。
■手糊染め(てのりぞめ)・・・手描き染のことで、型紙や機械などを用いずに、手先で絵を描くようにして染めることを言います。
■手紡糸(てぼうし)・・・手で紡いだ糸のことを言います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。